▶日本大学女性研究者支援推進ユニットのTOPページへ

2011.3.8 『キャリアウェイ・ユニバーサル化日大モデル』事業総括シンポジウム

日 時: 平成23年3月8日(火)13:30~18:00(開場 13:00)
場 所: 日本大学会館2階大講堂 [参加費無料]
(東京都千代田区九段南4-8-24 市ヶ谷駅徒歩3分) ▶ 地図

事前にお申し込みください(締切3月5日(土))

日本大学は平成20年度科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業に採択され、平成22年度が最終年度となる。本事業では、産業界を含む多様な女性研究人材開発と次世代の継続育成のために、様々な支援や環境整備を行ってきた。本シンポジウムでは、文部科学省私学部長に基調講演をいただいた後、事業の総括として、それらの活動成果および外部評価結果・講評を報告する。また、事業実施に関わったメンバーがこの活動を通して得られたものについて発表し、日本大学の今後の女性研究者支援推進について、パネルディスカッションの形で聴衆とともに語り合う

プログラム

  総合司会:熊谷日登美
(日本大学研究委員会男女研究者共同参画専門部会女性研究者支援推進ユニット意識改革チーム長
日本大学生物資源科学部准教授 )

13:30-13:40 開会の辞 酒井 健夫 (日本大学総長)
13:40-14:10 基調講演 河村潤子(文部科学省高等教育局私学部長)
「私立大学における男女共同参画への期待  課題を越えて」
14:10-14:30 活動成果報告 野呂知加子(日本大学生産工学部・准教授、推進ユニットコア長)
14:30-14:40 外部評価結果と講評 外部評価員委員長  有本建男(科学技術振興機構社会技術研究開発センター長)
14:50-16:00 パネルディスカッション 「女性研究者支援事業を通して得られたもの、そして今後について」
司会進行:女性研究者支援推進ユニット長 落合豊子
参加者 :
女性研究者支援推進ユニットメンバー/
外部評価員 柳澤成江(農林水産省動物検疫所精密検査部海外病検査課課長,
日本大学生物資源科学部出身)
16:00-16:10 閉会の辞 出村 克宣(日本大学副総長)
16:20-18:00 懇親会 (参加無料)

託児お申し込み (締切:3月2日)

シンポジウム開催中、臨時託児所を設置いたします。→ 詳しくはこちらをご覧下さい
ご利用希望の方は、下記、「託児申込書」(PDF書類)をダウンロードしていただき、必要事項を明記の上、
メールにて日本大学・女性研究者支援推進ユニットへご送付ください。

期間
2011年3月8日(火)13:00~18:00

▲このページのTOPへ