平成27年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 675 278 360 476 789 1090 1929 2260 1206 151
当院は、救命救急センターを併設した都市型急性期医療を提供する大学病院として、幅広い年齢層の患者さんに、質の高い医療を提供しています。年齢階級では、70歳代の患者さんが一番多く、60歳以上の退院患者さんが6割とやはり高齢の方の入院が多くなっています。診療科別では、眼科が一番多く15.0%、次いで循環器内科13.4%、消化器内科13.3%、整形外科12.5%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 65 14.69 15.16 6.15 70.17
100070xxxxxxxx 2型糖尿病 55 12.20 16.12 0.0 62.13
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 21 15.76 18.91 14.29 69.76
内科は呼吸器内科,糖尿病内科,神経内科,総合内科,感染症内科などの疾患を治療しています。救急医療の初療も積極的に行っていることもあり、肺炎,脳梗塞の症例数は今後も増大すると思われます。2型糖尿病の症例は、教育入院です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx97x0xx 肝癌に対する血管塞栓術(TAE) 107 12.15 12.67 0.96 74.78
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍に対する内視鏡手術 52 8.77 9.78 0.00 73.79
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 52 13.75 11.73 3.85 70.17
肝癌に対血管塞栓術とは、目的の部位(腫瘍のすぐ近くの動脈)までカテーテルを挿入して、そこから腫瘍を固める薬や、腫瘍に栄養を運んでいる動脈を塞いでしまう薬を入れる治療です。
早期胃癌に対する内視鏡切除に加えて、今後は早期大腸癌に対する内視鏡治療の治療件数増加を目指しています。 技術的にも、消化管グループの医師は、がんセンターでトレーニングならびに指導的立場で勤務していた者が多く、技術的ならびに学術的な面でも高い水準を保持しています。平均在院日数が、全国平均より1日短くなっていることの要因でもあります。今後は、消化管癌に対する化学療法や緩和治療も積極的に導入していく予定で、同時に、定型的な全ての治療に対してはパスを積極的に用いることで、医療の質を均てん化して行きます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈(カテーテルアブレーション) 168 5.89 5.75 0.00 64.386
050050xx0200xx 狭心症、心筋梗塞に対するカテーテル治療 123 4.20 5.04 0.00 67.82
050050xx99100x 狭心症、心筋梗塞に対するカテーテル検査 97 3.72 3.09 0.00 68.05
心房細動や頻脈性不整脈(心房粗動、発作性上室性頻拍症、WPW症候群、心室頻拍)に対して、3D画像を用いたナビゲーションシステムを駆使し高周波心筋焼灼術を積極的に実施しています。致死的不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)植え込み手術や高度心不全の患者さんには除細動機能付き両室ペーシング(CRT-D)植え込み手術を行っています。
急性心筋梗塞症で当院に運ばれた患者さんは、迅速な経カテーテル治療を受けることが可能です。血管内超音波や光干渉断層法、ロータブレータを駆使してステント治療を行っています。積極的な造影剤腎症予防にも取り組んでいます。カテーテル治療室は3つあり同階に手術室とCCU(心臓集中治療室)も併設しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎(15歳未満の急性呼吸器疾患) 122 6.62 5.65 0.82 1.89
040100xxxxx00x 喘息(発作) 85 6.42 6.43 0.00 3.34
100250xx99100x 下垂体機能低下症(低身長検査) 50 2.86 3.63 0.00 6.50
小児科では肺炎や気管支喘息といった小児呼吸器疾患の症例が多い。これらは急性疾患であり、退院後はかかりつけの医院に退院後の経過観察と治療継続を依頼するため、小児科から他の病院に転院することは、旅行中などの特殊状況下に入院した児以外まれである。
 肺炎は患者の平均年齢が2歳未満で病状が不安定であるため、起炎病原体や月齢にあわせてモニターなどを用い詳細に病状を観察し、点滴、吸入、酸素投与など適切な治療を行うことが要求され、実行している。肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎での入院期間は全国より1日弱長いが、これは、当院が24時間小児科当直体制をとっており看護体制もあわせ重症管理が可能なため、近隣の病院から呼吸状態が不安定で夜間に人工呼吸管理が必要になりそうな重症例の転院を引き受けており、重症例が多いためと考える。退院後の外来診療と組み合わせた入院期間の短縮をはかっていきたい。
 気管支喘息においては、治療以外にも、再入院を避けコントロールを良好にするため、入院時に家族の教育や自宅の環境整備も含めた指導を行い、さらにかかりつけ医と連携した診療を行っている。
 下垂体機能低下症(低身長検査)においては、小児では少ない小児内分泌の専門外来が週5日間あり、交通の便のよい立地条件ため、多くの患者が受診する。確定診断のためには画像検
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 33 2.33 4.31 0.00 53.94
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 18 10.56 9.12 5.56 69.61
080011xx99xxxx 急性膿皮症 14 10.79 12.25 14.29 62.21
 母斑(ほくろ)や小さな皮膚良性腫瘍などの小手術は、平日の午後に外来で行います。皮膚悪性腫瘍(有棘細胞癌、Paget病、基底細胞癌、Bowen病など)は入院の上、植皮・皮弁術を含めた手術を手術班が行います。 皮膚悪性リンパ腫(菌状息肉症)では、症状に応じて紫外線(ナローバンドUVB、UVA)照射治療、放射線療法を行います。
帯状疱疹の治療は、抗ウィルス薬内服、外用などで治療を行い、症状によっては入院にて点滴加療を行っています。必要に応じて、眼科、耳鼻科、ペインクリニックの先生方にもご相談の上、治療します
乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳癌手術(乳房部分切除術) 29 7.03 7.33 0.00 57.83
090010xx01x0xx 乳癌手術(腋窩部郭清を伴う乳房部分切除術) 20 11.20 12.16 0.00 56.50
090010xx02x0xx 乳癌手術(単純乳房切除術) 16 11.06 10.81 0.00 69.56
乳癌の治療
大事なことは転移の有無です。進行癌・転移のあるものはまず化学療法の適応です。新病院より化学療法室が完備され、快適な環境での治療を提供します。
手術することになったら、切除する範囲と整容性を相談します。病気を治すことが第一、次が整容性です。部分切除するか切除し再建するかを納得がいくまでお話します。形成外科の医師による乳房再建術も可能です。
リンパ節に対してはセンチネルリンパ節生検を施行し、病理検索とOSNA法を併用しています。
術後は癌の性質により治療していきます。
部分切除、リンパ節転移のあった方は放射線療法が必要になります。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍の抗がん剤治療 38 3.50 4.52 0.00 75.21
060330xx02xxxx 胆石症 37 6.11 7.28 000 56.78
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 34 7.15 8.43 0.00 55.41
消化器外科は消化管(食道、胃、小腸、大腸、虫垂、肛門)疾患、肝胆膵疾患(胆嚢、肝臓、膵臓などの良性&悪性疾患)、ヘルニア(鼠径、大腿、腹壁、臍など)などの病気に対しておもに手術治療を行う診療科です。診断に苦慮する腹痛などの消化器疾患に関しましても「消化器内科」と連携を行い、消化器病センターとして診断・治療を行います。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤の治療 36 15.08 30.53 66.67 66.47
050080xx01010x 心臓弁膜症(連合弁膜症を含む。)手術 33 19.94 26.81 60.61 73.00
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 28 14.61 17.02 28.57 75.89
解離性大動脈瘤や胸腹部大動脈瘤に対する外科治療は、脳神経合併症が多く心臓血管外科医が最もためらう大手術ですが、当院では積極的に外科手術に取り組んでおり、近接3年間で86例のB型解離性大動脈瘤手術を行い、80歳以上の高齢者における解離性大動脈瘤に対しても積極的に手術を行っています。
腹部大動脈瘤は、高齢者を中心に増加していますこの疾患は、症状がなく進行するため破裂して発見される場合が多々あります。当科では動脈瘤の診断から治療まですべてを担い、特にカテーテルを用いた低侵襲のステントグラフト内挿術も盛んに行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫 16 14.00 20.84 31.25 50.19
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 14 8.86 8.00 7.14 57.86
010010xx01x00x 脳腫瘍 12 28.75 23.72 16.67 56.75
日本大学病院の脳神経外科は、「脳腫瘍」「脳血管疾患」「頭部外傷」「脊椎・脊髄疾患」「機能神経外科疾患」など脳・神経に関する幅広い疾患の診断・治療を行っています。急性期の脳卒中、重症頭部外傷、頸椎・頸髄損傷には、救命救急センターと連携をとりながら、迅速に対応できる体制を整えています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 131 11.12 11.89 3.05 32.07
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 89 26.30 29.02 55.06 75.71
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 55 28.67 30.28 56.36 79.42
当院の整形外科は、「手外科」「スポーツ整形外科」「脊椎外科」「関節・リウマチ外科」の4つの専門診を中心に、外傷等の一般整形外科を含め診療しております。さらに、「骨・軟部腫瘍」「小児整形外科」「骨粗鬆症」も専門診にて対応しております。また、千代田区の地域医療にも積極的に取り組んでおります。リハビリテーション科との密な関係のもと、外来・入院含めて運動器リハビリテーションを施行し、積極的な保存治療を施行しております。外科的治療においては、最小侵襲手術を取り入れ、患者さんの早期社会復帰に貢献できるように医療提供させていただいております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 60 7.35 7.95 0.00 74.92
110420xx97xx0x 水腎症(その他)(経尿道尿管ステント留置術) 21 4.71 5.46 4.76 65.67
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 19 8.11 6.01 0.00 59.47
泌尿器科は小児から高齢者まで幅広く対応いたします。前立腺についてはレーザーで行う肥大の手術から小切開手術で行う前立腺癌まで、一方腎臓については開腹手術のほかに腹腔鏡を用いた方法で、可能な限り病巣を摘除して腎臓を温存する方法。さらには結石についてはファイバースコープとレーザーを用いて腎臓の結石まで除去することが可能です。
そして2016年4月から小児にも対応が可能となりました。小児泌尿器科領域の疾患には日常の診療で比較的よく遭遇し、状況によっては手術療法を要する真性包茎、停留精巣、陰嚢水腫などの他にも、尿路感染症による発熱の原因となる膀胱尿管逆流症や、夜尿症の原因の一つとなる尿道狭窄症、成人でも見られる尿路結石症など泌尿器科特有の多様な疾患が多く含まれています。
小児疾患の特性として、成長に伴う自然治癒の可能性があげられます。そのため、可及的に自然改善を念頭に治療を行いますが、改善が望めないと判断した場合には適宜手術を行います。小児泌尿器科領域の多くの疾患は、手術時間約1時間、入院2泊3日程度で安全に行うことが可能です。内視鏡手術についても小児用の細径の内視鏡を使用し、より負担の少ない手術を行う工夫をしています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 60 7.97 6.54 0.00 42.02
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 37 6.73 6.71 0.00 42.59
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍(子宮全摘術等) 25 11.84 10.48 0.00 45.96
良性腫瘍疾患に対しては、大半が腹腔鏡・子宮鏡手術となっています。手術侵襲を極力最小限とするよう、また美容面も考慮し、スコープやトラカーは5mmまた3mmで使用しています。手術創を小さくして、入院期間の短縮と、早期の社会復帰を目指しています。当院では日本内視鏡外科学会技術認定医、日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医、子宮鏡技術認定医のもとで、すべての腹腔鏡・子宮鏡・卵管鏡手術が安全に実施され、その症例数も年間200件以上で良性疾患の9割は内視鏡下手術です。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030280xxxxxxxx 声帯ポリープ 56 9.82 5.97 0.00 47.30
030300xx01xxxx 声帯の疾患(喉頭腫瘍・声帯白斑症等) 47 9.87 5.35 0.00 59.87
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 37 6.03 5.43 0.00 36.46
耳、鼻、口腔、咽頭、喉頭、頸部までの幅広い領域の疾患を診療している。この中では教授が専門とする喉頭領域患者数や音声改善手術数が多く、入院および外来手術件数は年間150件を超える。音声障害患者には音声治療と外科手術の併用、あるいは音声治療単独を施行している。
耳科領域では耳管開放症の専門家である本院(日本大学板橋病院)の教授を中心に専門外来を開設している。鼻領域では日本アレルギー学会専門医である牧山教授の指導下で非侵襲的なコブレーターを用いた日帰り手術を免疫療法と併用して施行している。
睡眠時無呼吸症候群に対して鼻腔整形術や咽頭形成術を行いCPAPからの離脱を目指している。嚥下外来では言語聴覚士と日本大学歯学部病院摂食科と協力してリハビリテーションを行っている。
 扁桃周囲膿瘍、急性喉頭炎、急性喉頭蓋炎、突発性難聴、顔面神経麻痺、めまい、外傷などの急性疾患に対しては即日入院治療で対応している。咽喉頭食道異物では局所麻酔下あるいは全身麻酔下で内視鏡下摘出術を施行している。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性(黄斑変性、網膜前膜) 348 7.21 7.95 0.00 66.96
020160xx97xxx0 網膜剥離 178 7.01 11.37 0.00 54.79
020240xx97xxx0 硝子体疾患(硝子体出血等) 75 6.69 7.25 0.00 71.60
日本大学病院眼科(アイセンター)は、眼科領域の中でも網膜・硝子体疾患の診断と治療に力を入れています。一般外来担当医は、全員が網膜・硝子体疾患の専門知識を持っていますので、毎日が網膜・硝子体疾患の専門外来日となっています。網膜・硝子体疾患の診断は、最新の検査機器を用いて迅速に行えるようにしています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 12 5.25 7.28 0.00 57.58
060350xx99x1xx 急性膵炎 12 13.83 24.07 100 47.75
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 10 2.90 3.67 10 37.00
当院の救急科は千代田区唯一の救命救急センターを有するため、急性心筋梗塞、脳卒中、外傷、重症急性膵炎、意識障害(てんかん、急性薬物中毒)等様々な重症疾患を取り扱っています。また、日勤帯のおける二次救急も取り扱い、救急車で来院する中等症の多くを、他診療科と連携して診療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 87 12 8 19 4 40 1 7
大腸癌 14 16 18 14 3 67 1 7
乳癌 44 21 6 2 6 50 1 7
肺癌 1 4 11 9 1 7
肝癌 17 16 2 6 103 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
消化器内科としては、内視鏡的粘膜下層剥離術を初めとした内視鏡切除に力を入れている。内視鏡切除の適応は、ステージ分類ではIと診断された病変が対象となる。なお、内視鏡切除、特に内視鏡的粘膜下層剥離術は技術的には簡単なものではなく、十分なトレーニングを受けた医師によってなされるべきである。幸いに、当科の担当医師はがんセンターでの指導的立場で勤務していた医師が多く技術並びに評価についての安全性が高い。また、内視鏡切除の対象である初発の早期胃癌および早期大腸癌のみならず、ステージIVに相当する進行癌あるいは外科切除後の転移再発癌に対する化学療法にも消化器内科で治療対象としている。
肺癌に関しは、診断から治療に至るまで、幅広く対応している。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 19 7.1 51.8
重症度 1 33 13.6 72.2
重症度 2 17 21.5 86.4
重症度 3 12 17.6 78.0
重症度 4 8 24.5 79.4
重症度 5 1 33.0 65.1
不明 0 0 0
市中肺炎:病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞(はいほう:空気がたまるところ)の急性炎症です。
重症度分類:①年齢:男性≧70歳、女性≧75歳、②脱水:尿素窒素≧21または脱水(+)、③酸素飽和度:SpO2≦90%、④意識障害あり、⑤収縮期血        圧:sBP≦90mmHG
        上記①~⑤を各1ポイントとして、合計ポイントで集計します。(各号該当なし0ポイント~5ポイント→重症度0~重症度5)1項目でも不明な項        目がある場合は、不明に集計しています。
肺炎は、高齢者では症状がはっきりしない場合もあります。原因菌の多くは肺炎球菌(はいえんきゅうきん)、インフルエンザ桿菌(かんきん)で、インフルエンザ流行期ではウイルス性の肺炎も頻度が高くなります。
 
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 8 7.63 70.71 0.00
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 55 20.91 69.55 25.45
その他 8 15.75 68.05 12.50
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 4 9.50 68.28 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1
その他 3 24.66 67.40 33.33
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1
その他 1
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他 1
脳梗塞等の分類にあたる症例数を、ICD-10(国際疾病統計分類-第10回修正)別に、治療開始が発症日から3日以内とそれ以外で集計しました。
ICD-10:国際疾病統計分類-第10回修正に基づいて、傷病名が分類されコード化されています。
平均在院日数:病院に入院していた日数(在院)の平均値です。
転院率:該当する症例数の内、他病に転院した患者さんの割合です。
※集計の結果、1症例の場合は、患者さんが特定されるため詳細は掲載していません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 7 9.43 5.00 0.00 64.71
K2762 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき) 3 3.67 8.33 0.00 48.67
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 2 6.00 13.50 0.00 68.00
内科の手術症例は、糖尿病性網膜症等に対する、眼科手術の術前術後の血糖コントロールを行っているため、眼科の手術症例となっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2㎝未満 330 1.10 1.14 0.00 65.67
K6152 血管塞栓術(腹腔内血管) 選択的動脈化学塞栓術 109 2.13 9.16 0.00 74.77
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 52 1.19 7.04 0.00 74.67
内視鏡的粘膜下層剥離術を初めとした内視鏡切除に力を入れています。内視鏡切除の適応は、ステージ分類ではIと診断された病変が対象とりますが、当科の内視鏡担当医師はがんセンターでの指導的立場で勤務していた医師が多く技術並びに評価についての安全性が高いことから、内視鏡切除の対象である初発の早期胃癌および早期大腸癌のみならず、ステージIVに相当する進行癌あるいは外科切除後の転移再発癌に対する化学療法にも消化器内科で治療対象としています。
血管塞栓術(腹腔内血管) 選択的動脈化学塞栓術(肝癌に対するTAE)は、足の付け根から腫瘍のすぐ近くの動脈まで、カテーテルを挿入して、そこから腫瘍を固める薬や、腫瘍に栄養を運んでいる動脈を塞いでしまう薬を入れる治療です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 143 1.31 3.42 0.00 65.77
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 129 2.27 2.54 0.00 67.29
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 49 1.90 2.78 2.01 67.10
心房細動や頻脈性不整脈(心房粗動、発作性上室性頻拍症、WPW症候群、心室頻拍)に対して、3D画像を用いたナビゲーションシステムを駆使し高周波心筋焼灼術を積極的に実施しています。致死的不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)植え込み手術や高度心不全の患者さんには除細動機能付き両室ペーシング(CRT-D)植え込み手術も行っています。
救命救急センターと連携した急性心筋梗塞症等に対する、迅速な経カテーテル治療を行っています。血管内超音波や光干渉断層法、ロータブレータを駆使してステント治療を行っています。カテーテル治療室は3つあり同階に手術室とCCU(心臓集中治療室)も併設しています。
血管拡張術・血栓除去術は、下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)に対するPTA治療やシャント閉塞に対する治療です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2㎝以上4㎝未満 13 0.23 1.46 0.00 46.85
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 13 0.23 3.84 0.00 68.46
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3㎝未満 12 0.25 0.83 0.00 47.25
母斑(ほくろ)や小さな皮膚良性腫瘍などの小手術は、平日の午後に外来で行います。皮膚悪性腫瘍(有棘細胞癌、Paget病、基底細胞癌、Bowen病など)は入院の上、植皮・皮弁術を含めた手術を行います。
乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 31 1.10 4.81 0.00 57.68
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5㎝未満 20 0.85 1.60 0.00 41.00
K6113 抗悪性腫瘍剤持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 15 2.47 3.40 0.00 61.08
進行癌・転移のあるものはまず化学療法の適応です。
手術することになったら、切除する範囲と整容性を相談いたします。病気を治すことが第一、次が整容性です。部分切除するか切除し再建するかを、納得がいくまで一緒に考えましょう。術後は癌の性質により治療していきます。
部分切除、リンパ節転移のあった方は放射線療法が必要になります。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6722 腹腔鏡下胆嚢摘出術 72 1.19 4.50 0.00 56.67
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 56 1.50 2.66 0.00 69.50
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 31 1.74 3.65 0.00 67.97
最新の内視鏡外科手術専用の手術室を2室設けており、3名の内視鏡外科技術認定取得者を中心に安全で効果的な治療を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 42 3.33 25.86 2.38 70.88
K5551 弁置換術 1弁のもの 26 6.42 15.23 65.68 73.50
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 25 2.08 2.04 0.00 66.72
心臓血管外科は、心臓病、大動脈疾患、全身の血管病、血管の外傷などの治療を行っていますが、手術症例数では、末梢血管のステント治療である血管拡張術や下肢静脈瘤手術など、足の感染や血流障害に対する治療症例が上位になっています。
弁膜症に対する外科治療にも力を入れており、高齢者にも積極的に手術を行っています。ハイブリッド手術室を設けており、さらに低侵襲なカテーテルによる大動脈弁置換術(TAVI)も導入しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1642 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 16 1.75 11.19 12.5 75.13
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 9 7.22 20.11 11.11 62.22
K6101 動脈形成術、吻合術 頭蓋内動脈 6 10.17 20.67 16.67 65.67
慢性硬膜下血腫は、頭を軽くぶつけた後、しばらくたってから脳の表面に血液が溜まる病気です、脳外科で手術をすれば、しっかり治る病気です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 122 3.41 20.72 50.82 71.60
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術 十字靱帯 75 1.37 10.32 2.67 30.91
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 44 1.97 7.76 6.82 48.09
人工関節置換術122症例の内、股関節置換術が40症例、術前日数は2.90日、術後日数は18.48日、平均年齢は64歳、転院率は45.00%。膝関節置換術が82症例、術前日数は3.67日、術後日数は21.82日、平均年齢78.30歳、転院率は54.88%です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 66 1.44 5.06 0.00 74.83
K7832 経尿道的尿管ステント留置術 29 1.41 5.66 0.00 67.90
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 21 1.62 6.57 0.00 60.90
上記以外、副腎摘出術5症例,根治的腎臓摘出術症例,腎臓部分摘出術5症例,腎生検9症例,腎尿管摘出術9症例,腎瘻増設術7症例,尿管鏡7症例等を行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 44 1.41 4.41 0.00 40.93
K8722 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 37 1.22 6.00 0.00 39.46
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 29 1.28 1.24 0.00 43.62
良性疾患(子宮筋腫・卵巣腫瘍・子宮内膜症など)
大半が腹腔鏡・子宮鏡手術となっています。手術侵襲を極力最小限とするよう、また美容面も考慮し、スコープやトラカーは5mmまた3mmで使用します。手術創を小さくして、入院期間の短縮と、早期の社会復帰を目指しています。
悪性腫瘍(子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌など)
高い診断精度とガイドラインに従った治療手技及び管理体制で行っています。子宮頚部上皮内腫瘍に対する円錐切除手術は、年齢や妊孕能などを考えて、2通りの手術対応を用意しています。短期間入院を希望されれば、1泊入院で行っています。広汎子宮全摘術では植物神経温存法を取り入れて排尿・排便機能の早期回復を目指しています。術後のリンパ浮腫にも慎重な予防策をとっています。
特に最近では、癌の化学療法や放射線療法においても、QOLに重点をおいて治療ができるようにしています。抗悪性腫瘍薬の種類によっては外来での化学療法も取り入れています。また緩和ケアとしてペインクリニックとの連携や他施設との病診連携もはかって対応しています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術 直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの 59 1.32 6.97 0.00 47.05
K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 58 1.26 7.79 0.00 59.07
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 23 0.39 6.13 0.00 43.96
教授が専門とする喉頭領域患者数や音声改善手術数が多く、外来手術を含めると、手術件数は年間150件を超えています。
また、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭炎、急性喉頭蓋炎、などの急性疾患に対しては即日入院治療(当日手術)で対応しているため、手術前に数は1日以下となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 600 1.27 4.94 0.17 65.56
K2821 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 496 1.01 1.31 0.00 73.03
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 99 1.10 5.14 0.00 67.06
硝子体茎顕微鏡離術(硝子体手術)は、網膜剥離や硝子体出血(糖尿病や高血圧などによる)、黄斑部の病気などに行います。眼科領域の中でも網膜・硝子体疾患の診断と治療に力を入れています。
水晶体再建術は、白内障に対する手術で、当院では基本入院して頂いています。ただし、ご希望や手術をお受けになる方の病状によっては、日帰り手術も可能となる回復室も完備しています。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 6 6.17 13.67 33.33 66.17
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 4 0.00 1.50 0.00 71.00
K6021 経皮的心肺補助法(PCPS)(1日につき)初日 4 0.00 7.00 25.00 57.50
救急科は、東京都の3次救急医療施設である救命救急センターで、連携医療機関や当院の他診療科と連携して、急性期の初期医療を担当します。治療後は一般診療科で引き続き入院治療することこ多く、症例数が少ないのは、救急科退院患者数を集計しているためです。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.04
異なる 15 0.21
180010 敗血症 同一 23 0.32
異なる 23 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 54 0.75
異なる 2 0.03
DPC請求の対象となる入院患者さんには、包括請求対象となる最も医療資源を投入したDPC病名と入院の契機となった入院契機病名が付いています。DPC病名と入院契機病名が「同一」か「異なる」に分けて集計しています。 「同一」ということは、ある病気の診療目的で入院してその治療を行ったいうことを表します。一方「異なる」ということは、ある病気の診療目的で入院したが、併発していた、もしくは、入院中に発症した違う病気(この場合は、播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・処置の合併症となります)による治療がDPC病名となったことを表します。
※手術・処置などの合併症
 手術や処置などに一定割合で発生してしまう病態です。術後出血や創部感染などが挙げられます。合併症は、どのような術式でもどのような患者さんでも、一定の 確率で起こり得るものなので、医療ミスとは異なります。










更新履歴