最新の設備を備えた、開かれた新キャンパスが誕生。


三軒茶屋キャンパスは「地域開放」、「共存」、「人にやさしい」をイメージした開かれたキャンパスです。建物は2棟あり、1号館は教室、事務室、食堂のほか、体育館に相当するアリーナ、プール、体操場、柔道場、剣道場、相撲場、トレーニングルームなどの体育施設を配置しています。道を挟んだ2号館は、図書館の機能を有するほか、ラーニングコモンズを配置しています。さまざまな防災機能を有したキャンパスで、災害時でも学生の安全を守ります。

特長的な施設群


グラウンド
(東京都稲城市)

東京都稲城市にあるグラウンド。人工芝のサッカーコート(1面)の周囲に陸上競技トラックが敷設されます。

低酸素トレーニング室
(三軒茶屋キャンパス)

最新の低酸素システムによって酸素濃度の低い状態を人工的に作り出し、その中でトレーニング及び実験ができる施設です。おおよそ1,000m~5,000mの高地にいる状況を作り出すことができます。

流水プール
(三軒茶屋キャンパス)

流水の抵抗を活かし、通常のプールよりも高い負荷をかけながら水泳やトレーニングを行うことができます。


デジタルパンフレットや、進学ガイドなどの請求

今すぐ詳細を見る