TOP

大学概要

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画の策定について

日本大学では、女性活躍推進行動計画【第3期】を以下のとおり策定する。

1 計画期間

令和2年7月1日から令和5年6月30日までの3年間

2 行動計画の内容

目  標 ①管理職に占める女性比率を10%以上にする。
     ②有給休暇取得率を50%以上にする。

 

取組内容
・職員における初級管理職育成を目的とした研修(課長補佐研修等)を引き続き実施し、管理職へのキャリア構築を行う。

(令和2年7月~)

・教員においては、職務経験に応じ、積極的に管理職(担当職)に登用するよう、各部科校長等に働きかける。

(令和2年7月~)

・有給取得計画を部署毎に作成し取得していく。

(令和3年7月~)

・管理職へ積極的な有給休暇取得を働きかける。

(令和3年4月~)

・部署内での積極的な有給取得を推奨する取組みを実施する。

(令和3年4月~)

3 女性の活躍に関する情報公表

①採用した労働者に占める女性労働者の割合
大学教員 27.7%
高校教員 40.0%
一般職 59.7%
技術技能職 60.0%
労務職 100%
医療職 88.7%
非常勤講師 28.7%
PD 14.3%
専修医 43.6%
研修医 40.1%
臨時職員 53.8%
非常勤嘱託 64.5%
  全体 45.8%
②男女の平均継続勤続年数の差異

女性の平均継続勤続年数    13.0年
男性の平均継続勤続年数    15.8年
男女の平均継続勤続年数の差異 82.2%

過去の一般事業主行動計画