スポーツ科学部 案内

スポーツ科学部について、ご紹介いたします。

スポーツ科学部3つのポリシー

1.卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

本学における教育理念である「自主創造」の精神に基づき、スポーツ立国を目指す我が国の競技スポーツの発展に貢献するべく、以下のような能力を学修した学生に、「学士(体育学)」の学位を授与する。

  • 競技スポーツに関連する諸側面についてコーチング学を中心に学際的で総合的な知識の修得
  • スポーツ科学分野の専門的な知識と、複雑化した競技スポーツに関する諸問題を認識し、課題を概念化しながら解決していく反省的実践家としての能力の修得(課題解決力、状況把握力、創造的挑戦力、専門的技能等)
  • アスリートとしての運動創発能力(自ら運動を習得していく能力)とコーチとしての運動促発能力(できない者に運動を身に付けさせる能力)の修得(分析力、探求力、表現力、対話力等)
  • アスリート、コーチ、サポート業務従事者などの競技スポーツに関わる人々の立場を理解した競技スポーツのゼネラリストとしての能力の修得(他者理解、協働力、牽引力、省察力等)


2.教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

本学における教育理念である「自主創造」の精神に基づき、競技スポーツにおける専門的な知識を持つ技術的熟達者としての能力と、諸問題を認識するとともに課題を概念化し解決していく反省的実践家としての実践力を養うために、コーチング学を中核領域に捉え、自然科学、医科学、社会科学、及び形式科学にわたる学際的かつ総合的な教育課程を編成する。

この課程が体系的に構築され、学生の段階的なキャリア形成が促されるよう、アスリート科目とスポーツサポート科目を配置し、複雑化した競技スポーツに関する諸問題に対応できる人材を養成する。

各科目における教育目的・内容、及び成績評価基準・方法をシラバス等で明示したうえで、公正かつ厳正に評価を行う。


3.入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

我が国のスポーツにおける競技力の向上を真摯に探求するために、スポーツ科学の最新の知見を活かして競技力を向上させる意志のある人材を求める。また、様々な実践の場において、これまでの教育課程で身に付けた学力を基に、競技スポーツに関わる諸問題や課題を発見し、それに対する多面的な情報収集・分析を通して、解決策を導き出す過程を繰り返すことができる能力を身に付ける意志を持った人材を求める。


デジタルパンフレットや、進学ガイドなどの請求

今すぐ詳細を見る