健診センター

※ エスカレーターは3階までとなっておりますので、エレベーターで直接4階フロアまでお越しください

表は左右にスクロールできます

一般・総合健診(人間ドック)料金49,500円(税込)
単独・PET-CTがん検診コース料金101,750円(税込)

人間ドック検査項目

表は左右にスクロールできます

身体計測 身長・体重・標準体重・肥満度計算(BMI)・腹囲径
問診 現在の健康状態・既往症・家族歴・生活習慣・嗜好品など
診察 内科診察
血圧測定 座位測定(安静時)・脈拍数
尿検査 定性 蛋白・潜血・ウロビリノーゲン・尿糖(負荷前)・比重・ビリルビン・ケトン・pH
尿検査 沈渣 赤血球・白血球・顆粒円柱・硝子円柱
血液一般検査 赤血球(Hb. Ht. MCV. MCH. MCHC.)白血球・血液像・血小板
血液生化学検査 総蛋白・アルブミン・総ビリルビン・尿酸・AST・ALT・
r-GTP・LDH・アルカリP・コリンエステラーゼ・総コレステロール・LDLコレステロール・
HDLコレステロール・non-HDLコレステロール・中性脂肪・ナトリウム・カリウム・クレアチニン・尿素窒素・
血清鉄・血糖(負荷前)・HbA1c・A/G・インスリン・eGFR
血液血清学検査 HBs抗原・(HCV抗体)・ リウマチ因子・高感度CRP・血液型(ABO.Rh)
便検査 潜血反応(2回法)
胸部X線検査 直接撮影(2方向)
胃X線検査 直接撮影・食道・胃・十二指腸
腹部超音波検査 胆のう・肝臓・膵臓・腎臓・脾臓など
心電図検査 標準12誘導(安静時)
肺機能検査 努力肺活量・比努力性肺活量・1秒率・%1秒量
眼科系検査 視力検査(裸眼または完全矯正視力検査)・眼圧測定・眼底検査
聴力検査 左右6点レベル(250、500、1000、2000、4000、8000Hz)
医師面談 検査成績の総合判定

PET-CTがん検診コース

PET-CT検査のみのコースです。

詳しい内容をみる

【PET-CT 検査のしくみ】

がん細胞は正常細胞より3~8倍も多くブドウ糖を取り込みます。このため FDGというブドウ糖に似た検査薬を注射すると、FDG ががん細胞に集まりそれを画像としてとらえることで、がんの有無や位置、悪性度などがわかります。また同時に行う CT 検査から、がんの部位や形態などの追加情報を得ることも可能です。精度の高い検査ですが、全てのがんが PET-CT 検査だけで診断できるわけではありませんので、他の検査と併用した検査をご希望の場合は人間ドックのコースからお選びいただき、オプションでPET-CTを追加してください。

【PET-CT検査注意事項】

●下記の項目に該当する方は検査を受診することができない場合がございますので、ご予約の際には必ずご相談をお願い致します。
・妊娠している方、あるいは妊娠が疑わしい方。
・2回目のPET-CT検査の1週間以内にバリウムを使った検査を実施した方。
・糖尿病の方は事前の問診で判断をいたします。

【来院回数】

2回ご来院頂きます。検査日の前に事前問診が必要になります。

【検査詳細】

1日目 10時 検査項目 身長,体重,血糖、血圧、ヘモグロビンA1c
2日目 検査項目 PET-CT検査
※1日目と2日目の期間は1ヶ月以内に受診していただきます。

検査料金

料金 101,750円(税込)
※お支払は1日目となりますので,ご準備の程よろしくお願いいたします。 料金は全て税込み価格です。

オプション検査

乳房X線(マンモグラフィー)検査・乳房超音波検査

人間ドックのオプション検査です。
乳癌の早期発見を目的とした検査です。
マンモグラフィ検診施設認定(マンモグラフィ検診精度管理中央委員会)

表は左右にスクロールできます

料金乳房X線(マンモグラフィー)検査・乳房超音波検査 各4,950円(税込)
実施日月~土曜日
詳しい内容をみる

乳癌検診の目的

乳がん検診は乳癌の早期発見と早期治療を行うことによってその死亡率を減少させます。また、早期発見により縮小治療を可能にすることを目的としております。

乳がん検診はどのように行われるのでしょうか?

当健診センターは、マンモグラフィ及び乳房超音波検査の総合的な検査を行っております。

いつ検査したらよいのでしょうか?

生理の終わった直後が最も乳房の状態が検診に適しているため、この時期に検査することをおすすめいたします。また、この時期は乳腺の疼痛も少なく検査もスムーズに受けられます。

マンモグラフィーと超音波検査のどちらを選択すればよいのでしょうか?

マンモグラフィは軟線撮影と呼ばれる特殊なX線撮影で自己チェックでは発見できないしこりや、石灰化のある小さな乳がんの発見に適しています。当健診センタ一は日本乳がん検診精度管理中央機構の認定施設であり、認定技師を中心に検査を行っているため、精度の高い乳房検診を安心して受けることができます。
また乳がん検診の目的は、乳がんで亡くなる人を減らすこと(死亡率減少効果)になりますので、現在においてこの乳がん死亡率減少効果が明らかな検査方法は、マンモグラフィだけが確立した検査となっております。
乳がんの詳細な内訳と致しまして、日本人女性の乳がんの好発年齢が45~49 歳と60~64歳となっておりますので、40歳以上の女性に対して検査を推奨されています(厚労省)。
尚、これによる放射線の被ばく量は十分安全な量ですので安心して検査をお受けください。
次に超音波診断は腫瘤が触知された場合に質的診断(どのような種類の病変なのか)をつけるのに役立つ検査です。20~30歳代では乳腺が多いため、超音波検査をおすすめいたします。

乳癌検査
乳癌検査

婦人科健診

人間ドックのオプション検査です。
婦人科診察・子宮頸部細胞診・経膣エコーです。

表は左右にスクロールできます

料金8,800円(税込)
実施日火・水・木曜日(第2・3週のみ),金曜日(女性医師が担当します。)
                        

子宮体部細胞診検査

婦人科健診のオプション検査です。(子宮体部細胞診検査のみの実施はできません。)
子宮体部癌の検査です。

表は左右にスクロールできます

料金6,050円(税込)
実施日火・水・木曜日(第2・3週のみ),金曜日(女性医師が担当します。)

腫瘍マーカー

人間ドックのオプション検査です。

詳しい内容をみる

腫瘍マーカーを中心として

食生活などの生活習慣や環境の変化等により、日本の疾病構造にも変化が見られるようになりました。
現在、日本人の3大死因は、1位:ガン、2位:脳血管疾患(脳卒中)、3位肺炎:、4位:心臓病です。人間ドックや健診の目的の一つは、隠れている病気を見つけて、できるだけ早く対処することであり、当健診センターは、平素よりガン(悪性腫瘍)の早期発見に力を入れて診療してまいりました。
近年の医学の進歩により、ある種のガンは、血液中に特殊な物質(腫瘍マーカー)が増加することがわかってきました。この腫瘍マーカー検査を今までの健診と組み合わせて行うことにより、ガンはより見つけやすくなります。数多くの腫瘍マーカーがありますが、その中でも比較的有用性が高く、特におすすめできるものはPSAです。

PSA

近年、前立腺癌は増加傾向にあります。前立腺癌は、尿が出にくい、尿が出し切れない感じがあるなどの病状が見られることもありますが、無症状のことも多くみられます。PSA(前立腺癌特異抗原)は前立腺癌の腫瘍マーカーで、早期癌ではPSAのみが異常を示す事が多く、特に中高年の男性におすすめします。

オプション検査料金

 料金は全て税込み価格です。

表は左右にスクロールできます

検査名 異常値を示すことのある疾患 料金
PSA 前立腺癌 1,650円
シフラ 肺癌 1,980円
ヘリコバクタピロリ 胃炎、胃潰瘍、胃癌 1,320円
CEA 各種消化器癌、肺癌 1,320円
AFP (注) 肝細胞癌、胚芽腫、ヨークサック腫瘍 1,320円
CA19-9 膵臓癌、胆嚢胆管癌、大腸癌 1,650円
CA125 卵巣癌、肺癌、膵癌 1,980円
CA15-3 乳癌 1,650円

(注)AFPは、慢性肝障害のある方やウイルス性肝炎にかかったことのある方に向いています。

骨密度測定(X線)

人間ドックのオプション検査です。
骨粗鬆症の検査です。

表は左右にスクロールできます

料金1,650円(税込)
実施日月~土曜日
詳しい内容をみる

骨密度(骨塩量)測定の有用性

歯科人間ドック

骨粗鬆症や関節リウマチ、ホルモン分泌異常の診断が可能で、またそれらの経過観察及び治療効果の判定等にも利用されています。骨粗鬆症になると骨折するリスクが高まりますが、骨粗鬆症の初期には、ほとんど自覚症状がありません。骨粗鬆症の影響で骨折してしまうと、移動などの基本的な日常生活動作が不自由となり、生活の質が低下します。そのため、定期的に骨密度検査を受けていただき、早目に診断を受け、食事や運動療法に加え、場合によっては骨を強くするお薬などによる治療を早く始めることが重要です。特に女性の方は骨粗鬆症になるリスクが高いとされています。気になる症状がなくても50歳以上になったら定期的に骨密度を測っていただくことをお勧めします。また次のような方も骨粗鬆症になるリスクが高いとされています。*閉経後、または治療により生理をとめている女性*若いときに生理不順があった女性*運動不足、若いときに過度の運動をしていた*タバコを吸う、多量におさけを飲む*甲状腺機能亢進症と診断されたことがある

骨密度測定はどのような検査をするのか?

歯科人間ドック

当センターでは精度の高いDEXA法(Dual Energy X-ray absorptiometry)を用いて検査を行っております。 DEXA法とは2種類のエネルギーの放射線を検査部位に当て、その透過率から骨密度を測定する方法です。骨密度は非利き手で加齢による変形が少ない前腕(橈骨)を座ったまま15秒で測定します。誤差が少なく、エックス線の被ばく量もすくないという利点があり、現時点では骨密度を評価するうえで最も信頼できる検査です。

胸部CT検査

人間ドックのオプション検査です。
肺癌・肺疾患の検査です。

表は左右にスクロールできます

料金16,500円(税込)
実施日月~金曜日
実施場所日本大学病院(2階)

上部消化管内視鏡検査

人間ドックのオプション検査です。
食道・胃・十二指腸疾患の検査です。

表は左右にスクロールできます

料金7,150円(税込) バリウム検査を内視鏡に変えた場合の料金です。
実施日月~金曜日
実施場所内視鏡検査:日本大学病院(2階)

大腸内視鏡検査

人間ドックのオプション検査です。
大腸癌・大腸疾患の検査です。

表は左右にスクロールできます

料金22,000円(税込)
実施日月~金曜日(人間ドックとは別の日になります)
実施場所前処置:ご自宅など
内視鏡検査:日本大学病院(2階)

睡眠時無呼吸検査

人間ドックのオプション検査です。
睡眠時無呼吸症候群のスクリーニングを目的とした検査です。

表は左右にスクロールできます

料金12,650円(税込)
(料金収受の関係から、お申込みはドック受診日に限らせていただいております)
実施日健診受診日以降のご希望日(機器をご希望日に宅配いたします)
実施場所受診者様のご自宅など(健診センター内では行いません)

歯科ドック

人間ドックのオプション検査です。
お口の病気の発見のための検査です。

表は左右にスクロールできます

料金3,300円(税込)
実施日月~土曜日
詳しい内容をみる

歯科人間ドックとは

歯科人間ドック

歯科における二大疾患としてまず挙げられるのは、虫歯(ウ蝕)と歯周病。そのうち歯周病については実に成人の8割以上が罹患すると言われており、予防と治療を怠ると加齢とともに歯を失い、義歯(入れ歯)などを必要とすることがあります。またそればかりでなく、身体全体の健康にもさまざまな影響を及ぼす心配があります。
毎日の健やかな暮らしを保ちつづけるその第一歩として、そしてこれからの高齢化社会をよりイキイキと充実したものにしていくためにも、いまや歯の健康維持への取り組みを欠かすことはできません。まずは歯科人間ドックを通じて、専門医による検査と指導を受け、早期予防と的確な治療に努めることをおすすめします。

歯科ドックとは、お口の中の病気を発見するとともに、一生ご自分の歯で噛み、健康で快適な生活を過ごしていただくための基本となる医療を目指したものです。言いかえれば、まずお口の状態を歯科医がよく見極め、いまとるべき予防策と治療方法を受診者さんとともに探していくことで、さまざまな病気を未然に防ごうとする考え方に基づいています。

手遅れにならないためにも

もしも病気が進み歯の治療が必要になった場合、その歯は二度と元どおりになることはありません。さらに歯を1本失うと、それにあわせて他の健康な歯までも犠牲にして治療しなければならないケースが生じることもあります。また咬み合わせの不調和が引き起こすさまざまな内臓疾患はもちろんのこと、心身の健康にまでも影響を及ぼすことがあるほか、顎骨にみられる腫瘍などの原因となる可能性もあるのです。

まずはいますぐ、正しい歯科検査を

歯科検査

以上のように、お口と身体の健康は密接につながっています。そこで何より求められるのは、いまのお口の状態を正しく把握し、早期予防と的確な治療に努めることです。私たちスタッフは虫歯(ウ蝕)や生活習慣病のひとつとも言われるようになった歯周病から皆様のお口と身体の健康を守るために日々取り組んでいます。いますぐに、歯科ドックの専門医による検査を積極的に受けられることをおすすめします。

検査項目

表は左右にスクロールできます

虫歯(ウ蝕) 口腔内検査(歯の状態、歯のない数、歯ならびなど)
歯周病 口腔内検査(歯の状態、歯のない数、歯ならび、噛み合わせ、
歯肉の状態、歯の揺れ、歯垢・歯石沈着状態など)
エックス線写真検査 歯の状態、歯槽骨の吸収、根尖病巣、埋伏歯、嚢胞、腫瘍など
結果説明 後日、文書でお知らせします。

脳ドック

人間ドックのオプション検査です。
脳卒中などの予防、早期発見のための検査です。

表は左右にスクロールできます

料金44,000円(税込)
実施日月・木(人間ドックとは別日になります)
実施場所健診センター、放射線科
詳しい内容をみる

脳卒中などの予防、早期発見をする脳ドック

わが国は今や世界一の長寿国となり、かつ急速に高齢化が進んでいます。その一方で脳卒中の発生率は依然として高く、常に死亡原因の上位を占めております。
脳卒中はある日突然発病し、半身不随になったり、死亡することもある恐ろしい病気です。これは脳動脈瘤が破裂してくも膜下出血を起こしたり、脳血管がつまって脳梗塞を起したり、脳血管が破れて脳出血を起す病気です。脳にはこれらの脳血管障害以外にも脳腫瘍、慢性硬膜下出血、認知症など知らず知らずのうちにかかってしまう病気が少なくありません。脳ドックはこのような異常を早期に発見して対策を講じ発病を未然に防ぐことを目的としています。
脳についてなにか御心配のある方、身内に脳の病気があり、気になさっている方、認知症が心配だと思う方は、どうぞこの機会に脳ドックを受診なさってみてはいかがでしょうか。

脳ドックはどのような検査をするのか

恐い危険な検査は何一つありません。頭部MRIとMRAの検査が主なものです。痛みは全くなく、造影剤などを使用しないで脳の細かい病変や脳の血管の状態まで写しだすことが可能です。頸部超音波検査により頸部動脈の血流状態をとらえることができます。血圧測定、心電図、眼底検査、胸部XP、血液、尿検査など人間ドック検査を基盤として、脳血管障害の危険因子の検索と問診、神経学的検査を行います。

脳ドックの検査項目

  1. 問診、神経学的検査
  2. 頸動脈超音波(ドップラー)検査
  3. 頭部MRI(脳磁気共鳴画像)
  4. 頭部MRA(脳血管磁気共鳴画像)

MRI・MRA検査は、放射線被曝はありませんが強い磁場の中に入りますので、女性で妊娠している可能性のある間は避けてください。閉所恐怖症の方、ペースメーカー、手術用クリップなど体内に金属が入っている方は、検査ができない場合がありますので、必ず事前に申し出てください。または、かかりつけ医にご相談ください。

脳ドックの特徴

頭部MRI、MRA、頸部超音波検査の読影、診断については、日本大学病院 脳神経外科の専門医が直接これにあたり、結果について受診者にわかりやすく説明いたします。精密検査または、治療が必要な場合は脳神経外科において検査や治療または経過観察を行います。

脳ドックの予約・実施

  • 脳ドックはすべて予約制になっております。受診時に健診センター受付で手続きをしてください。 または、お電話により日本大学病院健診センターで予約をしてください。
  • 検査の都合上、脳ドックは人間ドック実施日とは異なる事をご了承ください。
  • 頸部超音波検査は健診センターで行い、頭部MRIと頭部MRAの検査は、日本大学病院放射線科で行います。
    (毎週月・木曜日 午後)

総合判断

脳神経外科専門医が問診、神経学的検査を行い、脳ドック検査終了の1週間後に総合的にわかりやすくご説明いたします。精密検査や治療が必要な場合は日本大学病院脳神経外科でインフォームドコンセントの上、責任を持って検査、治療、管理いたします。また他病院への紹介を希望するようであれば紹介状をお書きいたします。

認知症ドック

人間ドックのオプション検査です。
アルツハイマー型認知症の早期発見の手助けになる検査です。

表は左右にスクロールできます

料金49,500円(税込)
実施日月~土曜日(人間ドックとは別日になります)
実施場所健診センター
詳しい内容をみる

アルツハイマー型認知症の早期発見の手助けになる認知症ドック

認知症は高齢になればなるほど、発症する危険は高まります。歳をとれば誰にでも起こりうる身近な病気となっております。
この認知症の多くはアルツハイマー型認知症が大半を占め,もの忘れの進行とともに脳の萎縮,特に海馬部分が萎縮するといわれています。認知症ドックはこの萎縮の程度をみることが可能です。
もの忘れが気になり認知症が心配だと思う方は、この機会に認知症ドックを受診なさってみてはいかがでしょうか。

認知症ドックの検査項目

  1. 頭部MRI(脳磁気共鳴画像)
  2. 頭部MRA(脳血管磁気共鳴画像)
  3. 頸動脈MRA(頸動脈血管磁気共鳴画像)
  4. VARAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)
  5. 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

MRI・MRA検査は、放射線被曝はありませんが強い磁場の中に入りますので、女性で妊娠している可能性のある間は避けてください。閉所恐怖症の方、ペースメーカー、手術用クリップなど体内に金属が入っている方は、検査ができない場合がありますので、 必ず事前に申し出てください。または、かかりつけ医にご相談ください。

認知症ドックの特徴

頭部MRI・頭部MRA,頸動脈MRAの読影、診断については脳神経外科医師が受診者に分かりやすく説明いたします。精密検査または、治療が必要な場合は当該診療科において検査や治療または経過観察を行います。

認知症ドックの予約・実施

  • 認知症ドックはすべて予約制になっております。受診時に健診センター受付で手続きをしてください。または、健診センターへお電話で予約をしてください。
  • 検査の都合上、認知症ドックは人間ドック実施日とは異なる事をご了承ください。
  • 頭部MRI・頭部MRA,頸動脈MRA,VSRADの検査は、日本大学病院放射線科で行います。
    (月曜日~土曜日 8時30分~9時00分)

総合判断

認知症ドック検査終了後の1週間後に総合的に分かりやすく説明いたします。精密検査や治療が必要な時は該当診療科へご紹介いたします。または他病院への紹介を希望するようであれば紹介状をお書きいたします。


PET-CT

人間ドックのオプション検査です。
ガンの早期発見のための検査です。

再検査

健診結果で再検査の指示があった場合は、下記の要領でご予約ください。

【予約方法】
お電話(03-3293-1701)にてご予約をお願いいたします。※当日は不可
 再検査の内容を確認させていただく場合がありますので、健診カード又は成績表をご用意ください。

血圧・血液・尿の再検査

表は左右にスクロールできます

再検査時間ご予約日の午前8時30分~10時30分の間にお越しください。
費用無料
注意事項当日健診カードをご持参ください。
また、再検査の種類によって当日の朝食を抜いてきていただく場合がありますのでご了承ください。

精密検査・治療

健診結果で精密検査・治療が必要と判断された場合は、日本大学付属病院をご紹介させていただいております。
(日本大学病院受診の場合は予約が必要です)
その他ご希望の医療機関宛の紹介状も無料で承っております。
(日本大学病院以外を受診の方は、画像検査のCD-R代が1枚2,160円かかります)

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 8:00
-11:30
8:00
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448