平成29年度 日本大学病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 810 265 497 497 936 1211 1912 2517 1489 182
当院は、救命救急センターを併設した都市型急性期医療を提供する大学病院として、幅広い年齢層の患者さんに質の高い医療を提供することを目指しています。年齢階級別患者数の割合は、70代の患者さんが24.4%と最も多く、次いで60代の18.5%、80代の14.4%であり、60代以上の方が59.1%と過半数を占めており、高齢化を反映した結果となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍   手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 24 2.21 3.59 0.00 72.87
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。)   手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 23 14.83 14.63 0.00 66.34
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍   手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 21 12.05 11.99 9.52 70.10
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害   副傷病なし 21 1.33 2.66 0.00 30.38
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)   手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin 17 17.64 16.38 23.52 65.12
内科のDPC包括請求対象症例(648症例))をDPCコード別に集計、症例数上位5位のDPCコードを表示します。
当院内科は、総合内科、呼吸器内科、糖尿病内科、内分泌内科、神経内科、感染症内科の専門医で構成されているため、担当する疾患が多岐にわたることから、DPCコード別件数では、突出しているものはありません。
上位から以下の通りです。
①肺腫瘍に対する超音波気管支鏡下戦士吸引生検症例
②2型糖尿病教育入院
③肺癌化学療法
④薬物中毒の緊急搬送症例
⑤脳梗塞の緊急入院症例
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)   その他の手術あり 手術・処置等2なし 126 13.46 11.44 3.17 73.89
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍   内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 70 8.01 8.73 0.00 72.57
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎   限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 12.06 10.61 2.08 72.77
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍   早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 38 7.50 7.37 0.00 69.73
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)   手術なし 32 3.09 3.02 0.00 73.16
DPC包括請求対象症例(1372症例))をDPCコード別に集計、症例数上位5位のDPCコードを表示します。
消化器内科は、消化管グループ、胆膵グループ、肝臓グループの3つグループで構成され、より専門的な診断、治療を行っています。
上位から以下の通りです。
①肝細胞癌カテーテル治療症例
②胃がん内視鏡切除症例
③胆管結石に対する内視鏡治療症例
④結腸癌内視鏡粘膜剥離術症例
⑤小腸検査入院症例
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈   経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 202 5.4 5.30 0.49 65.67
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患   経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 173 3.66 4.62 0.58 68.11
050050xx9903xx 狭心症、慢性虚血性心疾患   手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 116 4.47 10.90 0.86 72.93
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患   手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 105 4.03 3.03 0.95 69.07
050210xx97000x 徐脈性不整脈   手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 10.06 11.21 3.70 76.28
循環器内科のDPC包括請求対象症例(1341症例))をDPCコード別に集計、症例数上位5位のDPCコードを表示します。
上位から以下の通りです。
①心房粗動、発作性上室性頻拍症、WPW症候群、心室頻拍に対する心筋焼灼術症例
②狭心症に対するカテーテル治療症例
③狭心症に対するスペクト検査症例
④心臓カテーテル検査症例
⑤ペースメーカー移植術や埋込型除細動器移植症例
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100380xxxxxxxx 体液量減少症   106 4.85 9.16 0.94 3.15
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)   副傷病なし 71 5.01 5.94 0.00 1.27
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎   手術・処置等2なし 69 4.74 5.50 1.44 3.38
040100xxxxx00x 喘息   手術・処置等2なし 副傷病なし 58 6.57 6.32 6.89 3.79
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)   手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 6.97 5.70 0.00 2.60
小児科のDPC包括請求対象症例(850症例)をDPCコード別に集計、症例数上位5位のDPCコードを表示します。
上位5位は、いづれも緊急入院の症例です。
上位から以下の通りです。
①熱発による脱水症症例
②RSウイルスやマイコプラズマウイルス感染による気管支炎症例
③ノロウイルスやアデノウイルス等の感染性胃腸炎(嘔吐下痢)症例
④喘息発作症例
⑤インフルエン菌肺炎やマイコプラズマ肺炎などの細菌性肺炎症例

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物   皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 19 1.89 4.14 0.00 48.36
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)   皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - 8.50 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹    8.95
080011xx99xxxx 急性膿皮症   手術なし 11.73
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹   手術・処置等1なし 10.89
皮膚科のDPC包括請求対象症例(86症例)をDPCコード別に集計、症例数上位5位のDPCコードを表示します。
合計症例数が10症例未満の場合は、詳細項目は表示いたしません。
皮膚の良性腫瘍に対する入院が多く、あとは10件未満となっています。
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍   乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 26 14.15 10.15 0.00 58.46
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍   乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 26 8.81 6.37 0.00 58.03
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍   乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 13 20.53 11.45 0.00 58.00
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍   手術あり 3.96
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍   その他の手術あり 手術・処置等2なし 5.96
乳腺・内分泌外科のDPC包括請求対象症例(172症例)をDPCコード別に集計、症例数上位5位のDPCコードを表示します。
合計症例数が10症例未満の場合は、詳細項目は表示いたしません。
上位から以下の通りです。
①乳癌に対する単純乳房切除術症例
②乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
③乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))
④乳腺腫瘍摘出術症例
⑤再発乳癌に対する抗悪性腫瘍剤持続注入用カテーテル設置症例
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍   手術なし 手術・処置等2-6あり 副傷病なし 71 3.29 4.47 0.00 71.85
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍   胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 32 17.53 17.27 0.00 67.19
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等   腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 9.03 7.40 0.00 62.21
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)   腹腔鏡下胆嚢摘出術等 30 7.63 6.64 0.00 56.87
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍   結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 19.54 15.61 0.00 64.00
消化器外科のDPC包括請求対象症例(707症例)をDPCコード別に集計、症例数上位5位のDPCコードを表示します。
上位から以下の通りです。
①大腸癌に対するFOLFOX療法(化学療法)症例
②胃癌手術症例
③腹腔鏡下胆嚢摘出術による胆のう炎治療症例
④腹腔鏡下胆嚢摘出術による胆のう結石治療症例
⑤腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術症例
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤   大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 26 18.19 28.38 65.38 68.00
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤   その他の手術あり 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 21 21.19 28.04 57.14 65.90
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患   動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 15.88 5.68 0.12 72.41
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)   ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 12 18.25 23.93 83.33 70.33
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤   ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 12 12.83 12.51 8.33 75.92
心臓血管外科のDPC包括請求対象症例(227症例)をDPCコード別に集計、症例数上位5位のDPCコードを表示します。
上位から以下の通りです。
①胸部大動脈瘤に対する上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等症例
②解離性大動脈瘤に対する大動脈瘤切除症例
③下肢閉塞性動脈硬化症に対する下肢血管拡張術症例
④心臓弁形成、弁置換手術症例
⑤大動脈瘤に対するステントグラフと内挿術症例
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷  手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 9.16 7.34 10.00 57.53
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫  慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 19.56 11.75 80.00 34.78
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)   手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 18.82 19.10 66.88 52.94
010070xx9912xx 脳血管障害  手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2-2あり 15 8.06 5.62 60.67 0.00
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)   手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 21.92 16.38 64.30 0.00
脳神経外科のDPC包括請求対象症例(343症例)をDPCコード別に集計、上位5症例を表示します。
上位から以下の通りです。
①頭部外傷による緊急搬送症例
②非外傷慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術症例
③非外傷性脳出血症例
④内頚動脈狭窄・もやもや病症例
⑤脳梗塞による緊急搬送症例
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)   腱縫合術等 151 9.45 11.41 0.00 32.39
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)   人工関節再置換術等 131 23.54 25.09 35.11 73.58
160760xx97xx0x 前腕の骨折   手術あり 副傷病なし 61 3.47 5.21 0.00 51.65
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折   人工骨頭挿入術 肩、股等 56 29.19 27.09 71.43 87.14
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎   脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 43 20.72 21.70 4.65 70.11
整形外科のDPC包括請求対象症例(1200症例)をDPCコード別に集計、上位5症例を表示します。
上位から以下の通りです。
①肘・膝関節半月板や靭帯等の外傷に対する関節鏡下手術症例
②人工関節置換術症例
③前腕(橈骨・尺骨)骨折観血的整復術症例
④大腿骨(転子骨・頚部)骨折症例
⑤腰部脊柱管狭窄症に対する手術症例
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍   膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 46 10.02 7.31 0.00 75.69
110420xx97xx0x 水腎症(その他)   その他の手術あり 副傷病なし 37 4.45 5.17 2.70 64.72
140590xx97xxxx 停留精巣   手術あり 24 3.50 3.26 0.00 3.95
110070xx99x20x 膀胱腫瘍   手術なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 18 4.55 11.31 0.00 74.94
11012xxx020x0x 上部尿路疾患   経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 14 7.57 5.75 0.00 51.28
泌尿器科のDPC包括請求対象症例(354症例)をDPCコード別に集計、上位5症例を表示します。
上位から以下の通りです。
①膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術(電解質溶液利用)症例
②水腎症に対する経尿道的尿管ステント留置術症例
③小児に対する停留精巣固定術症例
④膀胱癌化学療法症例
⑤経尿道的尿路結石除去術(レーザーによる)症例
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍   腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 112 8.00 6.28 0.00 42.01
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍   卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 54 6.31 6.37 0.00 36.62
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ   子宮全摘術等 25 3.16 3.05 0.00 39.00
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍   手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 21 5.95 4.75 0.00 46.38
120100xx01xx0x 子宮内膜症   子宮全摘術等 副傷病なし 21 7.76 7.70 0.00 37.47
婦人科のDPC包括請求対象症例(438症例)をDPCコード別に集計、上位5症例を表示します。
上位から以下の通りです。
①子宮筋腫手術症例
②卵巣のう腫腹腔鏡下摘出術症例
③子宮内膜ポリープ切除術症例
④卵巣癌化学療法症例
⑤子宮内膜症腹腔鏡下手術症例
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ、結節  71 9.92 5.17 0.00 49.12
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎   手術なし 55 7.50 5.48 0.00 36.94
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍   手術あり 54 10.57 7.58 0.00 52.72
030400xx99xxxx 前庭機能障害   手術なし 47 5.53 5.15 0.00 56.42
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎    39 10.79 7.23 0.00 58.00
耳鼻咽喉科のDPC包括請求対象症例(651症例)をDPCコード別に集計、上位5症例を表示します。
上位から以下の通りです。
①声帯ポリープ切除症例
②急性扁桃炎治療症例
③乳頭腫手術症例
④めまい(メニエール病)による緊急入院症例
⑤慢性副鼻腔炎に対する内視鏡手術症例
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性   手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 305 7.32 7.31 0.00 65.91
020160xx97xxx0 網膜剥離   手術あり 片眼 147 7.02 10.21 0.00 52.49
020200xx9702xx 黄斑、後極変性   手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2あり 120 3.39 3.57 0.00 69.63
020200xx9700xx 黄斑、後極変性   手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 69 6.92 7.38 0.00 68.91
020240xx97xxx0 硝子体疾患   手術あり 片眼 59 7.11 6.63 0.00 71.52
眼科のDPC包括請求対象症例(1573症例)をDPCコード別に集計、上位5症例を表示します。
上位から以下の通りです。
①網膜前膜症に対する硝子体茎顕微鏡下離断術、白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズを挿入)併施症例
②裂孔原性網膜剥離に対する手術症例
③加齢黄斑変性症に対する光線力学療法(PDT)症例
④網膜前膜症に対する硝子体茎顕微鏡下離断術症例
⑤硝子体出血に対する硝子体茎顕微鏡下離断術症例
救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等   手術なし 手術・処置等2なし 23 2.21 4.01 0.00 39.00
010230xx99x00x てんかん   手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 3.76 6.32 15.38 45.23
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患   手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 2.36 6.83 27.27 61.90
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群   手術・処置等2-4あり 11 17.54 29.31 63.67 62.81
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷   手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.34 - -
救命救急センター(救急科)のDPC包括請求対象症例(354症例)をDPCコード別に集計、上位5症例を表示します。
当センターで治療後、状態が回復次第に他診療科へ転科します、その場合は、転科先の診療科の症例数として集計されます。
合計症例数が10症例未満の場合は、詳細項目は表示いたしません。
上位から以下の通りです。
①転落等外傷やアナフィラキシーショック等症例
②てんかん集積発作症例
③胸痛発作症例
④DIC症例
⑤外傷性頭蓋内損傷症例

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 113 11 12 12 - 18 1 7
大腸癌 82 17 24 32 - 195 1 7
乳癌 31 27 7 - - 45 1 7
肺癌 17 3 5 12 - 27 1 7
肝癌 16 22 9 1 - 143 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
①集計期間中に退院した患者さんが対象で、実患者数を集計しています。期間中に同じ患者さんが同じがんで入退院を繰り返しても1件と数えます。
②「初発」の病期分類は、UICC病期分類に基づいたものです。
③集計期間中に「初発」として集計されたものは、「再発」には集計しません。
④病期分類が確定される前に亡くなられた場合等は、病期分類は「不明」となります。
⑤医療資源を最も投入した傷病名が疑い病名だったものは集計対象から除外しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 6.42 52.51
中等症 47 10.12 78.62
重症 12 19.66 82.12
超重症 11 27.91 81.56
不明
市中肺炎:病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞(はいほう:空気がたまるところ)の急性炎症です。
重症度分類:①年齢:男性≧70歳、女性≧75歳、②脱水:尿素窒素≧21または脱水(+)、③酸素飽和度:SpO2≦90%、④意識障害あり、⑤収縮期血        圧:sBP≦90mmHG
        上記①~⑤を各1点として、合計点数で集計します。
        0点=軽症
        1~2点=中等症
        3点=重症(ただし意識障害がある場合は1点でも重症)
        4~5点=超重症
肺炎は、高齢者では症状がはっきりしない場合もあります。原因菌の多くは肺炎球菌(はいえんきゅうきん)、インフルエンザ桿菌(かんきん)で、インフルエンザ流行期ではウイルス性の肺炎も頻度が高くなります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 28 16.78 75.31 25.00%
その他 17 15.52 74.43 17.64%
脳梗塞(ICD-10分類がI63に分類される疾病)の退院患者数を、治療開始が発症日から3日以内とそれ以外で集計しました。
ICD-10:国際疾病統計分類に基づいて、傷病名が分類されコード化されています。
平均在院日数:病院に入院していた日数(在院)の平均値です。
転院率:該当する症例数の内、他病に転院した患者さんの割合です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 281 1.05 1.21 0.00 66.40
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 135 2.43 8.46 1.48 73.00
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 73 1.12 5.79 0.00 72.67
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 59 1.07 5.14 0.00 68.66
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 42 2.19 11.48 4.76 76.10
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
消化器内科は、消化管グループ、胆膵グループ、肝臓グループの3つグループで構成され、より専門的な診断、治療を行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 194 1.11 3.23 0.52 65.99
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 157 1.59 2.8 0.64 68.32
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 68 1.78 2.74 0.00 69.00
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 61 0.93 0.84 0.00 69.72
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 50 1.42 1.96 0.00 69.58
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
循環器内科は心臓血管外科と共に循環器病センターを形成します。これは心臓の内科・外科を越えてチーム医療を実践することに対応したものです。新たに日本大学病院に設置されたハイブリッド手術室(高性能な透視装置と手術台を備え、各種血管内治療を実施することに最適な手術室のことです)におけるカテーテル大動脈弁置換術(TAVI)治療や後述するフットケア外来などを行う際に両科のチーム医療が前提となります。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル以上4センチメートル未満 15 0.20 0.60 0.00 40.33
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 10 0.70 1.30 0.00 52.20
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 10 0.60 5.80 0.00 69.30
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満 - - - - -
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル未満 26 1.08 2.08 0.00 42.15
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 26 1.50 6.31 0.00 58.04
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 24 1.42 11.46 0.00 56.88
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合 14 4.29 4.86 0.00 67.00
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 9 2.44 20.89 0.00 57.56
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
乳癌の治療の5つの柱である、乳腺外科医、放射線治療医、外来化学療法室、形成外科医、病理診断医の体制が完備しており、充実した乳腺診療が可能になっています。また、癌化学療法認定看護師、緩和ケア認定看護師、検診マンモグラフィー認定撮影技師、理学療法士、社会福祉士らが協力して治療にあたります。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 66 1.53 5.85 0.00 59.41
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 55 1.22 2.71 0.00 67.67
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術 24 2.63 13.58 0.00 63.96
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 22 4.00 13.32 0.00 64.64
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 16 1.25 8.81 0.00 44.06
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
消化器外科は、消化管(食道、胃、小腸、大腸、虫垂、肛門)疾患、肝胆膵疾患(胆嚢、肝臓、膵臓などの良性、悪性疾患)、ヘルニア(鼠径、腹壁など)などの疾患に対して積極的に手術を行っております。また術後の抗がん剤治療など手術とともに化学療法にも力をいれております。
当科の特色は、通常の開腹手術とともに内視鏡外科手術をより積極的に行っており、胃癌や大腸癌などの悪性疾患だけでなく、食道良性疾患、膵臓良性疾患、胆石症、ヘルニア(鼠径、腹壁)、虫垂炎等にも内視鏡手術を導入しております。また2009年より「きずの小さな」単孔式内視鏡外科手術を導入し、現在では胆嚢摘出術、虫垂切除術、また当科の林が本邦で初めて報告した経肛門的単孔式内視鏡手術を行っており良好な成績を収めております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 30 3.57 10.20 13.33 71.10
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈 その他のもの 25 2.12 13.60 60.00 69.44
K5604 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 下行大動脈 14 5.07 14.93 50.00 63.86
K5611 ステントグラフト内挿術 胸部大動脈 12 1.42 9.08 16.70 72.25
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 12 3.50 10.67 16.70 79.50
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
心臓血管外科は、心臓病、大動脈疾患、全身の血管病、血管の外傷などの治療を行う診療科です。特に胸部、腹部大動脈瘤に対して、カテーテル(細い管)を用いたステントグラフト内挿術(人工血管を動脈瘤の中にトンネルのように通す)を盛んに行っており治療の低侵襲化(体の負担の軽い手術)に力を入れています。その他、フットケア外来(足の感染や血流障害に対する治療)も充実し、近隣の先生方とより一層密な連携が可能です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25 0.80 16.68 32.00 79.36
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 13 2.85 38.46 53.85 61.54
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 硬膜下のもの - - -
K1781 脳血管内手術 1箇所 - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの - -
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
脳神経外科では、困難な手術症例に対して、最新機器の導入や何種類もの手術技術を組み合わせた複合的な脳神経外科手術を実施しています。
脳神経外科用ナビゲーションシステムや手術顕微鏡蛍光診断システムの使用、術前シミュレーション方法の開発と運用、さらに術中神経機能モニタリングを組み合わせることで、神経機能の温存を目指した手術を行います。
これらの技術は難易度が高いとされる脳腫瘍摘出術や頭蓋底手術、また約1mm血管径を吻合する脳血管外科手術で強みを発揮します。さらに最新式のハイブリット手術室(血管撮影装置を術中に使用しながら手術する部屋)を有しており、脳内出血の神経内視鏡手術などで応用が始まっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 177 2.84 21.72 31.07 70.77
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 91 1.57 6.64 8.79 47.45
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 63 1.13 1.98 0.00 46.06
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 62 2.89 16.52 43.55 66.15
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術 十字靱帯 62 1.13 8.95 0.00 30.06
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
当院の整形外科は、「手外科」「スポーツ整形外科」「脊椎外科」「関節・リウマチ外科」の4つの専門診を中心に、外傷等の一般整形外科を含め診療しております手外科
 最新の超音波機器を使用した診断・治療に力を入れています。腱鞘炎や軟部腫瘍の診断はもちろん、腱鞘内注射や嚢腫穿刺などを超音波ガイド下に施行する ことにより成績の向上に努めています。また、当科における超音波診断は上肢のみならず整形外科すべての分野に応用しています。『最小侵襲手術』を積極的に  取り入れており、特に手根管症候群に対する鏡視下手根管開放術は国内でも有数の手術数を誇っています(図1a,b)。肘部管症候群でも3cmの小切開で神 経剥離術を施行しており、良好な術後成績が得られています。また、関節疾患に対する鏡視下手術も肘関節・手関節から母指CM関節・MP関節に至るまで施  行可能です。
スポーツ整形外科
 関節鏡視下手術を中心にスポーツ障害や一般的な関節疾患(初期のOA)などあらゆる年齢のスポーツ選手・愛好家の障害に幅広く対応しています。
脊椎外科
 適切な診断、治療法を駆使してそれぞれの患者さんに合った医療を提供し、より早期の日常生活復帰を目指してチーム診療を行っています。保存療法は、種々  の薬剤はもちろんのこと、ブロック療法・運動療法を積極的に施行しております。外科的治療が必要になった場合は、当院だけでなく、日本大学医学部附属板橋 病院と連携のもと、内視鏡下手術から金属による脊椎固定まで最善の治療を提供させていただきます。
関節・リウマチ外科
 変形性股関節症・変形性膝関節症および骨壊死症、関節リウマチに対する、骨切り術・人工関節置換術・再置換術等を積極的に行っております。
 当院で行う人工関節置換術の特徴としては、全身状態を考慮した両側同時手術、術後早期回復をもたらす最小侵襲手術(MIS)など最新の知見にもとづく  治療も積極的に取り組んでいるところです。 特に術後早期から機能改善が望める人工股関節置換術では、前方アプローチを用い仰臥位で手術を行うMIS    Antero-lateral Supine(AL-S)を採用し手術を行っています。本手術の利点としては、筋間アプローチにより筋肉を切離せず温存することで術後早期の筋 力回復を可能とし、また広く用いられている後方アプローチよりも術後脱臼率が著しく低下するということです。

さらに関節を温存できるかということを主眼に、股関節・膝関節周囲の骨切り術も積極的に行っております。その他、人工関節再置換、難治例、術後感染例、ゆるみ、あるいはセカンドオピニオン等にも、患者さんとよくお話しし、最善の治療法をもって診療させていただきます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 51 2.04 6.96 0.00 75.37
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 44 1.02 3.18 2.27 66.64
K836 停留精巣固定術 30 1.33 1.17 0.00 4.00
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 14 1.50 5.07 0.00 51.29
K8282 包茎手術 環状切除術 14 1.36 1.57 0.00 9.07
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
腎癌
 近年、腎臓を全摘出するよりも、腫瘍部分のみを部分摘出する方が生存率が高いことが明らかになりました。 一般的には腫瘍最大径が4cm未満のTNM分類で T1aという早期の段階の症例が腎部分切除術の適応となっておりますが、当科においてはT1bもしくはT2という進行した症例であっても、可能なかぎり部分切除を 行い腎の温存を図っております。
前立腺癌
 T1c(前立腺特異抗原PSAの上昇で発見された癌)、T2(前立腺に限局する癌)、一部T3(前立腺被膜を超えて進展する癌)という段階の症例について は内視鏡を補助的に使用しながら可能な限り小さな切開で前立腺を摘出する腹腔鏡下小切開前立腺悪性腫瘍手術(ミニマム創手術)を行っています。単に 癌のコントロールだけではなく、術後の尿失禁をはじめとした「生活の質」を第一に考え、膀胱頚部、海綿体、尿道括約筋周囲のダメージを最低限にする体に優し い手術を行っています。
膀胱癌
 表在癌という悪性度の低いタイプであっても非常に再発が多いため、経尿道的な切除術(TURBT)後にいかに再発を少なくするかが重要なポイントとなってきま す。当科ではTURBT直後に抗癌剤を注入するほか、再発予防効果の高い結核菌を膀胱の中に注入するBCG膀胱内注入療法を積極的に行い癌の再発を予 防しています。また、リスクの高い症例には一定期間後に再手術を行うセカンドTURBTを積極的に取り入れ、残存腫瘍の有無や診断のエラーを再確認していま  す。一方、筋層浸潤癌という進行癌に対しては根治的膀胱摘除術+骨盤リンパ節郭清術(+尿路変向)が標準治療となっています。 膀胱壁外に浸潤する場 合は術前化学療法を導入することで治療成績が向上することがわかっているため、可能な症例では術前化学療法を施行後に手術を行っています。様々な事情で 膀胱を温存する場合には、可能なかぎりTURBTで切除してから、放射線科の協力のもとに動脈注入化学療法と放射線照射による治療を行っています。
 また、膀胱癌の再発チェックのために、定期的に膀胱内を内視鏡で確認することが必要ですが、当院では痛みの少ない軟性膀胱鏡をもちいて定期検査を行ってお り、患者さんの精神的・肉体的な負担を減らすよう努力しています。
尿路結石症
 当院では、最新式Wolf社製およびオリンパス社製軟性尿管鏡と100Wの高出力パルスホルミウム・ヤグレーザーを使用し、中・下部尿管結石だけではなく腎結石 や上部尿管結石に対してもf-TULを施行しています。
前立腺肥大症
 当院ではパルスホルミウム・ヤグレーザーという特殊なレーザーを用いて、肥大した前立腺をまるごとくり抜く、HoLEP(経尿道的レーザー前立腺切除術)を施行し ています。HoLEPは出血が少なく、従来は開腹して摘出しなければならなかった大きな前立腺でも施行することが可能です。
小児の泌尿器科治療
 泌尿器科は尿路生殖器系疾患に対する治療を、手術を含めて年齢を問わずに新生児から御高齢の方まで担当する外科系の診療科です。近年産科及び小児 科検診の普及により、小児における泌尿器科疾患の発見例が増加しています。小児における泌尿器科領域の疾患は小児という診療の特殊性から、従来は小児 科医、小児外科医が検査及び治療を主に担当していましたが、小児泌尿器科という疾患概念の普及に伴い、小児専門の施設で研鑽を積んだ泌尿器科医が中 心となり泌尿器科で診療への参画しています。

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 80 0.98 4.48 0.00 36.53
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 72 1.19 5.81 0.00 38.74
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 42 1.45 5.88 0.00 49.33
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 28 1.00 1.11 0.00 39.93
K877 子宮全摘術 23 1.22 9.30 0.00 48.17
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
当院婦人科は、専門外来として腫瘍に関する外来、内視鏡外来(腹腔鏡、子宮鏡、卵管鏡など)、不妊外来、更年期外来を開設しており、幅広い領域の診断と治療を行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術 直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの 81 1.16 8.00 0.00 49.02
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 38 1.11 9.34 0.00 60.55
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 37 2.16 8.76 0.00 33.03
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 33 2.00 7.45 0.00 58.76
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 23 0.13 6.43 0.00 30.96
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
耳鼻咽喉科は耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、そして頸部に至る領域を担当する診療科です。その診療範囲は広く、市中の耳鼻咽喉科クリニックには花粉症やアレルギー性鼻炎、中耳炎、鼻炎、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、めまい、鼻出血などの様々な疾患の患者さんが受診されています。当院耳鼻咽喉科ではこれらの疾患の詳細な検査や手術を含めた治療を行っています。さらに専門性の高い疾患、たとえば聴力障害・嗅覚障害・味覚障害などの感覚器障害、睡眠時呼吸障害・発声障害・嚥下障害などの機能障害、鼻・口腔・咽頭・喉頭・頸部・甲状腺などの腫瘍疾患の検査治療も担当しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 658 1.04 1.25 0.15 74.14
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 498 1.11 4.81 0.00 64.74
K2762 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき) 122 0.03 2.39 0.00 69.68
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 89 1.01 4.70 0.00 63.38
K284 硝子体置換術 54 0.11 3.28 0.00 70.67
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
当院は、網膜・硝子体疾患の中で、加齢黄斑変性の患者数は日本有数です。加齢黄斑変性の治療は「抗新生血管薬・硝子体内注射」が第一選択となっています。硝子体内注射は糖尿病や網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、病的近視に伴う脈絡膜新生血管に対しても行っています。硝子体内注射は入院することなく外来処置室で毎日行っていますので、所見が悪化する前に早急に治療することが可能です。また硝子体内注射だけでなく、光線力学的療法や網膜光凝固術も多数行っております。手術としては白内障手術だけでなく、裂孔原性網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、糖尿病網膜症、硝子体出血などの様々な疾患に硝子体手術を多く行っております。方法として眼に侵襲の少ない25G、27G小切開硝子体手術を用いて行っています。

救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 10 6.90 13.30 60.00 69.50
K6021 経皮的心肺補助法 - - - - -
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K5461 経皮的冠動脈形成術 急性心筋梗塞に対するもの - - - - -
厚生労働省告示「診療報酬の算定方法」第2章 第10部 手術に規定された術式により手術件数を集計、上位5術式を表示します。
救命センターは、“人の命を助ける”ことを最優先にし、循環器科、心臓血管外科、脳外科、整形外科、外科、麻酔科等と協力し、EBM(evidence-based medicine: 根拠に基づいた医療、実証医学)に基づく初期診療とそれに引き継ぐ高度な専門治療を展開しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 30 0.29%
180010 敗血症 同一 24 0.23%
異なる 33 0.32%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 38 0.37%
異なる - -
DPC請求の対象となる入院患者さんには、包括請求分類対象となる最も医療資源を投入したDPC病名と入院の契機となった入院契機病名が付いています。DPC病名 と入院契機病名が「同一」か「異なる」に分けて集計しています。「同一」ということは、ある病気の診療目的で入院してその治療を行ったいうことを表します。一方「異なる」ということは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは、入院中に発症した違う病気(この場合は、播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置の合併症となります)による治療がDPC病名となったことを表します。
播種性血管内凝固症候群(DIC)は、基礎疾患により血管内に無数の血栓がばらまかれ凝固の反応が非常に高ぶった状態の病気を指しています。そのため入院契機病名とDPC病名は異なっています。
更新履歴