司法試験合格者の声

石井 隆尋 さん

平成26年3月未修者コース修了(平成26年合格・第68期修習生) 中央大学法学部法律学科卒業

努力の継続が活路を開く

困難な状況に陥っている依頼者の方と直に接し、起こっている問題の解決の手助けをすることで、直接的に個人や企業に貢献できることのできる弁護士という仕事に魅力を感じたことが、法律を勉強しようと思ったきっかけです。日本大学法科大学院へは、学費や奨学金関係のサポートが充実していること、ネット環境を備えている固定自習席の存在など学習環境が非常に充実していること、少人数教育ゆえに濃い教育・指導を受けることができると考えたことが決め手となって、入学を決意しました。

ロースクールの授業については、役に立ったことが多々あります。特に、公法系の授業では、充実した授業レジュメ等により、勉強の復習の質も向上しましたし、先生との対話を通じた双方向授業により、瞬発的な思考訓練も行うことができました。また、刑事系や民事系の授業においても、オリジナルの問題を用いた演習授業の中で、豊富な実務経験を有する先生の指導を受けることにより、事実を多面的に捉え、評価するという姿勢を身に着けることができたと思います。

選択科目では、倒産実務に関心があったこと、先生の指導方針がしっかりとしていると考えたことから、倒産法を選択しました。私が合格した平成26年司法試験において、倒産法では、100名もの科目別最低ライン点未満者が出る結果となりましたが、日本大学法科大学院の倒産法の授業は、基礎科目、演習共に極めて質が高かったために、在学中授業の予習復習を十分に行い、授業についていくことを継続していただけで、十分に合格に必要な実力を身に着けることができました。

司法試験には1回で合格することができました。上記の点の他、その要因となったのは、ともに切磋琢磨しあう勉強仲間に出会えたことだと思っています。自主ゼミを共に行っていた同期の受験者も同じく本年の司法試験合格を果たしています。ある程度の期間継続して勉強を続けるにあたっては、勉強内容がマンネリ化しないためにも、モチベーションを維持するためにも、競い合うライバルの存在は必要不可欠だと思います。少人数教育だからこそ、自然と身近な勉強仲間と競い合う関係が形成されたのだと思います。

司法試験は困難な試験ではありますが、自分で対策を練った上で計画的に努力を重ねていけば、多くの人が十分に合格しうる試験だと思っています。日本大学法科大学院には、そのような努力を行う上での、十分なサポート体制が整っています。そのサポート体制を最大限活用し、司法試験合格に向けて頑張ってください。

ページの先頭へ戻る