2016プロ野球ドラフト会議

2016年プロ野球ドラフト会議で、京田陽太選手が中日ドラゴンズから2位指名されました。
指名直後の京田選手と仲村監督に、その心境を聞きました。

――おめでとうございます。今の気持ちは?

ありがとうございます。ホッとしたというのが正直なところです。これで新たなステージで野球ができるなと…。

――ドラフト会議が始まってからずっと緊張されていましたね。

朝からドキドキそわそわしていましたが、時間が経つにつれて緊張が高まっていきました。
今は一息ついたという感じです。長い一日です(笑)。

ドラフト2位指名が決まった瞬間の京田陽太選手

ドラフト2位指名が決まった瞬間の京田陽太選手

――中日ドラゴンズの2位指名です。どんなイメージがありますか?

まさか自分が2巡目で来るとは思っていなかったので驚きました。
今年は残念な結果ですが、いいチームだと思います。地元の北陸にも近いので、他の球団よりも身近に感じていました。北陸での試合もありますし、今後、試合に出られれば地元の知人も見に来てくれやすいですしね。

――同じ内野手の大山選手(阪神D1位)や吉川選手(巨人D1位)が先に指名されましたが。

特に焦りはありませんでした。二人ともいいバッターですし、大学侍ジャパンで一緒にプレーした仲間なので、自分のことのようにうれしかったですね。同じセ・リーグなのでどこかで一緒に戦いたいですね。

――中日には1位で柳投手(明治大学)が指名されました。

彼も代表で一緒に戦っていいピッチャーだと思っていたので、同じチームになれて良かったですね。早く柳の後ろを守れるように頑張りたいです。

――中日は来季から森新監督になりますが。

柳の指名後に森監督のインタビューを見ましたが、怖かった(笑)。

――プロ野球選手になるという子供のころの夢が叶うことになりましたが、どういう選手になりたいですか。

堅実な守備と全力で取り組む姿勢を見てほしいですね。あとはピッチャーに安心感を与える選手。京田のところに飛べばアウトになるというような信頼される選手ですね。ただ守備でも打撃でも、どういう形であれチームに貢献できるようになりたいし、与えられた仕事をしっかりこなせる選手になりたいと思います。

――キャンプではどういうところをアピールしていきたいですか。

自分のセールスポイントは堅実な守備なので守れるプレーヤーを目指します。プロのスピード感は大学とも違うと思いますが、自分は誰よりもボールを捕ってきたという自負もあるので、フィールディングの面でアピールしたいですね。もちろんプロのスピードに慣れるためには、しっかり準備もしないといけないと思っています。
新人合同自主練習に自分のベストパフォーマンスをもっていけるようにしたいです。

――バッティングのほうはどうですか。

バッティングはプロに入ってから教えてもらえば成長できると思っています。簡単に当てにいってしまうこともあるので、それが課題だと思いますが、キャンプまでまだ時間があるので、しっかり自分のスイングができるように意識して、どのボールが来ても打てるように練習したいと思います。状況にあわせたバッティングができるようになりたいです。
しかし、野球だけではなく挨拶や気配りなども社会人としてしっかりやっていきたいと思っています。

落合実(野球部部長)、京田陽太選手、仲村恒一(野球部監督)

落合実(野球部部長)、京田陽太選手、仲村恒一(野球部監督)

――これからの目標はありますか。

まずは開幕1軍というのも目標ですが、日大の看板を背負ってプロにいくので、それに泥をぬらないように頑張っていきたいですね。今の自分があるのは日大での4年間があってこそなので。あとはケガなく試合に出続けられるような選手になりたいです。

――大谷・藤浪世代と言われますが、先にプロ入りした選手達を意識しますか。

意識しますね。先にプロの道に行って、最初は悔しいと思う時期もあったのですが、今はようやく同じ舞台に立てるようになったので、早く追いつき追い越せるように頑張りたいです。特に阪神の北條選手は高校時代からライバルだったので、同じグラウンドに一日でも早く立てるようになりたいです。

――ドラゴンズの守備陣の中に入っていくわけですが。

若い選手が多いので、何とか必死にくらいついて開幕を迎えたいと思います。二遊間ということで荒木選手からは、いろいろ技術的なことを盗んでいきたいですね。

――目標とする選手は?

OBの立浪さんのように走攻守三拍子そろった選手です。中学のときに立浪さんの本を読んで、その考え方などとても参考になりました。プレーヤーとしてもタイプが似ているので。今もその本は持っていますよ(笑)。

――ご両親にはどう言われましたか。

良かったねと。高校から大学まで親元を離れてここまでやらせてくれたので、両親の配慮には感謝しています。

――サインを書くときに言葉を添えるとしたら?

サイン自体はまだ考えていませんが、言葉を添えるとしたら「向上心」ですね。常に上を向いて取り組んでいこうと考えているので。

――新人王を目指してください。活躍をみんなで期待しています。

期待に応えられるように頑張ります。

仲村監督からのメッセージ

中日といういい球団に指名されてうれしく思います。プロ野球の世界ではどうしてもケガがついてまわるものですが、ケガ・故障なく1年間乗り切れるように体を作っていってもらいたいです。4年後にはオリンピックもあるので、その時に中心選手としてプレーできていたら素晴らしいことだと思います。