総合学術情報センター

施設イメージ1  施設イメージ2  施設イメージ3  施設イメージ4

総合学術情報センターは、学術情報をはじめとする各種の情報を総合的に集約し、各プロジェクトチームにおいてその研究・開発を行い情報発信していくことで、教育・研究活動等の支援及び促進に寄与することを目的としています。

情報発信として日大テレビ番組を大学内及びYouTube大学公式チャンネル「NUチャンネル」で放送しています。また、学術情報分野では、学内所蔵貴重資料のデジタル画像及び関連する研究をデジタルミュージアムとして公開しています。平成19年度からは、統一プラットフォームによる全学共通図書館システムを導入し、総合学術情報センター、各学部図書館及び大学院独立研究科図書室等所蔵資料を一括検索できる横断検索システムを提供しています。

資料としては、電子ジャーナルや電子ブック等の電子資料を積極的に一括導入し、リンクサービスや図書館システムに連動させて学生や研究者の利用に供しています。また一方で、重要文化財、重要美術品を含む貴重書並びに「荷風文庫」等の特殊コレクションを多数収集し、学生への授業教材として、また教員の研究に寄与し、大学の広報ともなる放映・掲載・展示にも積極的に取り組んでいます。

そして、各学部・高校を結ぶ基幹ネットワーク日大WANを100Mbpsで構築し、大学内の高速通信や離れたキャンパスから他学部の講義が受講できる遠隔授業をサポートしています。その他には様々な情報システムを開発・推進しており、平成20年度からはGoogle社との提携によりNU-AppsGサービスをスタートし、学生はもちろん教職員も含めた無料のWebアプリケーションサービスを実現しています。