日本大学スポーツ科学部

学生生活

学生の1日 スポーツサポートコース

Y.T

Y.T

競技スポーツ学科 スポーツサポートコース4年
埼玉県立浦和西高等学校出身

競技者との結びつきを強め,
幅広い学びでスポーツ界を支える。

高校時代に所属していたサッカー部で怪我によって長期間プレーができませんでした。その際にトレーナーの方のサポートで無事競技に復帰できたこと,そして復帰した際にコーチから効率の良い身体の動かし方を教わったことで自身のプレーが改善された経験から将来スポーツを支える仕事がしたいと考え,コーチング学やスポーツ医学,スポーツ運動学など,スポーツを総合的に学べるスポーツ科学部に進学することを決めました。

1日の流れ

1限目
文献検索
2限目
スポーツマネジメント演習Ⅲ
昼休み
昼食
3限目
卒業論文テーマの実験
4限目
卒業論文テーマの実験
5限目
卒業論文
メディアコーナー
メディアコーナー

レポート作成は
充実したPC環境で仕上げる

連絡事項のチェックや蔵書などの調べ物にも便利。出力機を備え,急な課題提出にも対応できます。

教室
教室

半年の学習の成果をみんなの前で披露

スポーツマネジメント演習の研究発表にて。3週間かけて準備したテーマは「Jリーグで勝つために」。

学生ホール
学生ホール

勉強の息抜きに集う憩いの場

広いホールはサークルの打ち合わせや友達との待ち合わせなど,自由に使えていつもにぎやか。

大型トレッドミル
大型トレッドミル

アスリートの
パフォーマンス向上を研究中

低酸素下における有酸素運動の分析方法を学修中。分析結果はトレーニング計画の見直しに役立てます。

流水プール
流水プール

水流をつくりだすマシンで
泳ぎをチェック

ビデオ撮影しながらフォームやスピードをチェック。別室でデータ解析し,競技者へのアドバイスにつなげます。

ゼミナール
ゼミナール

バイオメカニクスを
コーチングに有効活用

所属するゼミナールでは,競技者の運動時の動作を計測・分析し,正しいトレーニングや競技力の向上に活用しています。身体のメカニズムを分析するためには幅広い知識が必要で,正直,難しいと感じることも多いです。でも,それ以上にスポーツを紐解く喜びがあるので,やりがいを持って取り組んでいます。