時代が必要とする人材を社会へ

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を機に本格的なスポーツ立国の実現をめざす日本では,「競技水準の向上」が強く求められています。そのために必要なのは、ハイパフォーマンスを発揮できるアスリートと、その育成に携わる指導者のレベルを向上させることです。日本大学ではそうした時代のニーズにいち早く対応し、スポーツ科学部競技スポーツ学科を開設しました。この新学部では、スポーツを理論と実践の両面から学べる総合科学として体系化しています。世界で活躍する多数のアスリートを輩出してきた日本大学だからこそ、競技スポーツを実践する選手とそれを支える一流の指導者やコーチ、さらにはスポーツに関連する幅広い分野で活躍できる人材を養成し、社会に送り出します。


競技スポーツ学科での学び


競技スポーツ学とは

競技スポーツを総合的に教育・研究

体育・スポーツという事象の中でも、とりわけスポーツに備わっている競争性の比重が高く、結果としての勝利の追求が重んじられ、それが第一の行動基準とされるのが競技スポーツです。その競技スポーツを対象とし、コーチング学を中核に捉え、自然科学的な領域のみならず、医科学、社会科学、形式科学を含めて学際的かつ総合的に研究する学問が競技スポーツ学です。

 

デジタルパンフレットや、進学ガイドなどの請求

今すぐ詳細を見る