救急科

内科系疾患

対象疾患は、急性冠症候群、急性心不全、肺塞栓症などの重症心血管緊急症や急性中毒、急性肝不全、急性呼吸不全、急性腎不全、敗血症などです。このうち先進的な挑戦として、心原性心停止または重篤なショックに対して緊急人工心肺(PCPS)、大動脈内バルーンパンピング(IABP)、冠動脈再灌流療法、脳低温療法を柱とした高度な二次救命処置を1996年から施行し、国内外から高い評価をうけています。

また当院は急性心筋梗塞に対する再灌流療法をわが国ではじめて実施し(1980年)、現在まで2500例以上の症例を治療した実績があり、これらの成績も高い評価をうけています。

外科系疾患

対象疾患は、外傷による各種臓器損傷、脳出血などの中枢神経系疾患、重症急性膵炎、消化管穿孔などの急性腹症、急性大動脈解離、骨軟部組織感染症による敗血症などです。各科からの出向医師との協力体制の下、これらの疾患に対する緊急処置・手術を行うとともに集中治療を行っています。周術期および集中治療室での麻酔管理、術後の創処置、合併症予防対策などにも尽力しています。

CCUネットワーク

急性の心臓血管病は症状発現後の素早い治療開始が決め手です。皆さんの緊急入院を東京都CCUネットワークは手伝いしています。
CCUネットワークの詳細はこちらをご覧ください。

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 7:55
-11:30
7:55
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448