養成する人材像


社会の広い分野で活躍できる「反省的実践家」を養成

スポーツ科学部の教育の根幹をなす理念は、「競技スポーツにおける実践力のある反省的実践家の養成」です。「反省的実践」とは、自ら実践しながら問題や課題を的確に発見・分析し、解決策を導き出して再び実践にフィードバックすること。「反省」と「実践」の反復こそが、アスリートやその指導者の質を高めるための原動力です。そのような資質を備えた人は、スポーツ関連領域のみならず、社会のあらゆる分野で有用な人材となるでしょう。


デジタルパンフレットや、進学ガイドなどの請求

今すぐ詳細を見る