よくある質問

生活面で悩みが生じた場合の配慮について教えてください。

いつでも生徒相談室を利用してください。

 生徒相談室(学校カウンセリング)は、心の悩みをかかえた生徒とカウンセラーとが相談室で話をし、生徒が生き生きとした中学・高校生活を過ごせるように援助するところです。本校では昭和63年度から相談室を設けました。臨床心理士の資格を持つカウンセラーが2名、日本大学インテーカー取得者(大学で認定している相談者の援助ができる資格)教員41名・職員が3名おります。

 また保護者の方々へも様々な悩み事の相談に応じており、電話相談も行っております。

 なお、相談の内容については、秘密保持が徹底され、他に漏れることがありませんので安心して相談ができます。また保健室と相談室は中でつながっていますので、相談室へ入りにくい人は保健室から出入りできます。

高校からは外部進学生と内部進学生は同じクラスになりますか?

はい。同じクラスになります。

平成27年度実績では、体育大会や桜苑祭などの学校行事を通して、クラスの団結力を高め、友人同士の親睦を深めました。
※平成28年度入学生の実績では、外部進学生と内部進学生の比率は1対1です。

各学年の在籍者の男女比はどれくらいですか?

現在中学・高校の男女比はおよそ男子「60%」に対して女子「40%」の割合です。

 よく「日本大学中学校では生徒募集の際、男女の数を決めているのですか?」と聞かれますが、そんなことはありません。また、「男女比が3対2というのは女子生徒の肩身が狭くないか」という心配もあるようですが、実際そのような心配はありません。女子生徒もとても活発に学校生活を送っています。

生徒はどこから通学しているか居住地域について教えてください。

横浜市からは約59%、川崎市からは約19%、そして東京からも約16%の生徒が通学しています。

スクールバスについて教えて下さい。

横浜市からは約59%、川崎市からは約19%、そして東京からも約16%の生徒が通学しています。

 登下校時における生徒の安全確保のため、日吉駅よりスクールバスを運行しております。また、平常の授業以外の日でも入試説明会、保護者懇談会、桜苑祭(文化祭)など各種学校行事にも対応しています。登校時は朝7:10から、下校時は部活動の終了に対応して最終バスは19:00に出発します。

トップへ戻る