【陸上競技部】セイコーゴールデングランプリにおいて本学陸上競技部の選手・OBが活躍

 セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京が8月23日に新国立競技場にて行われ,本学陸上競技部の山本竜大選手(大学院総合社会情報研究科1年)が男子400mH3位,江島雅紀選手(スポーツ科学部4年)が男子棒高跳2位,橋岡優輝選手(スポーツ科学部4年)が男子走幅跳において優勝。新型コロナウイルスの影響で多くの大会が中止となる中,久しぶりの大会で好成績を残しました。
 また,本学陸上競技部OB・OGの選手も出場。北口榛花選手(スポーツ科学部卒・JAL)の女子やり投優勝をはじめ,ケンブリッジ飛鳥選手(文理学部卒・Nike)が男子100m2位,澤慎吾選手(文理学部卒・きらぼし銀行)が男子棒高跳3位となるなど活躍を見せました。


 

男子走幅跳7m96で優勝した橋岡優輝選手(スポーツ科学部4年)
(共同通信社)


 男子走幅跳の橋岡優輝選手,1回目の試技で全体のトップとなる7m96をマーク。続く2回目以降は大きなジャンプを見せるも惜しくもファール。最終6回目の試技は7m80と,1回目の記録更新には至らなかったものの,1回目の記録を上回る選手は現れず,橋岡選手の優勝が確定。高校時代から数えて今大会5回目の出場で初優勝を果たしました。

 同種目ではOBの小田大樹選手(文理学部卒・ヤマダ電機)が7m62で4位。昨年の優勝者である山川夏輝選手(文理学部卒・東武トップツアーズ)が7m62で5位となった。※試技の成功数により5位



 

男子棒高跳で準優勝の江島雅紀選手(スポーツ科学部4年)
(共同通信社)


 男子棒高跳の江島雅紀選手は5m40,5m50を共に3回目でクリア。この時点で,5m50をクリアしたのは江島選手と山本聖途選手(トヨタ自動車)の2名のみとなり,事実上の一騎打ちとなった。続く5m60,江島選手は果敢に挑戦するものの,3回連続でバーを越えることが出来ず競技終了。2回目で5m60を超えていた山本選手の優勝が決まり,江島選手の2位が確定した。

 こちらもOBが活躍,澤慎吾選手が5m40で3位。澤野大地選手(スポーツ科学部専任講師・富士通)が5m30で5位となった。


 


 男子400mHに出場した,山本竜大選手は昨年度まで陸上競技部の主将として活躍。今年の4月に大学院生となり,競技を続けている。先日行われた東京都選手権では同種目で優勝を果たすなど好調をキープし,挑んだ本大会。最後の障害を跳び終えた時点で4位。最後の直線で粘りを見せ,一人を抜き,3位に入賞しました。
 
 さらに,女子やり投では3月に本学を卒業したばかりの北口榛花選手が59m38で見事優勝。男子100mではケンブリッジ飛鳥選手が予選を10秒11の全体2位,今シーズンのベストタイムで通過。決勝では後半大きな伸びを見せるが,惜しくも0.02秒差で2位となりました。

 

女子やり投げ優勝の北口榛花選手(スポーツ科学部卒・JAL)(共同通信社)

男子100m決勝,0.02秒差で惜しくも2位となったケンブリッジ飛鳥選手(右)(文理学部卒・Nike)(共同通信社)