司法試験合格者の声

田口 晃子 さん

平成23年3月既修者コース修了(平成26年合格・第68期修習生) 日本大学法学部法律学科卒業

法曹になるために

私は、将来人の役に立てるような仕事に就きたいという思いと、法曹という仕事が格好良いなという漠然とした思いから法律の勉強を始め、日本大学法科大学院に入学しました。

法律の勉強は難しく、一人で本を読むだけでは理解するのが難しい学問です。しかし、日本大学法科大学院の授業では、質疑応答を通じて学生の間違った理解を正したり、重要な判例の解説をわかりやすく説明をしてもらえます。また、実務家教員が多いため単に学術的な視点だけでなく実務的な視点で問題をどのように考えるべきかというアドバイスをもらうことができます。そして、気さくな先生が多いので、授業外でも気軽に研究室に質問に行くこともできます。

また、日本大学法科大学院は、OB・OGが多く先輩方に相談しやすい環境にあるのも特徴の一つです。夏休みには、エクスターンという授業を履修することができ、OB・OGの先輩の事務所に1週間訪問し弁護士という仕事を肌で感じることができます。普段勉強している法律を依頼者のためにどうやって活用することができるのかといった点から依頼者のために気をつけていることなど、普段の授業では聞くことができない貴重な体験ができたことは、修了した後も勉強の励みになっていました。

授業以外にも、固定の自習席、パソコン室、図書室やゼミ部屋の利用は在学生だけでなく修了生も利用することができます。また、修了生を対象にした自主ゼミを先生方が開講してくださるなど他の法科大学院に比べてもサポートも充実していますので、安心して勉強ができます。実際、修了後もこれらのサポートを受けることで私も無事に合格することができました。

今後は、私も修習を受けて法曹の一員になります。法曹は、法的な悩みや問題を抱えている人達と多く接する仕事です。その人達にしっかり寄り添い、役に立てるような法曹になれるように頑張っていこうと思っています。

法曹の仕事は、人の生活を大きく変えるため、その分司法試験で求められることは難しくて大変です。しかし、司法試験は自分を客観的に分析し、きちんと合格に向けて努力して勉強すれば合格できる試験ですし、努力するだけの価値がある試験だと思います。それに、日本大学法科大学院では、勉強をするための充実した環境が既に整っています。あとは、自分で机に向かって勉強するだけです。ぜひ頑張ってください!

ページの先頭へ戻る