教員紹介戻る
教授 泰羅 雅登(たいら まさと) (研究指導教員) 生命科学 専攻
URL : http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/49/0004841/profile.html
e-Mail : 

専門

神経生理学,認知神経科学

教授 泰羅 雅登(たいら まさと)
担当科目
共生社会の生命倫理科学論
脳機能統合科学特論
脳機能統合科学演習
プロジェクト特別講義 I
プロジェクト特別講義 II
プロジェクト特別研究 I
プロジェクト特別研究 II
主な学歴 東京医科歯科大学大学院歯学研究科
博士課程(口腔生理学専攻)修了(歯学博士学位取得)
職歴
(財)東京都神経科学総合研究所流動研究員
Johns Hopkins大学客員研究員
Minnesota州立大学客員講師
日本大学医学部助教授
日本大学総合科学研究所教授
所属学会: 日本生理学会 (1981〜現在)評議委員
  日本神経科学学会 (1984〜現在)
  Society for Neuroscience (1992〜現在)
  神経心理学会 (1993〜現在)
  バーチャルリアリティ学会 (1996〜現在)
  日本脳機能マッピング学会 (2000〜現在)
  日本認知心理学会 (2003〜現在)理事
  学習療法研究会 (2003〜現在)理事
最近の著作・論文
Taira, M., Tsutsui, K., Min, J., Yara, K. and Sakata, H. Parietal neurons represent surface orientation from the gradient of binocular disparity. J. Neurophysiol. 83:3140-3146, 2000.
Taira, M., Nose, I., Inoue, K. and Tsutsui, K.: Cortical areas related to attention to 3D surface structures based on shading: an fMRI study. Neuroimage 14:959-66, 2001.
Tsutsui, K., Jiang, M., Yara, K., Sakata, H. and Taira, M.: Integration of perspective and disparity cues in surface-orientation-selective neurons of area CIP: Single unit recording and muscimol microinjection experiments. J Neirophysiol 86:2856-67, 2001.
Tsutsui, K., Sakata, H., Naganuma, T. and Taira, M.: Neural correlates for perception of 3D surface orientation from texture gradient. Science, 298:409-412, 2002.
Tsutsui K, Jiang M, Sakata H, Taira M.: Short-term memory and perceptual decision for three-dimensional visual features in the caudal intraparietal sulcus (Area CIP). J Neurosci. 23:5486-95, 2003.
Hashimoto I, Suzuki A, Kimura T, Iguchi Y, Tanosaki M, Takino R, Haruta Y, Taira M.: Is there training-dependent reorganization of digit representations in area 3b of string players? Clin Neurophysiol. 115:435-47, 2004.
Ischebeck A, Indefrey P, Usui N, Nose I, Hellwig F, Taira M.: Reading in a regular orthography: an FMRI study investigating the role of visual familiarity. J Cogn Neurosci. 16: 727-41, 2004.
Sato N, Sakata H, Tanaka Y, Taira M: Navigation in virtual science by the macaque monkey. Behav Brain Res. 153: 287-291, 2004
Takada M, Nambu A, Hatanaka N, Tachibana Y, Miyachi S, Taira M, Inase M: Organization of prefrontal outflow toward frontal motor-related areas in macaque monkeys. Eur J Neurosci 19: 3328-42,2004
Matsuda T, Matsuura M, Ohkubo T, Ohkubo H, Matsushima E, Inoue K, Taira M, Kojima T.: Functional MRI mapping of brain activation during visually guided saccades and antisaccades: cortical and subcortical networks. Psychiatry Res. 131:147-55, 2004.
Naganuma T, Nose I, Inoue K, Takemoto A, Taira M: Information processing of geometrical features of a surface based on binocular disparity cues: an fMRI study. Neurosci Res. 51:147-55、2005.
Tsutsui K, Taira M, Sakata H.: Neural mechanisms of three-dimensional vision. Neurosci Res. 51:221-9, 2005.
Sakata H, Tsutsui K, Taira M.: Toward an understanding of the neural processing for 3D shape perception. Neuropsychologia. 43:151-61, 2005.
脳の何でも小事典 技術評論社 共著
脳のしくみ 池田書店
研究テーマ
21世紀の脳科学は,これまでの脳を構成する個々のパーツの機能解明という立場をはなれ,システムという観点で脳を統合的にとらえ認識,意識などの高次脳機能に迫ろうとする方向に進んでいます。さらに21世紀社会が抱える様々な社会情勢は,脳科学が教育や介護,リハビリテーションなど様々な社会現場は、これまでの経験則に基づいた問題解決法に脳科学の立場からの科学的客観的裏付けをもとめています。私たちは神経生理学的,心理学的,数理理論的手法を用いて脳をシステムとして理解すること、特に、外界が五感を通じて脳の中に再構成される神経メカニズム、そして再構成されたイメージを通じて外界に働きかける神経メカニズムを神経生理学、認知心理学の手法を使って調べています。また、脳の発達・老化、コミュニケーションの神経メカニズムを人間で神経生理学、認知心理学の手法を使って調べることで、具体的成果を社会に還元することを目指しています。

米国科学アカデミー紀要掲載「Navigation-associated medial parietal neurons in monkeys(ナビゲーションに関連したサル頭頂内側部ニューロン)」 http://www.pnas.org/papbyrecent.shtml
●論文要旨はこちら(pdf)

受験生へのメッセージ
システム神経生理学を専門に研究したい方どしどしいらしてください。認知心理学、教育や介護,リハビリテーションが専門の方、あるいは、専門にしようと思っている方で、脳を知り、研究・実践に生かしたい方、領域の敷居は高くありませんから、ぜひいらしてください。

日本語// ENGLISHアクセス資料請求・問い合わせリンク Copyright (c) 2005 Nihon University All Rights Reserved.