入試情報

統計資料

平成29年度 入学定員および入学者数(平成29年4月1日現在)

専攻 入学定員(A) 志願者数
(志願倍率※)
受験者数
(受験倍率※)
合格者数 入学者数(B) 入学定員充足率(B)/(A)
法務専攻 60 131
(2.2)
120
(2.1)
58 38 63.3%

※小数第2位を四捨五入

※併願者であっても,既修の選抜が先に行われ,既修者合格者となった者については,未修において合否の判定から除く。

ページの先頭へ戻る

平成29年度 入学試験結果(平成29年4月1日現在)

法学既修者試験
(2年短縮課程)
法学未修者試験
(3年標準課程)
合計
募集人員 35名 25名 60名
志願者数 62名 69名 131名
受験者数 58名 62名 120名
合格者数 34名 24名 58名
合格者の概要
性別 男性 31名 16名 47名
女性 3名 8名 11名
社会人の割合 55.9% 62.5% 58.6%
適性試験平均点 170.9点 177.7点 173.7点
適性試験最低点 131.0点 133.0点 131.0点

※併願者であっても,既修の選抜が先に行われ,既修者合格者となった者については,未修において合否の判定から除く。

ページの先頭へ戻る

収容定員および在学者数(平成29年4月1日現在)

専攻 収容定員
(A)
在学者数 収容定員充足率(B)/(A)
1年次 2年次 3年次 合計(B)
法務専攻 180 17 43 33 93 ※51.7%

※法学既修者は,所定の単位を修得した者として1年間在学されたものとみなされ,入学時から2年次生として取扱います。

ページの先頭へ戻る

修了者数および修了率(平成29年4月1日現在)

修了年度 コース 入学者数 標準修了年限修了者数 標準修了年限の修了率
平成17年度 既修者 60名 58名 96.7%
平成18年度 未修者 62名 57名 91.9%
既修者 42名 39名 92.9%
平成19年度 未修者 40名 34名 85.0%
既修者 47名 46名 97.9%
平成20年度 未修者 59名 46名 78.0%
既修者 40名 39名 97.5%
平成21年度 未修者 58名 51名 87.9%
既修者 43名 42名 97.7%
平成22年度 未修者 49名 36名 73.5%
既修者 50名 44名 88.0%
平成23年度 未修者 55名 41名 74.5%
既修者 52名 37名 71.2%
平成24年度 未修者 43名 19名 44.2%
既修者 48名 27名 56.3%
平成25年度 未修者 16名 9名 56.3%
既修者 18名 15名 83.3%
平成26年度 未修者 16名 12名 75.0%
既修者 18名 16名 88.9%
平成27年度 未修者 11名 6名 54.5%
既修者 15名 12名 80.0%
平成28年度 未修者 12名 6名 50%
既修者 17名 13名 76.5%

ページの先頭へ戻る

修了者の進路および就職状況(平成25年3月1日現在)

1. 進路の調査方法

①郵送による就職動向調査
・ 平成17~23年度本学修了生594名に郵送で調査を依頼
・ 調査期間 平成24年9月14日~同年10月1日
・ 回答数は93通(なお,転居先不明者68名)

②合格者に対する調査
・ 弁護士登録状況・個別の情報提供などで就職先を調査
・ 合格者 122名(上記回答と重複あり)

2. 調査結果による進路内訳

①上記調査で進路を把握した者
 189名

②合否

内訳 人数
合格 122名
不合格 29名
その他(受験勉強中など) 38名

③進路

内訳 人数
法曹三者 93名
企業・団体 12名
公務員・教員 2名
その他(修習中) 22名
その他(受験勉強中) 37名
その他(無職・アルバイト) 16名
その他(未記入・不明等) 7名

④参考:平成17~23年度修了生の合格後進路

内訳 人数
裁判官 2名
検察官 1名
弁護士 90名
(1)うち企業内弁護士として勤務 (5名)
(2)うち弁護士事務所勤務 (85名)
修習に行かずに就職 1名
修習中 22名
その他 6名
合計 122名

合格後進路

3. 本学からの就職支援を希望するか(就職動向調査回答者のみ)
合格後進路 日本大学法務研究科では,就職支援ワーキングチームを設置し,日本大学法曹会と連携するなどして就職支援活動を積極的に展開しています。
なお,平成23年司法試験合格者で新65期司法修習生の修習を終えた者は,全員就職が決まっています。

 

ページの先頭へ戻る