TOP

お知らせ

2017.11.8

文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に選定されました

文部科学省の平成29年度「私立大学研究ブランディング事業」タイプB(世界展開型)に、本学が申請した「スポーツ日大によるアンチ・ドーピング教育研究拠点確立とポストオリンピックへの展開」事業が選定されました。
「私立大学研究ブランディング事業」は、学長のリーダーシップの下で推進される研究を通じた全学的な「ブランディング」に係る取り組みを支援するものです。平成29年度は全国の私立大学188校の申請のうち60校(タイプA(社会展開型):33校、タイプB(世界展開型):27校)が選定されました。

本学が採択された事業は以下のとおりです。

【事業名】
スポーツ日大によるアンチ・ドーピング教育研究拠点確立とポストオリンピックへの展開

【選定タイプ】
タイプB(世界展開型)

【事業期間】
平成29年度~平成33年度(5年間)

【参画組織】
法学部、文理学部、芸術学部、スポーツ科学部、理工学部、生産工学部、医学部、歯学部、松戸歯学部、生物資源科学部、薬学部

【事業概要】
日本大学は多くのオリンピックメダリストを輩出してきた。本事業では、本学が輩出したトップアスリートの意見を下地に、文・理・医系から成る横断的な研究力と幼稚園から大学院までを有する継続的な教育力を織込むことでアンチ・ドーピング教育研究拠点を確立する。得られた成果を来るべきスポーツイベントや地域・国際社会への展開を通じて発信していくことで、真のスポーツ振興の旗手としての日本大学のプレゼンスを高めていく。

文部科学省 平成29年度「私立大学研究ブランディング事業」の支援対象校の選定結果について
文部科学省 私立大学研究ブランディング事業