日本大学危機管理学部

ABOUT学部案内

学部案内

授業科目一覧

卒業に必要な履修科目と単位数

危機管理学部では卒業単位を124単位以上とし,各年次ごとの履修上限を44単位と定めています。積み上げ式による最適な学修効果を発揮できるようセメスターによる科目配置をしています。

卒業の要件[890KB]

総合教育科目

科目区分 科目区分の概要
総合科目 現代社会にある危機について考えるとき,人類がこれまでに経験した様々な危機に対して向き合った「記録」が必要となります。総合科目として設置されている科目は,人間が行った様々な知的活動に基づいて,現代社会を生き抜くために必要な知識や概念を,体系に従って整理したものです。それらは,自分の内面と向き合うとき,複数の人間がそれぞれの価値をぶつけ合うとき,さらに人間を取り巻く自然の世界と対話するときの「記録」であり,人文科学,社会科学,自然科学に大別されています。
基礎教育科目 全学統一科目 日本大学において全学的に導入した初年次教育科目です。本学の教育理念・目的である卓越した想像力・判断力・コミュニケーション力を持つ,人間力豊かな自主創造型パーソンを育成します。
コンピュータ科目 各種コンピュータシステムを利用するための基本的な技能・知識・マナーを学び,情報検索を含むインターネット,文章作成,表計算,プレゼンテーション等のソフトについて,基本的な操作ができるようになることを目標としています。
健康・スポーツ科目 「スポーツ実技」では,基礎体力測定を実施し,体力の現状を把握します。また,様々なスポーツを通して,生涯にわたってスポーツを実践する価値を理解していきます。「スポーツ講義」では,スポーツと健康に関わる科学的な理論を学修します。授業を通して,健康的な生活に対する自覚と認識を持つことができるようになることを目指します。
外国語科目 将来必要となる実践的英語力を身に付け,国際的視野から異文化を理解し,今日の社会的要請に則した「使える英語」力を強化するための科目を設置しています。1クラス30人程度の能力別少人数クラス構成の実施と,大学4年間を通じて語学を継続的に学修する科目を設置しています。
拡張外国語科目

専門科目

科目区分 科目区分の概要
専門基幹科目 1,2年次から開始される基礎的かつ基幹的な専門科目です。リーガルマインドとリスクリテラシーを併せ持った人材を育成するための基礎的で基幹的な法学系と,危機管理系の科目を設置しています。
専門展開科目 共通領域科目 専門展開科目に設置されている4領域を学ぶために,共通して必要になる知識を身に付けるための専門科目群です。
災害マネジメント領域 地震・津波・火山活動・台風などによる自然災害,原子力事故や運輸事故などの大規模事故による人為的災害について,被害を最小化する防災・減災のための対策と,レジリエントな社会の構築が求められています。この領域では,上記のような幅広い災害対策に必要な法制度について学び,リスクマネジメントとクライシスマネジメントの両面から,災害対策の理論と実践を学ぶための科目を設置しています。
パブリックセキュリティ
領域
社会で発生する様々な犯罪からテロリズムなど国民保護の対象となる事案まで学びます。具体的には,公共の安全を確保するための犯罪捜査,刑事政策,警察政策などの司法制度と行政組織について学びます。そのため,法学的な知識と素養を基礎とした社会安全対策に関する知識と実践力を身に付けるための科目を配置しています。
グローバルセキュリティ
領域
日本を取り巻く国際環境から発生する政治的,経済的,軍事的な紛争の予防や解決,国際テロの脅威への対応について,さらには国際的な取組が求められる人権問題や環境問題などの普遍的課題について,国際安全保障研究の観点から教育する領域です。国際法を基礎に法学,国際政治学,国際安全保障研究に関する知識と判断力を身に付けるための科目を配置しています。
情報セキュリティ領域 現代における情報環境の進化,ネットワーク環境の進化により,世界的に情報セキュリティや情報保全の重要性が高まっています。そのため,政府や自治体だけでなく,企業や学校などの幅広い組織において情報管理の重要性,知的財産保護の必要性が認められ,情報法に関する知識が求められる時代となっています。この領域では,法学的アプローチを中心に,情報セキュリティの問題を考察する科目を配置しています。
演習・ゼミナール等 少人数制教育の演習として基礎演習・ゼミナール・特殊研究を設置し,専門性の高い教育指導を展開します。

能力開発と授業科目

能力開発と授業科目[213KB]

履修系統図(カリキュラム・マップ)

履修系統図(総合教育科目・専門科目)[1,000KB]

実務経験のある教員等による授業科⽬

領域 配当年次 授業科目名 授業担当教員 開講曜日時限 単位数
前学期 後学期
総合教育科目 1年 統計学1 今野 広紀 水1 - 2
統計学2 - 水1 2
経済学1 清水 千弘 木1 月1 2
経済学2 月1 木1 2
心理学1 種ケ嶋 尚志 火3 - 2
心理学2 - 火3 2
救急処置法 布袋屋 浩 月3 - 2
専門教育科目 リスクコミュニケーション論 福田 充 - 火2・火3 2
危機管理学概論Ⅰ 火1・木3 - 2
危機管理学概論Ⅱ 河本 志朗 - 月1・月2 2
ボランティア論 黒田 洋司 - 木4 2
リスクマネジメント論 山下 博之 火3・木2 - 2
2年 安全保障論2(国家安全保障) 安藤 貴世 - 木4 2
国際人道法 - 水3 2
国際法 水2・水3 - 2
人権論 水4 - 2
マスコミュニケーション論 勝股 秀通 金1・金2 - 2
刑事政策 金山 泰介 - 水4 2
警察制度 - 水3 2
社会安全政策論 水1・水3 - 2
ストラテジー 川中 敬一 - 月4 2
セキュリティ論 河本 志朗 火3・火4 - 2
国民保護 - 火4 2
災害と法 木下 誠也/鈴木 秀洋 - 月4 2
自然災害論 木下 誠也 水3・水4 - 2
地域防災論 - 水4 2
ヒューマンエラー論 木村 敦 - 火3・木2 2
社会心理学 - 火4 2
ロジスティクス論 工藤 聡一 金2・金3 - 2
企業取引と法(ロジスティクス法) - 金3 2
大規模事故論 小林 智之 - 金3 2
情報法 小向 太郎 金2 - 2
刑事司法手続Ⅰ 澤田 康広 金1 - 2
刑事司法手続Ⅱ - 金1 2
犯罪心理学 島田 貴仁 火1 - 2
行政法と行政過程Ⅰ 鈴木 秀洋 木1・金4 - 2
行政法と行政過程Ⅱ - 木1 2
地方自治と法 - 水4 2
情報倫理 髙良 幸哉 木1 - 2
メディアコミュニケーション論 福田 充 - 火3 2
情報管理論 藤井 秀之 - 木4 2
情報システム論 美濃輪 正行 - 月1・月4・水3 2
災害対策論 山下 博之 火5・金1 - 2
消防救急 - 水2 2
防衛法制 吉田 正法 - 月4 2
3年 国際協力論 安藤 貴世 金3 - 2
企業広報論 勝股 秀通 - 金3 2
警察政策 金山 泰介 火1 - 2
犯罪と捜査 水4 - 2
テロ対策論 河本 志朗 金3 - 2
海外安全対策 - 金3 2
ライフライン防護 木下 誠也 - 水3 2
救援活動論 黒田 洋司 木4 - 2
企業コンプライアンス論 指田 朝久 木3 - 2
インテリジェンス論1(特論) 茂田 忠良 水2 - 2
インテリジェンス論2(セキュリティサービス) - 水2 2
行政法と行政過程Ⅲ 鈴木 秀洋 水4 - 2
運輸保安 平川 登紀 - 火2 2
サイバーセキュリティ論 藤井 秀之 木4 - 2
企業研究 宮脇 健 火5 - 2
復旧・復興論 山下 博之 - 月4 2
防衛政策 吉富 望 火2 - 2
4年 国際地域研究1(アジア・オセアニア) 川中 敬一 月4 - 2
事業継続論(BCP・BCM) 山下 博之 月4 - 2
単位数合計 128

寄附講座

授業科目名 協力企業・団体名
教養特殊講義1(損害保険と危機管理) 一般社団法人日本損害保険協会
教養特殊講義2(企業が直面する危機管理) デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社
危機管理特殊講義2(デジタルリスク) 株式会社エルテス