平成28年度 日本大学病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 770 287 372 455 826 1190 1986 2404 1321 168
当院は、救命救急センターを併設した都市型急性期医療を提供する大学病院として、幅広い年齢層の患者さんに質の高い医療を提供することを目指しております。年代別患者数の割合では、70代の患者さんが24.6%と最も多く、次いで60代の20.3%、80代の13.5%であり、60代以上の方が約60%と多く、高齢化を反映しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 23 12.52 19.92 4.3 72.7
040040xx99040x 肺癌化学療法 20 19.05 12.35 5.2 71.4
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 17 2.58 5.50 0 33.4
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 16 12.06 16.54 6.3 62.6
100070xx99x100 2型糖尿病(教育入院) 15 11.93 14.61 0 64.1
間質性肺炎が23件と最も多く、肺癌化学療法(抗がん剤治療)20件、ウイルス腸炎17件、脳梗塞(点滴治療)16件、糖尿病教育入院15件となっています。当院内科は、総合内科、呼吸器内科、糖尿病内科、内分泌内科、神経内科、感染症内科の専門医で構成されているため、担当する疾患が多岐にわたることから、DPCコード件数では、突出しているものはありません。また、救急患者のファーストタッチと行うことが多く、間質性肺炎、ウイルス腸炎、脳梗塞(点滴治療)は緊急入院の症例です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝癌に対する血管塞栓術 119 11.64 11.74 0 73.6
060020xx04x0xx 胃癌に対する内視鏡治療 87 8.37 9.02 0 71.5
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎(限局性腹腔膿瘍手術等) 49 12.55 11.06 4.25 74.9
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 31 3.06 3.00 3.33 76.6
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 30 5.9 5.50 0 49.3
消化器内科は、消化管グループ、胆膵グループ、肝臓グループの3つグループで構成され、より専門的な診断、治療を行っています。
肝癌に対する血管塞栓術(TAE)が119件、胃癌に対する内視鏡的治療が87件、胆嚢結石症、総胆管結石症、や急性胆管炎に治療が49件となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈(経皮的カテーテル心筋焼灼術) 193 5.46 5.51 0 65.5
050050xx9903xx 狭心症(検査入院) 144 3.86 11.04 0 72.2
050050xx02000x 狭心症(PCI治療) 143 3.9 4.71 0.7 66.7
050050xx99100x 狭心症(心臓カテーテル検査入院) 94 3.7 3.06 0 68.3
050050xx99200x 狭心症(心臓カテーテル検査(血管超音波検査含む)入院) 72 3.63 3.22 1.3 65.5
循環器内科のDPCコード件数の上位5種を掲載しています。心房細動や頻脈性不整脈(心房粗動、発作性上室性頻拍症、WPW症候群、心室頻拍)に対して行う、心筋焼灼術が193件と単独のDPC分類としては最も多くなっています。狭心症に対する検査・治療件数がトータルでは最も多いのですが、DPC分類では細分化されるために4種類に分割されています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 80 5.07 6.02 0 1.53
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 78 4.71 5.50 0 4.52
040100xxxxx00x 喘息 74 6.77 6.42 0 3.08
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 64 5.96 5.79 0 3.53
100380xxxxxxxx 体液量減少症(脱水症) 64 6.46 9.33 1.56 3.68
当科では、肺炎や脱水など一般的な小児疾患の診療および救急医療をはじめとして、高度な専門医療や臨床研究に至るまで、神経疾患・心身症、腎臓病、内分泌疾患、糖尿病、先天代謝異常、腎臓病、血液腫瘍、アレルギー、循環器疾患などほぼ全ての分野にわたり幅広く小児医療に対応しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚、皮下良性腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 24 2.8 4.28 0
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 18 8.61 8.96 0
080011xx99xxxx 急性膿皮症(手術なし) 11 16.27 11.97 9.1
080006xx01x0xx 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 9 4.33 8.78 0
080110xxxxx0xx 水疱症(手術なし) 6 30.66 30.11 16.7
手術目的の入院については、入院当日に手術を行うことにより、平均在院の短縮を図っています。

乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 35 13.71 11.57 0 57.8
090010xx02x0xx 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 29 13.21 10.30 0 57.37
090010xx03x0xx 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 24 7.83 6.59 0 55.16
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍手術 23 5.47 4.10 0 48.04
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍(抗がん剤治療) 16 8.93 4.56 0 62.06
乳癌の治療の5つの柱である、乳腺外科医、放射線治療医、外来化学療法室、形成外科医、病理診断医の体制が完備しており、充実した乳腺診療が可能になっています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)癌の抗がん剤治療 76 3.13 4.48 0 72.14
060330xx02xxxx 胆石症(腹腔鏡下胆嚢摘出術等) 42 8.11 6.82 0 60.69
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)癌の手術治療 38 17.28 15.92 0 69.47
060150xx02xxxx 盲腸(虫垂周囲膿瘍を伴う虫垂切除術等) 25 9.84 9.91 0 34.08
060040xx99x60x 直腸・肛門癌の抗がん剤治療 24 4.33 4.41 0 69.75
消化器外科は消化管(食道、胃、小腸、大腸、虫垂、肛門)疾患、肝胆膵疾患(胆嚢、肝臓、膵臓などの良性&悪性疾患)、ヘルニア(鼠径、大腿、腹壁、臍など)などの病気に対しておもに手術治療を行う診療科です。診断に苦慮する腹痛などの消化器疾患に関しましても「消化器内科」と連携を行い、消化器病センターとして診断・治療を行います。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤の手術治療 33 16.6 28.28 69.7 54.3
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤(ステントグラフト内挿術) 33 13.3 16.98 15.1 72.4
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤(大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等) 20 16.0 29.69 70.0 72.0
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患(動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 ) 19 6.09 5.85 10.5 70.7
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)(ロス手術) 16 18.3 24.70 81.25 77.1
解離性大動脈瘤や胸腹部大動脈瘤に対する外科治療は、脳神経合併症が多く心臓血管外科医が最もためらう大手術ですが、当院では積極的に外科手術に取り組んでいます。また、胸腹部大動脈瘤に対して、カテーテル(細い管)を用いたステントグラフト内挿術(人工血管を動脈瘤の中にトンネルのように通す)を盛んに行っており治療の低侵襲化(体の負担の軽い手術)に力を入れています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(保存的治療) 23 6.13 7.52 0 44.4
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)(手術なし) 15 16.4 19.35 26.7 58.2
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤(脳血管内手術) 12 13.08 10.24 0 62.75
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫(慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等) 12 13.5 11.83 0 77.75
010230xx99x00x てんかん発作 11 6.81 7.12 0 50.18
当院救命センターに当科医師が専属して、脳卒中や外傷患者に対して迅速な入院治療に対応できる体制をとっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)腱縫合術等 129 12.17 11.91 1.5 32.7
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 81 29.3 26.26 45.6 73.6
160760xx97xx0x 前腕の骨折(手術あり 副傷病なし) 53 4.5 5.49 1.88 51.1
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等 48 25.81 24.42 43.7 67.27
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折(人工骨頭挿入術) 45 29.2 27.63 55.5 73.9
当院の整形外科は、「手外科」「スポーツ整形外科」「脊椎外科」「関節・リウマチ外科」の4つの専門診を中心に、外傷等の一般整形外科を含め診療しております。さらに、「骨・軟部腫瘍」「小児整形外科」「骨粗鬆症」も専門診にて対応しております。また、千代田区の地域医療にも積極的に取り組んでおります。リハビリテーション科との密な関係のもと、外来・入院含めて運動器リハビリテーションを施行し、積極的な保存治療を施行しております。外科的治療においては、最小侵襲手術を取り入れ、患者さんの早期社会復帰に貢献できるように医療提供させていただいております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 集計 60 8.2 7.7 0 74.1
110420xx97xx0x 水腎症(その他)その他の手術あり 副傷病なし 44 5.09 5.25 4.5 64.3
11012xxx020x0x 経尿道的尿路結石除去術等 29 6.89 5.87 0 54.9
11001xxx01x0xx 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 17 15.0 13.4 0 70.7
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等(経尿道的レーザー前立腺切除術) 17 10.7 8.0 0 70.9
泌尿器科は小児から高齢者まで幅広く対応いたします。前立腺についてはレーザーで行う肥大の手術から小切開手術で行う前立腺癌まで、一方腎臓については開腹手術のほかに腹腔鏡を用いた方法で、可能な限り病巣を摘除して腎臓を温存する方法。さらには結石についてはファイバースコープとレーザーを用いて腎臓の結石まで除去することが可能です。
そして2016年4月から小児にも対応が可能となりました。小児泌尿器科領域の疾患には日常の診療で比較的よく遭遇し、状況によっては手術療法を要する真性包茎、停留精巣、陰嚢水腫などの他にも、尿路感染症による発熱の原因となる膀胱尿管逆流症や、夜尿症の原因の一つとなる尿道狭窄症、成人でも見られる尿路結石症など泌尿器科特有の多様な疾患が多く含まれています。
小児疾患の特性として、成長に伴う自然治癒の可能性があげられます。そのため、可及的に自然改善を念頭に治療を行いますが、改善が望めないと判断した場合には適宜手術を行います。小児泌尿器科領域の多くの疾患は、手術時間約1時間、入院2泊3日程度で安全に行うことが可能です。内視鏡手術についても小児用の細径の内視鏡を使用し、より負担の少ない手術を行う工夫をしています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍(腹腔鏡下腟式子宮全摘術等) 69 8.46 6.29 0 40.1
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍(卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの) 36 6.5 6.42 0 37.2
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍(子宮全摘術等) 22 11.4 10.05 0 46.5
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍に対する抗がん剤治療 18 5.16 5.12 0 59.0
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 14 3.07 3.08 0 38.9
良性腫瘍疾患に対しては、大半が腹腔鏡・子宮鏡手術となっています。手術侵襲を極力最小限とするよう、また美容面も考慮し、スコープやトラカーは5mmまた3mmで使用しています。手術創を小さくして、入院期間の短縮と、早期の社会復帰を目指しています。当院では日本内視鏡外科学会技術認定医、日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医、子宮鏡技術認定医のもとで、すべての腹腔鏡・子宮鏡・卵管鏡手術が安全に実施され、その症例数も年間200件以上で良性疾患の9割は内視鏡下手術です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節 66 9.65 5.43 0 45.1
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 42 10.52 7.75 0 50.5
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 39 7.05 5.50 0 36.5
030428xxxxxxxx 突発性難聴 37 9.29 9.37 0 52.5
030300xx01xxxx 喉頭・声帯ポリープ切除術等 32 10.71 5.07 0 58.2
耳鼻咽喉科は耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、そして頸部に至る領域を担当する診療科です。花粉症やアレルギー性鼻炎、中耳炎、鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、めまい、鼻出血などの様々な疾患の詳細な検査や手術を含めた治療を行っています。さらに専門性の高い疾患、たとえば聴力障害・嗅覚障害・味覚障害などの感覚器障害、睡眠時呼吸障害・発声障害・嚥下障害などの機能障害、鼻・口腔・咽頭・喉頭・頸部・甲状腺などの腫瘍疾患の検査治療も行います。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 333 7.16 7.72 0 66.9
020160xx97xxx0 網膜剥離 166 6.87 10.53 0 54.5
020240xx97xxx0 硝子体疾患 68 7.22 7.01 0 71.9
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 59 6.86 7.70 0 68.7
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 45 7.91 8.27 0 59.5
網膜・硝子体疾患の中で、加齢黄斑変性の患者数は日本有数を誇っております。加齢黄斑変性の治療は「抗新生血管薬・硝子体内注射」が第一選択となっています。硝子体内注射は糖尿病や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、病的近視に伴う脈絡膜新生血管に対しても行っています。硝子体内注射は入院することなく外来処置室で毎日行っていますので、所見が悪化する前に早急に治療することが可能です。平成28年度の治療件数は6,438件です。
また硝子体内注射だけでなく、光線力学的療法や網膜光凝固術も多数行っております。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161060xx99x0xx 外傷 28 2.35 4.19 0 38.89
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 13 1.84 3.64 0 46.15
010290xxxxxxxx 自律神経系の障害(意識障害) 12 2.5 5.58 0 72.9
050030xx99000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 12 2.83 10.22 8.3 69.6
010230xx99x00x てんかん発作 10 2.3 7.12 20 53.6
救急科は、他診療科と連携して24時間体制で3次救急及び2次救急患者の受け入れを行っています。重篤救急患者は、救急科で初療後に院内の他診療科で引き続き治療を行うため、救急科として退院した上位5症例を抽出しますと、比較的軽症なものとなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 114 10 5 12 2 11 1 7
大腸癌 69 13 27 15 1 30 1 7
乳癌 44 36 1 3 33 1 7
肺癌 7 3 5 16 1 9 1 7
肝癌 20 20 10 12 1 43 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
①集計期間中に退院した患者さんが対象で、実患者数を集計しています。期間中に同じ患者さんが同じがんで入退院を繰り返しても1件と数えます。
②「初発」の病期分類は、UICC病期分類に基づいたものです。
③集計期間中に「初発」として集計されたものは、「再発」には集計しません。
④病期分類が確定される前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。
⑤医療資源を最も投入した傷病名が疑い病名だったものは集計対象から除外しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 37 10.37 60.35
中等症 38 15.84 72.81
重症 4 30.75 80.5
超重症 2 14 73.5
不明
市中肺炎:病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞(はいほう:空気がたまるところ)の急性炎症です。
重症度分類:①年齢:男性≧70歳、女性≧75歳、②脱水:尿素窒素≧21または脱水(+)、③酸素飽和度:SpO2≦90%、④意識障害あり、⑤収縮期血        圧:sBP≦90mmHG
        上記①~⑤を各1点として、合計点数で集計します。
        0点=軽症
        1~2点=中等症
        3点=重症(ただし意識障害がある場合は1点でも重症)
        4~5点=超重症
肺炎は、高齢者では症状がはっきりしない場合もあります。原因菌の多くは肺炎球菌(はいえんきゅうきん)、インフルエンザ桿菌(かんきん)で、インフルエンザ流行期ではウイルス性の肺炎も頻度が高くなります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 17 6.7 65.5 0.0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0
その他 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 67 19.7 66.9 23.8
その他 19 13.6 74.1 26.3
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 25 11.9 67.8 0.04
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0
その他 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
脳梗塞等の分類にあたる症例数を、ICD-10(国際疾病統計分類-第10回修正)別に、治療開始が発症日から3日以内とそれ以外で集計しました。
ICD-10:国際疾病統計分類-第10回修正に基づいて、傷病名が分類されコード化されています。
平均在院日数:病院に入院していた日数(在院)の平均値です。
転院率:該当する症例数の内、他病に転院した患者さんの割合です。
※集計の結果、G45は発症日毎の件数が、10件未満となるため合算しています。I65,I675,I679は症例数が5件未満の為詳細は掲載していません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 301 1.0 1.4 0.0 66.9
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 124 2.4 8.1 0.0 73.8
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 90 1.1 6.1 0.0 72.0
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 39 2.1 17.9 5.12 78.6
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 34 1.4 4.8 0.0 66.5
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 183 1.2 3.6 0.0 66.8
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 141 1.7 2.4 1.4 66.5
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 59 2.1 3.5 0.0 71.1
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 30 1.7 2.7 0.0 67.1
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 30 0.0 13.2 3.3 64.6
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 10 0.5 2.8 0.0 73.3
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 10 0.1 0.9 0.0 49.3
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 9 0.1 0.66 0.0 46.9
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 7 0 1.71 0.0 59.9
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 6 0 0.83 0.0 49.3
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 25 1.0 5.8 0.0 55.0
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 25 1.2 10.7 0.0 58.4
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル未満 22 0.9 2.1 0.0 38.5
K4742 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル以上 20 1.0 3.6 0.0 46.7
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。)) 18 1.0 8.7 0.0 52.9
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68 2.1 6.8 2.9 61.4
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 59 1.5 3.9 0.0 67.8
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 32 3.8 13.2 0.0 67.4
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 25 0.7 7.4 0.0 35.4
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 1.9 3.8 0.0 66.7
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 30 2.6 11.2 6.6 70.5
K5601 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈 その他のもの 29 1.8 15.1 86.2 66.7
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 26 3.1 10.0 19.2 73.9
K5611 ステントグラフト内挿術 胸部大動脈 19 3.2 11.8 10.5 66.4
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 16 1.1 3.3 0.0 70.2
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 0.8 12.8 5.8 75.5
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 15 0.1 43.0 93.3 60.9
K1781 脳血管内手術 1箇所 13 3.1 11.8 7.6 63.3
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 11 7.6 20.9 18.2 65.6
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 6 1.0 41.0 83.3 68.3
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 129 3.4 23.3 44.2 71.8
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 70 1.8 5.6 5.7 48.9
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術 十字靱帯 65 1.2 14.1 3.1 30.2
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 59 1.1 1.7 0.0 47.9
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 57 3.1 19.8 38.5 66.6
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 64 2.2 4.8 0.0 74.7
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 57 1.2 4.2 5.2 66.9
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 31 1.5 4.5 0.0 55.7
K481-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 16 2.1 7.8 0.0 71.8
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 15 2.8 10.6 0.0 72.4
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 58 1.3 6.1 0.0 39.0
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 46 1.1 4.7 0.0 37.5
K877 子宮全摘術 20 1.4 9.0 0.0 47.8
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 20 1.4 5.9 0.0 48.7
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 17 1.1 1.0 0.0 44.5
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術 直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの 73 1.2 7.5 0.0 45.7
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 44 1.4 8.6 0.0 59.8
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 35 1.9 8.1 0.0 34.2
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 24 0.4 5.9 0.0 33.2
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 23 2.0 7.9 0.0 56.1
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 556 1.1 4.9 0.1 65.3
K2821 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 506 1.0 2.0 0.0 72.8
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 88 1.2 5.1 0.0 68.9
K275 網膜復位術 62 1.1 5.1 0.0 40.3
K281 増殖性硝子体網膜症手術 53 1.3 6.7 0.0 58.9
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 8 0.1 4.8 0.0 58.1
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 4 0.2 9.2 25 37.4
K682-2 経皮的胆管ドレナージ術 2 0.5 6.5 0.0 66.4
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 2 0 1.5 0.0 76.7
K1781 脳血管内手術 1箇所 2 2.0 29.5 0.0 64.8
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 11 0.11
180010 敗血症 同一 24 0.25
異なる 33 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 3 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.29
異なる 3 0.03
DPC請求の対象となる入院患者さんには、包括請求分類対象となる最も医療資源を投入したDPC病名と入院の契機となった入院契機病名が付いています。DPC病名 と入院契機病名が「同一」か「異なる」に分けて集計しています。「同一」ということは、ある病気の診療目的で入院してその治療を行ったいうことを表します。一方「異なる」ということは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは、入院中に発症した違う病気(この場合は、播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置の合併症となります)による治療がDPC病名となったことを表します。
更新履歴