TOP

2019年度日本大学付属高等学校等第37回文芸コンクール

2019年度日本大学付属高等学校等第37回文芸コンクール

第37回文芸コンクール 作品募集

文芸コンクールの趣旨

高校生の国語力向上の一環として文芸への関心を持たせ、文芸作品の創作意欲を高めるとともに、その指導を通じて的確な表現力を養う。併せて付属高等学校等相互の交流と親睦を図る。

第37回文芸コンクール実施要項

    • ジャンル:俳句、短歌、詩、小説、読書感想文

<読書感想文の課題図書>


『銀河鉄道の夜』                宮沢賢治
『黄色い目の魚』                佐藤多佳子
『日々是好日』                 森下典子
『バッタを倒しにアフリカへ』          前野ウルド浩太郎
『かもめ』                   A ・ チェーホフ
 
応募資格 日本大学付属高等学校、日本大学特別・準付属高等学校、日本大学準付属中等教育学校(後期課程)の在校生
応募条件・方法 各学校で次の応募規定に基づき、学校内選考をしてください。
① 作品は在校中に創作した、自作未発表のもの
② 俳句は1人必ず3句を連記のこと
  3句以外では受け付けない
  1校での応募数は30人以内
③ 短歌は1人必ず3首を連記のこと
  3首以外では受け付けない
  1校での応募数は30人以内
④ 詩は1人2編以内、1校での応募数は20編以内
⑤ 小説は1編20枚程度(400字詰B4原稿用紙)、1校での応募数は5編以内
⑥ 読書感想文は1編5枚程度(400字詰B4原稿用紙)、1校での応募数は10編以内
⑦ 応募に当たっては「応募のための注意事項」(別紙)を参照のこと
⑧ 応募先 日本大学学務部付属学校課
⑨ 締切日 2019年9月28日(土)

応募のための注意事項
原稿用紙の書き方例

注1:応募規定に反した者は、受賞後でもその資格を取り消します。
注2:応募作品については、一切返却いたしません。
選考方法 第一次選考
応募作品のすべてについて、選考委員(各ジャンル2名)によって、相当数の候補作品を選考する。

第二次選考
各ジャンルの選者(専門家)によって選考する。
選者・選考委員・運営委員 未定
表彰 ジャンルごとの入賞者に対し、賞状並びに記念品を次のとおり授与します。
特選・入選・佳作(賞状並びに記念品)
特別賞(賞状並びに記念品)
表彰式は2020年2月下旬開催予定。
作品集発行 入賞作品は「文芸コンクール作品集」に掲載します。
主催 日本大学、日本大学付属高等学校、日本大学特別・準付属高等学校、日本大学準付属中等教育学校

平成30年度 第36回文芸コンクール表彰式