医療チームの活動

呼吸ケアサポートチーム(RST)

医療チームの目的

  • 人工呼吸療法中の患者の安全管理
  • 人工呼吸器早期離脱への援助 二次的合併症予防
  • 呼吸リハビリテーション

メンバー

医師
4名
臨床工学技士
1名
救急看護認定看護師
2名
集中ケア認定看護師
1名
感染管理認定看護師
1名
看護師
1名
薬剤師
1名
管理栄養士
1名
理学療法士
1名
呼吸ケアサポートチーム(RST)
呼吸ケアサポートチーム(RST)

活動内容

  • 対象患者さんの回診
  • ケアカンファレンス
  • 医療スタッフに向けた学習会の実施

など、院内を横断して活動しています。

チームが対象とする患者さん

一般病棟に入院中の以下の患者さんが対象です。

  • 人工呼吸器装着中、離脱後の患者さん
  • 呼吸リハビリテーションが必要な患者さん
  • 酸素療法実施中の患者さん

医療チームと部署の連携

  • 主治医と連携し、治療方針等の確認
  • 病棟看護管理者や担当看護師と共に回診し、ケアカンファレンスを実施

により、連携を図っています。

チームより患者さん・ご家族へのメッセージ

【医師より】
人工呼吸器療法を実施中の患者さんは、治療開始から人工呼吸器からの離脱までサポートをしていく必要があります。機械をつけたら終わりではなく、人工呼吸器装着中の円滑な治療、副次作用発生の防止および離脱を呼吸サポートチームの医師として最適解を求めながら行っていきます。

【看護師より】
多職種・各部署のスタッフと連携し、患者さんの安全を守り一日も早い回復を目指し活動して参ります。よろしくお願いいたします。

【臨床工学技士より】
当院 臨床工学室と連携して人工呼吸器の日常点検および定期点検を実施することで,常に安全な状態が保たれるように心がけています。また,装着された方々にとって人工呼吸器による不快感や肺への負担が少しでも軽減できるよう,医師・看護師・理学療法士と連携し,より良い人工呼吸器の設定や使用について支援を行っています。さらに, ラウンド時に限らず機器に関するトラブル対応や院内スタッフに向けて機器の取り扱いについて説明等を行っております。

【理学療法士より】
呼吸ケアチームにおける理学療法士の役割は、人工呼吸器装着中の患者さんに対して、

  1. 分泌物貯留、無気肺、肺炎の予防や改善
  2. 早期離床
  3. 廃用症候群の予防とADL獲得

以上が、主な役割です。
回診の際には、他のスタッフとチームによる評価を行い、検討、相談し、必要に応じて呼吸ケア等の指導を行っております。

【管理栄養士より】
呼吸療法中の患者さんの個々に合った食事内容や食事形態について検討させていただき、呼吸療法が効果的に行われるようサポートさせていただきたいと思います。

2016年より活動を開始したばかりのチームですが、どうぞよろしくお願いいたします。

糖尿病透析予防指導

医療チームの目的

糖尿病腎症を発症している患者さんに対して早期から介入することにより腎症の進展を予防し、透析導入の減少や透析導入時期を遅らせることを目的としています。

メンバー

糖尿病透析予防指導
医師
2名
糖尿病看護認定看護師
1名
糖尿病療養指導士の資格を取得した看護師
1名
管理栄養士
3名

活動内容

  • 自分の腎臓の状態を把握し、その上で必要な血糖コントロールや、生活調整の必要性をご理解いただけるように支援
  • 腎症進展予防のための食事療法(塩分、蛋白調整)や運動療法についての指導

患者さんのライフスタイルに沿い、できるだけ分かりやすく説明することを心がけています。

チームが対象とする患者さん

糖尿病腎症2期以上の患者さんで、医師が指導を必要と判断した患者さんを対象としています。

医療チームと部署の連携

内科だけではなく、循環器内科の医師からの糖尿病透析予防指導の依頼もあり、実施しています。
また、指導を実施した患者さんのカルテには、実施内容を記載記録に残し、どのような介入をしたか分かるようにしています。
毎月1回開催している糖尿病・内分泌カンファレンスで、事例検討を行い、医師、看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師の多職種で、意見交換を行うことで、指導法の改善に役立てています。

チームより患者さん・ご家族へのメッセージ

合併症の進展を予防するために、そして今の生活が維持できるように皆様のお役に立ちたいと思っています。

その他

糖尿病・内分泌カンファレンスではより良い糖尿病診療の実践を目指して、糖尿病透析予防指導以外の幅広い内容に関しても、多職種で意見交換をしています。

感染対策チーム(ICT)

医療チームの目的

ICTは,当院における院内感染の発生を未然に防止し,感染症が発生した場合には、直ちに拡大防止策を講じています。また,全教職員に対して組織的な対応と教育・啓発活動を実施することを目的としています。

メンバー

感染制御部長(ICD)
1名
専従感染管理者/感染管理認定看護師
1名
医師
1名
医師(ICD)
1名
薬剤師
4名
看護師
3名
臨床検査技師
2名
事務職員
1名
感染対策チーム(ICT)
感染対策チーム(ICT)

活動内容

院内感染対策チームは、

  • 院内感染防止に係わる業務及び管理業務。
  • 院内感染防止マニュアルの整備。
  • サーベイランス,監査及び規制当局による調査及び受入れの対応。
  • 院内巡視及び自己監査業務。
  • 感染管理加算1.2取得施設とのカンファレンス及び巡視。

その他、院内感染防止に係わる業務全般について、活動しています。

チームが対象とする患者さん

日本大学病院に関係する全ての方々

医療チームと部署の連携

診療部門、看護部、事務部門、検査部門、放射線部門、薬剤部門、SPD、清掃部門など院内の全部署と連携を取っています。

チームより患者さん・ご家族へのメッセージ

安心して受診・入院いただけるよう、院内全体で感染対策に取り組んでいます。院内の感染を防ぐためには教職員だけではなく患者さん・ご家族など来院していただく方々の協力も必要になります。
病院、病室入室時の手指衛生、必要に応じたマスクの着用などご協力お願いいたします。

その他

感染症とは、環境中[大気、水、土壌、動物(人も含む)など]に存在する病原性の微生物が、人の体内に侵入することで引き起こす疾患です。
病院の中には感染症にかかっている方、免疫が低下している方も多く入院しています。そのため、病院の外よりもいろいろな種類の微生物がいる可能性が高くなります。また、感染症を治すのに使用する抗菌薬などのために、抗菌薬が効かないような菌(耐性菌)が出る可能性があります。
病院では、患者さんに感染を移さないよう、耐性菌をつくらないように、色々な感染対策をおこなっています。感染症が起きないよう、想定外に感染症が広がった時にすぐわかるよう、感染対策だけに特化した感染管理認定看護師を感染管理者として配置しています。そして感染症が発生した時迅速に対処するよう、病院内を横断的に活動するチームとして感染対策チーム(ICT)が設置されています。
ICTは、医師(感染制御医師)、看護師(感染管理認定看護師)、臨床検査技師(感染制御認定臨床検査技師)、薬剤師(感染制御認定薬剤師)、事務職など多職種が協力して院内の感染対策に取り組んでいます。
活動は、ICT院内ラウンド(環境状況や感染対策の実施状況を院内全体を対象に週1回ランド部署を決めて行っています。)サーベイランス(患者さんや病原微生物の把握)、院内で働く全ての人を対象に感染教育講習会の実施などを病院の感染対策指針に基づきおこなっています。

褥瘡対策チーム

医療チームの定義

院内の褥瘡予防対策を効果的に推進する多職種から構成されるチームです。

医療チームの目的

入院中の患者さんの治療はもちろんですが、褥瘡は予防が最も重要です。

  • 褥瘡対策を協議・検討し、その効率的な推進を図ると共に、個々の患者さんにとって最適な栄養管理・体圧管理・姿勢の管理を実施することを目的としています。
  • 医師・看護師のほかに、薬剤師や管理栄養士、理学療法士も加わっているため、それぞれの専門性を生かし、権限を明確にして活動しています。

メンバー

褥瘡対策チーム
医師
2名
皮膚・排泄ケア認定看護師
2名
看護師
1名
薬剤師
1名
管理栄養士
1名
理学療法士
1名
臨床工学技士
1名
検査技師
1名
事務
1名

各診療科・各部署に、専任の医師と褥瘡リンクナースが従事しています。

活動内容

  • 週1回のカンファレンス、褥瘡回診
  • 院内講習会の開催
  • 予防ケアの啓蒙
  • 褥瘡予防マニュアルの策定
  • 月1回の会議
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師が専従となり褥瘡の予防に力を入れています。皮膚・排泄ケア認定看護師はケアプランの計画や処置方法についての介入を行い、週1回のラウンドを行っています。

入院した患者さんは、まず褥瘡ができているかいないか皮膚を見て確認します。できている場合には治療を開始し、他の場所にもできないようにケアをしていきます。褥瘡がないと確認された患者さんは今後できてしまう危険性がないか予測していきます。褥瘡ができそうだと判断された場合には、その点(自分で動くことができない・坐ることができない・失禁がある・食事が取れていない、痩せている・麻痺がある、体が固まっているなど)に対しての計画を立てケアを行います。

チームが対象とする患者さん

  • D3(ステージ3)以上の褥瘡を持つ患者さん
  • 3週間以上治癒しない褥瘡を持つ患者さん
  • 予防が必要なハイリスクの患者さん

医療チームと部署の連携

チーム介入の依頼を受け、毎週木曜日、対象者の病棟へラウンドし、局所処置の検討ケアのアドバイスを実施

チームより患者さん・ご家族へのメッセージ

褥瘡を治すだけでなく、予防することもチームのミッションだと思っています。自宅で、施設でお困り事は、褥瘡対策チームに気軽に相談してください。

褥瘡は難治性潰瘍であるため、治癒できないままに退院・転院となる場合や治癒しても再発のリスクが高いために継続した予防ケアが必要な場合が多くあります。
褥瘡対策チームは、退院後の患者さんの褥瘡ケアに関する相談もお受けしています。

排尿ケアチーム

医療チームの定義

入院患者の排尿自立を効果的に推進するための多職種から構成されるチームです。

医療チームの目的

  • 下部尿路機能の回復または維持と排尿自立により、豊かな生活を取り戻せるよう援助する。
  • 患者さんのQOL向上に寄与する。

メンバー

排尿ケアチーム
泌尿器科医
2名
皮膚・排泄ケア認定看護師
1名
専任の看護師
1名
理学療法士
1名

各部署に、リンクナースが従事しています。

活動内容

排尿ケアチームは、患者情報を基に、毎週火曜日ラウンドしています。

  • 検査結果と排尿日誌の情報から、「排尿自立指導に関する診療計画書」内の機能障害評価と排尿自立に向けた計画書の作成と評価を実施しています。
  • 医師は必要時主治医宛にカルテを記入し、専任の看護師やWOCNは掲示板に病棟で行ってほしいことや排尿ケアチームカンファレンスの結果などを記載し、病棟で継続的な治療や看護が行われるよう配慮しています。
  • 院内教育を実施し、排尿ケアの啓蒙活動を行っています。

チームが対象とする患者さん

  • 切迫性尿失禁
  • 腹圧性尿失禁
  • 溢流性尿失禁
  • 排尿困難
  • 尿閉
  • 頻尿
  • 残尿がある患者さん
  • 尿路感染を繰り返す患者さん
  • 筋力低下により排泄が間に合わない患者さん

などです。

医療チームと部署の連携

排尿ケアチームと病棟看護師は協働して包括的ケアを実施。専門的ケアは排尿ケアチームが病棟看護師の教育を行っています。
病棟の看護師等と排尿ケアチームは、定期的に排尿自立と下部尿路機能の評価を行い、包括的排尿ケアの有効性を検討します。
包括的排尿ケアを行っても改善が認められない場合は、画像検査、尿流動態検査等、泌尿器科での詳しい下部尿路機能の検査を行い、治療を再検討いたします。

チームより患者さん・ご家族へのメッセージ

排泄は、生まれたときから亡くなるその瞬間まで人の尊厳にかかわることです。決して恥ずかしいことではありません。
今の症状が楽になり、患者さんのQOLが向上するようチーム一丸となって関わらせていただきます。
入院中のみならず、外来でもお気軽に泌尿器科または皮膚・排泄ケア認定看護師が行う専門外来へご相談ください。

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 7:55
-11:30
7:55
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448