カリキュラム

履修モデル

志望にかかわらず共通の科目(必修)※表中の科目の単位数は全て2単位です。

  法律基本科目 法律実務基礎科目
未修1年次 憲法Ⅰ,憲法Ⅱ
民法基礎演習,民法Ⅰ,民法Ⅱ
民法Ⅲ,民法Ⅳ,民法Ⅴ
会社法,民事訴訟法
刑法Ⅰ,刑法Ⅱ,刑事訴訟法
 
未修2年次
既修2年次
憲法総合,行政法,行政法総合
民法総合Ⅰ,民法総合Ⅱ
商法総合,民事訴訟法総合
刑法総合,刑事訴訟法総合
法曹倫理
要件事実と事実認定の基礎
民事訴訟実務の基礎
刑事訴訟実務の基礎
未修3年次
既修3年次
【3年次は選択必修】
公法系演習Ⅰ,公法系演習Ⅱ
公法系演習Ⅲ
民事法系演習Ⅰ,民事法系演習Ⅱ
民事法系演習Ⅲ,民事法系演習Ⅳ
民事法系演習Ⅴ,民事法系演習Ⅵ
民事法系演習Ⅶ
刑事法系演習Ⅰ,刑事法系演習Ⅱ
刑事法系演習Ⅲ
刑事事実認定論
ページの先頭へ戻る

志望に応じて選択する科目(撰択必修)※表中の科目の単位数は全て2単位です。

■企業法務ロイヤーをめざす

「経済法」,「経済法演習」,「国際取引法」などの企業に関連する科目に加え,法律実務基礎科目の「企業法務」,隣接科目の「会計学」,企業法務に必要な展開・先端科目の「金融商品取引法」,「倒産法Ⅰ」,「倒産法Ⅱ」などを履修することで,企業法務に強い法曹をめざします。

  法律実務基礎科目 基礎法学・隣接科目 展開・先端科目
未修1年次 法情報調査 会計学  
未修2年次
既修2年次
企業法務 英米法 経済法
租税法
金融商品取引法
未修3年次
既修3年次
法文書作成   経済法演習
国際取引法
租税法演習
倒産法Ⅰ
倒産法Ⅱ
経済刑法
ページの先頭へ戻る
■市民生活に密着した法曹をめざす

「クリニック・ローヤリング」などの実務基礎科目を履修することで法律実務に必要な知識と技術を修得するとともに,「労働法Ⅰ」,「労働法Ⅱ」,「消費者法」などの市民生活に関連する法領域の展開・先端科目を履修することで市民生活に密着した法曹にふさわしい知識と理解を身に付けます。

  法律実務基礎科目 基礎法学・隣接科目 展開・先端科目
未修1年次 法情報調査 立法学  
未修2年次
既修2年次
  会計学 労働法Ⅰ
労働法Ⅱ
租税法
消費者法
未修3年次
既修3年次
クリニック・ローヤリング
法文書作成
  労働法演習
倒産法Ⅰ
倒産法Ⅱ
倒産法演習
民事執行法・民事保全法
ページの先頭へ戻る
■知的財産に強い法曹をめざす

「知的財産法Ⅰ」,「知的財産法Ⅱ」,「知的財産法演習」などの知的財産法分野に加え,「経済法」,「経済法演習」などの展開・先端科目を履修することで,知的財産法に関する幅広い知識と深い理解を修得します。

  法律実務基礎科目 基礎法学・隣接科目 展開・先端科目
未修1年次 法情報調査 会計学  
未修2年次
既修2年次
エクスターンシップ 英米法 経済法
知的財産法Ⅰ
知的財産法Ⅱ
未修3年次
既修3年次
法文書作成   経済法演習
国際取引法
知的財産法演習
消費者法
ページの先頭へ戻る
■環境問題に強い法曹をめざす

「環境法」,「環境法演習」といった環境法分野の科目に加えて,「消費者法」,「地方自治法」,「国際公法」など環境法の国内法的及び国際法的側面に関連する展開・先端科目を履修することによって,環境問題に対応しうる能力を身に付けます。

  法律実務基礎科目 基礎法学・隣接科目 展開・先端科目
未修1年次 法情報調査 立法学  
未修2年次
既修2年次
エクスターンシップ 英米法 国際公法
環境法
医療と法
未修3年次
既修3年次
法文書作成 独法 環境法演習
消費者法
地方自治法
情報法
ページの先頭へ戻る
■医療問題に強い法曹をめざす

「法医学」,「医療と法」,「医療紛争論」に加えて,「保険法」など医事法の理解に不可欠な展開・先端科目も用意し,医療紛争を適切に処理できる法曹を養成します。

  法律実務基礎科目 基礎法学・隣接科目 展開・先端科目
未修1年次 法情報調査 会計学  
未修2年次
既修2年次
エクスターンシップ 英米法 労働法Ⅰ
法医学
医療と法
未修3年次
既修3年次
法文書作成
クリニック・ローヤリング
  消費者法
保険法
医療紛争論
情報法
ページの先頭へ戻る