教員紹介戻る
教授 林 成之(はやし なりゆき) (研究指導教員) 生命科学 専攻
URL : http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/47/0004693/profile.html
e-Mail : 

専門

脳蘇生科学,救急医学,集中治療学,脳神経外科学

教授 林 成之(はやし なりゆき)
担当科目
共生社会の生命倫理科学論
生体システム・情報生命科学特論
生体システム・情報生命科学演習
プロジェクト特別講義 I
プロジェクト特別講義 II
プロジェクト特別研究 I
プロジェクト特別研究 II
 
主な学歴 日本大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士学位取得)
職歴
マイアミ大学脳神経外科生涯臨床教授
日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター部長
日本大学医学部救急医学教室教授
日本大学医学部附属板橋病院副病院長
日本大学総合科学研究所教授
最近の著作・論文
Hayashi, N, Utagawa A, Kinosita K, and Izumi T. Application of a novel technique for clinical evaluation of nitric oxide-induced free radiacal reactions in ICU patients. Cellular and Molecular Neurobiology 19:3-17,1999
Hayashi N. The clinical issue and effectiveness of brain hypothermia treatment fore severe brain injured patients. In Brain Hypothermia, N.Hayashi ed. (2000) , pp 121-151, Springer-Verlag, Tokyo, Berlin, Heidelberg, New York, Barcerona,, Hong Kong, London, Milan, Paris, New Delhi, Singapore.
Hayashi N: Enhanced neuronal damage in severely brain injured patients by hypothalamus, pituitary, and adrenal axis neuro-hormonal change, In "Brain Hypothermia" ed N Hayashi. Springer-Verlag, Tokyo, pp3-26, 2000
林 成之,長尾 建,雅楽川 聡,櫻井 淳: 脳死周辺の終末医療:心肺機能停止患者の蘇生限界はどこまで延びているか?Cardio-vascular Med-Sirg 3:68-77,2001
林 成之:重症脳損傷患者の意識障害と植物症に対する新しい治療戦略. 脳死・脳蘇生 16:22-31,2004
Hayashi N: Clinical management of brain hypothermia. In "Brain Hypothermia Treatment" ed Hayashi N. Dietrich DW. Springer-Verlag, Tokyo, pp37-325, 2004
Hayashi N: A new concept of brain hypothermia treatment and pitt falls in intensive care unit hypothermia management. In "Hypothermia for Acute Brain Damage" ed Hayashi N. R Bullock, Dietrich DW, et al. Springer-Verlag, Tokyo, pp 49-75, 2004
Hayashi N, Moriya T, Kinoshita K et al: Persistent vegetation means unconsciousness ? How to manage vegetation and memory disturbances following severe brain damage. In "Hypothermia for Acute Brain Damage" ed Hayashi N. R Bullock, Dietrich DW, et al. Springer-Verlag, Tokyo, pp327-342, 2004
研究テーマ

脳の知能・独創性・運動機能を高める原理と生命維持の調節機構を学習し、細胞レベルから臓器まで含めて生命に組み込まれた生命科学の情報システムと実社会への応用を研究する学問です。研究は希望によって幾つでも可能ですが、大きく三つに分けています。生命の持つゲノム機構から免疫生体防御系、神経内分泌ホルモンの生体機能調節系、老化の仕組み、脳死と蘇生限界などを研究する生命科学、環境変化に対する生体の情報システムの研究として、環境変化と生体システムサイクルの関連性に注目しながら体温変化(低体温・高温)と脳機能、および、酸素変化と遺伝子対応の研究を中心に、健康管理、運動訓練法、最先端脳蘇生治療の開発に新しい道を開く事を目指しています。三つ目は、脳科学を駆使した光からラジオ波・電磁波に至るメデア情報システム作りに企業と取り組んでおり、脳機能開発プログラムの開発や現在のテレビ・ネットのメデアステムをかえる可能性に注目が集まっています。生体情報システム生命科学は、多くの角度から生命科学を深く勉強する必要がありますが、今、時代のニーズに求められている斬新で非常に応用範囲の広い学問です。


日本語// ENGLISHアクセス資料請求・問い合わせリンク Copyright (c) 2005 Nihon University All Rights Reserved.