法務研究科紹介

日本大学大学院法務研究科の3つのポリシー

3つのポリシー

■本研究科は以下の3つのポリシーに基づいた教育となっております。

1. ディプロマ・ポリシー

 本法務研究科は,「人間尊重」を基本理念に掲げ,法律実務処理の基礎的能力のみならず,人間に対する深い洞察力,健全な社会常識を備えた法曹の育成を教育目標としています。学位授与に際してもこれらのことを重視し,本法務研究科の定める基本理念及び教育目標に則って設定した所定のカリキュラムを修了することを学位授与の要件としています。

2. カリキュラム・ポリシー

 高い倫理観,強い正義感に裏付けられた豊かな人間性を有し,健全な社会常識を備えるとともに,深い知識と柔軟な思考によって適切に紛争解決を図ることのできる法曹を育成するために,法律基本科目,法律実務基礎科目,基礎法学・隣接科目及び展開・先端科目を,体系的かつバランス良く履修できるよう構成しています。

 また,現代のさまざまな社会的要求に応え得る専門性の高い法曹への道を開くため,総合大学の長所を生かして,多彩な基礎法学・隣接科目及び展開・先端科目を開講しています。

3. アドミッション・ポリシー

 日本法律学校を前身とする日本大学の歴史は,人間尊重の理念に貫かれ,いつの時代においても,社会の中で苦しみ,困っている人に手を差し伸べる弱者保護の姿勢を堅持してきました。それは「豊かな人間性や感受性,幅広い教養と専門的知識,柔軟な思考力」を法曹の資質として求める司法制度改革の趣旨並びに法科大学院の理念に合致するものであります。

 選抜にあたっては,①個と集団への観察力と洞察力を備えているか。②法律学以外の素養にも支えられ,広い視野で思考する力があるか。③相手を論理的に説得する能力を持っているか,等の観点が重視されます。専門的知識への相当の精通,あるいは知識を吸収していく上での理解力はもとより,他者の立場に立って物事を判断する柔軟性,とりわけ,将来の法曹を担うにふさわしい人間性と高潔な使命感が吟味されます。

ページの先頭へ戻る