学部長メッセージ

多種多様な競技の実践で
日本のスポーツ界を活性化

この学部では、自身の競技力を高めることを目的とするトップアスリート、自らの経験と知識を活かして選手の競技力を高めるスポーツ指導者、幅広い視点からスポーツを科学的に探究する研究者と、大きく3タイプの人材を育成しようとしています。
めざす将来像は学生により異なりますが、4年間を通じて「反省的実践家」としての能力を養う点に主眼が置かれる点では共通しています。「反省的実践家」とは、実践する事象に潜む課題を的確に発見・分析し、問題を解決する能力を身につけて、自ら成長できる能力を備える人のことを指します。2年次以降は「アスリートコース」と「スポーツサポートコース」に分かれますが、すべての学生がそれぞれのカリキュラムを通して、競技者にも指導者にも求められる「反省的実践家」としての学びを深めていくことになります。
多種多様な競技スポーツの学びとなる本学部の使命は、日本大学全体ひいては日本のスポーツ分野の発展に貢献することです。

スポーツ科学部長
小山 裕三 教授

Profile

日本大学法学部管理行政学科卒業。砲丸投げ元室内日本記録保持者。
日本大学陸上競技部監督として、多くの日本選手権優勝者を育成中。
「オリンピック」「世界陸上」投てき種目のTBS解説者としても活躍。

 

学部長インタビュー

 

デジタルパンフレットや、進学ガイドなどの請求

今すぐ詳細を見る