本学柔道部OBの向翔一郎選手と原沢久喜選手が東京五輪代表内定!!

2月27日、全日本柔道連盟は強化委員会を開き、新たに東京五輪の代表に内定した12選手を発表し、本学柔道部OBの向翔一郎選手(ALSOK、H30・法学部卒)と原沢久喜選手(百五銀行、H27・法学部卒)が東京五輪代表に内定しました。
 

90㎏級 向翔一郎選手(ALSOK、H30・法学部卒)

柔道GS 男子90㎏級で3位になり、銅メダルを胸に笑顔の向翔一郎選手(共同通信社)


男子90㎏級の向翔一郎選手は初の五輪代表。

昨年の世界選手権大会では準優勝,2月23日に行われた柔道グランドスラム・デュッセルドルフ大会では3位と、国際大会で安定した活躍をみせています。

100㎏超級 原沢久喜選手(百五銀行、H27・法学部卒)

ワールドマスターズ 男子100kg超級で優勝し、金メダルを手にする原沢久喜選手(共同通信社)


男子100㎏超級の原沢久喜選手はリオ五輪に続く、2大会連続の代表内定となりました。

前回リオ五輪同種目では銀メダルを獲得している原沢選手、昨年の世界選手権大会準優勝や、昨年12月に中国で行われたワールドマスターズでは同種目優勝などの成績を収めています。


 





東京五輪でのメダル獲得を目指す両選手へご声援よろしくお願いします。