TOP

お知らせ

2020.7.21

令和2年度後学期におけるキャンパスへの入構及び授業実施に伴う日本大学の対応について

学生のみなさんへ

 新型コロナウイルス感染症対策に係る政府や自治体による規制が緩和されて以降,東京都での1日の感染者数が最多を更新するなど,感染拡大の「第2波」といえる状況にあり,事態の収束は不透明です。

 前学期については,学生及び教職員の健康・安全と,学生の学修を第一として,オンライン授業の実施など様々に対応してきましたが,通学による学校生活の重要性を考慮すれば,今後も新型コロナウイルス感染症と共に生きていく社会に対応し,感染リスクを可能な限り低減しながら,学校運営を継続していくことが必要であると考えています。

 以上のことを踏まえて,後学期は,感染防止対策を徹底した上で,原則として,面接授業及びオンライン授業を併用し,以下のとおり実施します。

 今回示す本学の対応は,おもにキャンパスへの入構や授業の受講に関するものですが,これらは,みなさんが普段の生活で実践すべきものでもあります。新型コロナウイルス感染症は,無症状のケースもあるということですので,人にうつさない行動も大事です。みなさんの心がけが,自身の安全だけでなく,周囲の人々の安全,キャンパスでの学校生活を守ることに繋がります。万一,感染してしまった場合でも,日々の心がけ,健康管理・行動記録があれば,新たな感染拡大を防ぐことができます。みなさんには,毎日の健康と行動を自身でしっかり管理して,後学期を迎えるようにしてください。
 
1 キャンパスへの入構制限及び入構に必要な事項について
 感染拡大の状況に応じて,キャンパスごとに入構できる人数を設定し,入構人数の制限を行います。
 なお,キャンパスへの入構には,以下のことが必要です。

① 「日本大学健康観察システムhttps://condition.nihon-u.ac.jp/」への体調・行動記録が必要です。
※体温が平熱より高いなど,体調不良と判断された場合は,入構できません。
※「日本大学健康観察システム」は,新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る学生の健康状況把握及び相談時の参考資料に使用することを目的に,学生自身で午前・午後の体温や,体調に関する症状(倦怠感・咳・息切れ・胸部の違和感・喉の痛み・鼻水・味覚障害・嗅覚障害・頭痛・腹痛・筋肉関節痛・その他)の有無及び1日の行動を毎日入力することで,自身で体調変化や行動記録などを確認することができます。


② マスクの着用が必要です。(感染しない,うつさないためにも)
※体調不良と判断され,入構できなかった場合の欠席については配慮されます。欠席届出の方法等詳細は,学部等からの案内で確認してください。


 詳細については,8月上旬を目途に,学部等のホームページ等にてお知らせします。
2 キャンパスにおける感染防止対策
 本学では,「日本大学健康観察システム」により,日々の健康管理を行っている者のみ入構の対象とし,入構人数の制限の上で,キャンパスにおけるおもな感染防止対策として,以下のことを講じています。その他,各学部等においても,キャンパスの立地や授業の実施形態に合わせて,独自の感染防止対策を行っています。

① 入構時に検温を実施し,体温が平熱よりも高いなど,体調不良と判断された場合は,入構を許可しません。
② 入構者は,マスクの着用を必須とします。
③ 手指の洗浄・消毒ができるよう,消毒液等を設置します。
④ 建物内を常時換気します。
⑤ 教室等における人数の目安を収容定員の50パーセントとし,人との間隔を十分確保できるよう努めます。
⑥ 授業では,出席状況及び受講者の着席位置を記録します。
⑦ マイク,机,椅子,パソコン等の物品や,接触頻度の高いドアノブ,スイッチ等の消毒を定期的に行います。
 
 詳細については,8月上旬を目途に,学部等のホームページ等にてお知らせします。
 
3 令和2年度後学期授業実施について
 原則として,面接授業及びオンライン授業を併用して実施します。後学期の授業の受講にあたっては,以下の点に留意してください。

① 授業ごとの実施方法(面接授業,オンライン授業)などの詳細は,シラバスを確認してください。
② オンライン授業の受講に必要な通信環境を準備してください。
③ 事態の急変等による,学期途中における面接授業からオンライン授業への変更など,当初の授業実施方法に変更が生じる場合がありますので,学部等のホームページやポータルサイト等を随時確認するようにしてください。
④ 「日本大学健康観察システム(https://condition.nihon-u.ac.jp/)」を使用して,各自で毎日の体調を記録し,自身の健康管理を行うとともに,体調の異変を感じた際の登校は控えてください。
※欠席については配慮されます。欠席届出の方法等詳細は,学部等からの案内で確認してください。
⑤ 学部等が示すキャンパスへの入構に関する注意事項を確認してください。
⑥ 授業間の休憩時間などを利用して,こまめに手洗いや手指消毒薬による消毒を行ってください。
⑦ 休憩時の友人との会話などでは,真正面での会話あるいは近接での会話を避けてください。また,3密の環境を避けるよう注意してください。
⑧ マスクは,面接授業中など構内での着用はもちろんのこと,通学等での移動時にも着用してください。
⑨ オンライン授業での実施の場合は,前学期と同様に,授業担当教員がオンライン上での出席管理や確認的な課題の提出などにより,当該授業の受講状況を把握し,授業科目の到達目標を十分に達成できるよう,授業の設計と教員の教育責任を果たし,現行の成績評価基準を維持します。

 詳細については,8月上旬を目途に,学部等のホームページ等にてお知らせします。
 
4 奨学金などの支援について
 日本大学では,家計急変により学費等の支弁が困難な学生を対象に,「日本大学創立130周年記念奨学金」などの支援を行っています。詳細は学部等のホームページ等を確認してください。

5 学生支援について
 詳細については,8月31日(月)までに,学部等のホームページ等にてお知らせします。
 
6 不安な気持ちがあるなど,相談したいことがあったら
 通学を伴わない授業の長期化などで,心身の疲れが蓄積している方も多いことと思います。後学期での通学にあたっての不安などがございましたら,学部等の相談窓口に御連絡ください。