日本大学スポーツ科学部

学部案内

カリキュラム概要

カリキュラムの概要

スポーツ科学部では,「コーチング学」を中核領域に捉え,⾃然科学,医科学,社会科学及び形式科学にわたる学際的かつ総合的な教育課程を編成しています。ここでいう学際というのは,対象となる事象が複数の学問分野にまたがっていることを意味していますが,競技スポーツの実践現場でも,ある⼀定の専⾨化・細分化された学問だけでは対処できない課題や問題が多数みられます。競技スポーツの実践現場では,それらの課題や問題に対処しながら解決⽅法を⽰したり,その⽅法を実践していく(適応させていく)などの問題解決能⼒が求められています。このような能⼒は,アスリートにもコーチにも求められています。
本学部のカリキュラムでは上記のことに対応していくために,専⾨科⽬として「実習科⽬」,「基礎科⽬」,「共通科⽬」,「コース科⽬(アスリートコース,スポーツサポートコース)」を設置しています。また,基礎から応⽤へと積み上げながら,アスリートとしての運動創発能⼒,コーチとしての運動促発能⼒といった実践⼒を「実習科⽬」,「コース科⽬」を通して養っていきます。

さらに,本学部の学びの基礎学問領域として「コーチング学原論」,「トレーニング学原論」などを置き,その下位領域に競技⼒向上の構成要素の観点から,「技術」,「戦術」,「体⼒」,「試合」,「チームマネジメント」などに関する⼀般論を配置しています。そして種⽬類型の観点から「個⼈スポーツ論」,「球技論」,「武道論」,「冬季スポーツ論」などを配置しています。「アスリートキャリアデザイン」,「スポーツ・インターンシップ」の授業では,実践⼒のある社会⼈になるための職能形成を⽬指す内容が含まれています。

このようなカリキュラム構成の中,専⾨科⽬のみで94単位を修得していくこととなりますが,専⾨的知識を合理的に適⽤する,いわゆる「技術的熟達者」としての能⼒のみならず,「実践−省察−概念化」といった知の循環サイクルの中で帰納的理論構築を通した「反省的実践家」としての実践⼒を育成していくことを重視した教育課程を編成しています。

反省的実践家の思考
反省的実践家の思考

カリキュラムの特長

1年次に,全員を対象とする「⾃主創造の基礎1・2」の設置

⽇本⼤学の建学の精神等を踏まえ,本学部で学びを進めていくための基礎的能⼒を⾝に付けます。
この授業では,知識を覚えることのみに終始するのではなく,「⾃ら考え⾏動すること」に主眼を置き,学⽣参加型の授業が展開されます。

2年次から選択するコース制

コース制は,1年次の基礎科⽬を⼟台に,学⽣⾃⾝の学びの重きが将来のキャリアに結びついていくように展開されます。具体的には,「アスリートコース」と「スポーツサポートコース」の2つのコースからどちらか⼀つを選択します。

コーチング学を中核領域として捉えた「競技スポーツ学」の理論を総合的に学ぶ

本学部の学びの中核領域はコーチング学であり,⾃然科学・医科学・社会科学・形式科学といった領域の知識を学際的かつ総合的に学びます。また,競技スポーツを対象として,⾃⾝の競技⼒向上のみならず,指導⽅法やサポート⽅法についても学んでいきます。

実習科⽬の重視

本学部は競技スポーツ分野における「反省的実践家」としての能⼒を養成するために,実習科⽬を段階的に配置しています。具体的には「競技スポーツ実習」,「競技スポーツ習得実習」,「競技スポーツ⽅法実習」等の科⽬を通して,アスリートとしての運動創発能⼒,コーチとしての運動促発能⼒といった実践⼒を養っていきます。

充実したキャリア教育

競技スポーツに関わる団体・企業等の⼈材やマネジメント⼿法を分析し,「アスリートキャリアデザイン」や「スポーツ・インターンシップ」等の科⽬を通して,キャリア教育に⼒を⼊れていきます。

4年間の学び

4年間の学び

反省的実践家とは,問題や課題を発見し,その問題や課題に対する情報の収集と分析力を有し,解決することのできる能力を身に付けた人を指します

専門科目

実習科目
競技スポーツ実習Ⅰ~Ⅳ,競技スポーツ習得実習Ⅰ~Ⅵ,競技スポーツ方法実習Ⅰ~Ⅳ,スポーツキャンプ実習Ⅰ~Ⅵ
基礎科目
競技スポーツ原論,コーチング学原論,トレーニング学原論,スポーツ運動学原論,スポーツの法と倫理,近代スポーツ史,スポーツ生理学の基礎,スポーツ医学の基礎,機能解剖学の基礎,スポーツ栄養学の基礎,スポーツ心理学の基礎,バイオメカニクスの基礎,コーチングのための健康管理の基礎,スポーツ社会学の基礎
共通科目
コーチング学研究法演習,試合論,スポーツ生化学,メンタルマネジメント,トレーニング計画論,救急処置法,アダプテッド・スポーツ,スポーツ生理学演習,スポーツ社会学演習,スポーツ運動学演習,メンタルマネジメント演習,トレーニング計画論演習,タレントの発掘と育成,スポーツ栄養学演習,バイオメカニクス演習,コーチング学演習,スポーツ医学演習,アダプテッド・スポーツ演習,ドーピング論,スポーツとメディア,スポーツ観察演習Ⅰ~Ⅳ,コーチング演習Ⅰ~Ⅵ,アスリートキャリアデザインⅠ・Ⅱ,スポーツ・インターンシップⅠ~Ⅳ
アスリートコース科目
技術トレーニング論,体力トレーニング論,戦術トレーニング論,個人スポーツ論,球技論,武道論,冬季スポーツ論,技術トレーニング論演習,体力トレーニング論演習,戦術トレーニング論演習,個人スポーツ論演習,球技論演習,武道論演習,冬季スポーツ論演習
スポーツサポートコース科目
スポーツ制度・行政,スポーツ経営管理,アスレチックリハビリテーション,スポーツ測定評価,チームマネジメント論,スポーツマッサージ演習,アスレチックリハビリテーション演習,コーチングのための栄養学,スポーツ測定評価演習,チームマネジメント論演習,スポーツマネジメント演習Ⅰ~Ⅳ
演習・卒業研究・卒業論文
ゼミナールⅠ・Ⅱ,卒業研究,卒業論文