課外活動を
充実させたい

KAIZENプロジェクト
2021年03月22日

日大生のやってみたいを実現する

「日本大学自主創造プロジェクト」

日本大学教育憲章「自主創造」の3つの構成要素「自ら学ぶ、自ら考える、自ら道をひらく」能力を実践の場を通じて高めるとともに、学部間交流を通じて多様性に対する気付きを与え、自らの学修をより深化させるための一助とすることを目的として、学生発案型の取組を支援している。

令和元年度にスタートした「日大生のやってみたいを実現するプロジェクト(日本大学自主創造プロジェクト)」。同年度には60件の申請があり、33件のプロジェクトが採択された。

「令和」の出典元が万葉集であることを記念したもので、バーチャルキャラクターが万葉集をうたいプロジェクションされたデジタルカルタを奪い合う「万葉ハッカソン」や、規格外農場野菜を使用したメニューを販売し、売り上げの一部を寄付することで発展途上国の子どもたちを支援する「食を通じて本当の意味で豊かな世界を目指す」プロジェクトなど、多種多彩な「やってみたい」が具体的に動き出している。

各プロジェクトは、日本大学の学部、大学院、短期大学部及び附属専門学校の正規生で構成され、2学部以上かつ5人以上の学生が参画。対象となるプロジェクトは①文化の進展をはかる②持続可能な開発目標(SDGs)に取り組むプロジェクト③日本大学の発展に寄与するプロジェクト、のいずれか一つに該当している。実現に向け、最高100万円まで補助される。

【動画】日本大学自主創造プロジェクト ~日大生のやってみたいを実現する~

【動画】座談会「スポーツ日大のこれからを語ろう」