法務研究科紹介

法務研究科の使命

教育研究上の目的

 本研究科の目的は,法学の理論・知識をふまえた法律実務処理の基礎的能力のみならず,人間に対する深い洞察力,健全な社会常識を備えた法曹の育成にあります。倫理観,正義感の涵養を通じて,市民から信頼され,また企業活動のコンプライアンス等に通じた法律実務家を養成するとともに,総合大学の総合力,多様性を活かし,医療・環境・知的財産等の専門分野ヘの道を開くことを目指しています。

■法務専攻(専門職学位課程)

 理論と実務が密接に連携した双方向教育を展開し,法律基本科目の十分な理解,法律実務科目の習得の上に,多様な法的問題に柔軟に対応でき,法化社会の実現に資する専門性の高い法曹を養成します。

ページの先頭へ戻る