看護部

看護専門外来とスペシャリスト

当院のスペシャリスト

当院では、日本看護協会が認定している専門看護師、認定看護師、認定看護管理者が活躍しています。

日本看護協会HP専門看護師日本看護協会HP認定看護師日本看護協会HP認定看護管理者

専門看護師

精神看護専門看護師
1名

認定看護師

救急看護認定看護師
2名
皮膚・排泄ケア認定看護師
1名
集中ケア認定看護師
1名
緩和ケア認定看護師
2名
がん化学療法看護認定看護師
1名
感染管理認定看護師
1名
糖尿病看護認定看護師
1名
手術看護認定看護師
1名
摂食・嚥下障害看護認定看護師
1名
認知症看護認定看護師
1名

認定看護管理者 2名

特定行為研修修了者 3名

専門・認定看護師の活動

当院の専門・認定看護師を紹介いたします。

専門・認定看護師の活動報告はこちらをご確認ください。

リエゾン精神看護専門看護師

感染管理認定看護師 佐々木 純子

分野の活動内容

せん妄や不安、抑うつなどがある患者さん・ご家族に対し、主治医や精神科医師、薬剤師等と協力しながらメンタルサポートを行っています。また、看護スタッフに対しては、研修や面談などを通じ、キャリア開発支援室や産業医と協力しながらメンタルサポートを行っています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

メンタル不調に対する予防や介入だけでなく、より「その人らしく」あるために、お一人お一人に寄り添った支援を行っていきたいと思います。

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師 佐々木 純子
ICT活動風景
感染管理認定看護師 佐々木 純子
ICT・ASTメンバー

分野の活動内容

感染対策室に看護部では、感染感認定看護師 専従1名と看護師 専任 1名の専任看護師が配属されており、協力して組織横断的に感染管理活動を行っています。感染管理活動は看護師だけでなく様々な職種からなる感染対策チーム(ICT)、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)が中心となり活動しています。ICTでは、毎週カンファレンスを行い、院内ラウンドで各部署を回り、院内感染対に取り組んでいます。抗菌薬適正使用支援チーム(AST)では感染予防だけでなく、感染症診療支援のための活動、抗菌薬適正使用に向けた取り組みもチームで行っています。最近では新型コロナワクチン接種がスムーズに行えるように病院教職員でけでなく、職域ワクチン接種(日本大学学生・教職員)にもICTで協力しています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

「患者・家族(面会者)・職員を感染から守ること」を目的に感染が起きる前の予防策の実施、感染事象の早期察知による感染拡大防止ができるよう力を入れて取り組んでいます。看護部の日常的な感染対策についてはリンクナース(看護部感染対策委員会メンバー)が中心となって活動しており、ICTと協力しながら感染防止に努めています。

皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)

皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN) 島児 真奈己
皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN) 島児 真奈己

分野の活動内容

WOCNは当院では1名在籍しており私は現在褥瘡専従管理者として院内の褥瘡対策に務めています。褥瘡予防から対策まで、医師や多職種で構成される褥瘡対策チームと連携し、院内他部門や院外と調整を行い、看護の実践者である看護職員と協力しながら褥瘡対策を実践しています。WOCNは褥瘡ケアだけでなく他にも発揮する能力があり、創傷管理全般、スキンケア、ストーマ造設患者の包括的ケア(術前、術後、退院後)や排泄管理ケア、瘻孔ケアなどを病棟や外来の患者様家族への直接介入や、看護職員からの相談や指導などリソースナースとして支援を行っています。他にもNSTや排尿ケアチームなどの院内チーム活動のオブザーバーとして参加しています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

WOCナースと聞くと褥瘡のイメージが浮かぶかもしれませんが先述した通り発揮すべき能力はWOCケア全般に渡ります。自分の場合はストーマケアについて患者様のためにもっと知識技術を深めて看護を行いたいという思いから認定看護師を目指しました。入り口はどこからでも、患者様のために知識技術を深めケアを提供したいという仲間をお待ちしています。

がん化学療法看護認定看護師

分野の活動内容

医師・薬剤師と連携し、院内のがん薬物療法が安全・安楽・確実に行われることを支援しています。院内の職業曝露講習会の開催、看護師による抗がん剤を目的とする末梢静脈穿刺のための研修とその推進を図っています。また、スタッフが投与管理や患者さんへの支援で困った時には相談に応じ、一緒に問題解決を行います。がん薬物療法を受けている患者さんで希望があれば直接介入し、主に副作用へのセルフケア支援を行っています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

がん薬物療法における投与において確実な投与管理を行い、回避できる障害や苦痛を予防し、最小限の苦痛で最大限の治療効果をあげるための役割を看護師は担っています。確実な投与管理への支援を基盤とし、予測できる副作用への対策を行いながら、患者さんとその家族が主体的に治療に参加できるように支援することを心掛けています。外来化学療法室では頭髪の脱毛抑制のための頭皮冷却装置が導入され、アピアランスケアにも力をいれています。患者さん一人一人の治療段階や生活背景に応じてその人がその人らしく化学療法を継続できることを大切にしながら活動をおこなっています。

がん化学療法看護認定看護師 本田 瑞恵
がん化学療法看護認定看護師 本田 瑞恵

緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師 山本 恵子
緩和ケア認定看護師 佐藤 寿衣

分野の活動内容

・患者さんのがん告知や治療選択の場面で医師との病状説明に同席し、意思決定のサポート
・患者さんご家族の全人的な苦痛に対して(身体的・精神的・社会的・スピリチュアル)の介入支援
・病棟内のカンファレンスに立会い、がん患者の支援について困っていることへの相談や指導
・院内の緩和ケア・がん看護についての研修会の開催
・看護専門外来(リンパ浮腫外来・がん看護外来)の担当実践

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

緩和ケア認定看護師の役割は、がんと診断された時からのケアであり、トータルな視点でのケアは、非がんにまで広がってきています。痛みや苦痛を伴う難病や、がん患者が増えていることもあり、人が人として最期までその人らしく生きていくためのスキルは、今後も必要とされます。緩和ケアが必要とされる場は、病棟から在宅までと幅広く、多職種連携も必要となります。私達は、そのようなスキルやコミュニケーション能力を磨き、患者家族により良い緩和ケアを提供していきたいと考えています。

救急看護認定看護師

救急看護認定看護師 渡邉 郁子
院内災害訓練の様子
救急看護認定看護師 大熊 尚人
院内災害訓練の様子

分野の活動内容

救急看護師の質の向上にむけた院内勉強会の実施、院内急変を未然に防ぐための体制(コードハリーの整備、対応。災害拠点病院のため、院内災害対策、対応、災害派遣医療チーム(DMAT)の育成、整備対応などの救命センター、ICUを中心に院内全体への活動をおこなっています。集中ケア認定看護師な他部門の認定看護師とも協力して活動を行っています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

救命センターは、突然発症し搬送されてくる患者さんが多いところです。救急看護認定看護師は、患者さんの病態の緊急度、重症度を判断し、少ない情報から患者さんに起こっている現状を早期に判断し、変化に応じた看護援助を行い、社会復帰を見据えた看護を提供します。また、質の高い看護を提供できるように、一時救命処置、二次救命処置など急変時対応に加えて、急変の前兆を見逃さず対応出来るように日々フィジカルアセスメントが活用ように、シミュレーション教育など行っています。また、災害拠点病院であるため多職種と協力し、院内災害対策訓練や、災害派遣医療チーム(DMAT)などに力をいれて活動しています。

手術看護認定看護師

手術看護認定看護師 麦島 貴子

分野の活動内容

周術期看護の質の向上を目標に活動しています。周術期とは手術を決定し入院、麻酔、手術、回復といった術前から術中、術後の一連の期間の総称を言います。手術室看護師は手術を受ける患者さんの人生の一大イベントとなる手術を担当させていただき、麻酔下の患者さんに安心・安全に手術を受けていただくために麻酔や手術についての知識・技術を身につけ日々の看護実践をしています。手術室では実際にスタッフと一緒に介助につき、指導や直接的ケア、術後訪問、評価などを行っています。看護部全体では、周術期看護研修として「ケアマネジメント」、「対象の理解と意思決定支援」を年1回行っています。また各部署の依頼があった際に、コンサルテーションや依頼部署での勉強会を行っています。他にも周術期に関わるワーキング活動へ参加しています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

手術を受ける患者さんからは緊張の中、またほとんど意識のない中、私たち医療者にすべてをお任せいただいています。私は、手術看護認定看護師として患者さんに「手術の傷以外、元通りの状態で病室へお帰り頂くこと」を目標に関わっています。それが達成できるよう、周術期に関わるスタッフと情報共有し、私が持つ知識・技術をスタッフに伝えながら一緒にケアし、評価し、新たな改善策を立てPDCAサイクルを回しています。周術期看護に興味のある方、一緒に周術期看護について考えケアの提供をしませんか?特に手術室では受け持ち患者さんが一人なので、その時間をその患者さんに全力投球できますよ!

集中ケア認定看護師

集中ケア認定看護師 人見 綾
院内研修の様子

分野の活動内容

RST(呼吸ケアサポートチーム)の運営・院内急変を未然に防ぐための体制(コードハリー)の整備・対応・院内災害対策・院内研修(フィジカルアセスメント・急変時対応・人工呼吸器について・臨床推論 など) 救命救急センター・ICUを中心に院内全体への活動を行っています。他分野の認定看護師とも協働し活動しています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

集中ケア認定看護師の役割は、生命の危機的状況にある患者の病態変化を予測した重篤化の予防・二次的合併症の予防や回復のための早期リハビリテーションを行うことです。過大侵襲を受けた患者さんが、少しでも早く元の生活に戻れるようなケアを心掛けています。また、質の高い医療を提供するには医師・看護師・薬剤師・臨床工学技師・放射線技師・理学療法士・管理栄養士など多職種の連携が重要となるため調整役も担っています。また、看護の質や実践能力を向上させることも認定看護師の重要な役割です。部署でのシミュレーション学習や院内集合研修では、実際の場面に近い雰囲気や環境をつくり実践に活かせるようにしています。現在は感染症対策のため研修スタイルが変化していますが、今後も患者さんにとって質の高い医療を提供できるよう努めていきます。

糖尿病看護認定看護師

糖尿病看護認定看護師 井口 愛子

認定看護師として大切にしている事

患者さんのこれまでの生き方を知り、理解することが大切だと考えています。糖尿病を持ちながら生活をする患者さんにとって身近な存在となり、日常生活に起こる困り事を一緒に考えて支援し、共に歩んでいきたいと思っています。

外来・入院の患者さんが認定看護師による支援を受ける方法について

外来通院中の患者さんは、外来主治医、または外来看護師に相談していただければ療養指導の予約をお取りし、お話を伺います。入院中の患者さんは、担当看護師に相談していただければ、時間を調整して伺います。

患者さん・ご家族へのメッセージ

糖尿病を持ちながら生活をしていく中で、困っている事や疑問に思っていること等、気軽にご相談していただければと思います。一緒に考えていきたいと思います。

摂食・嚥下障害看護認定看護師

集中ケア認定看護師 人見 綾

分野の活動内容

院内では、医師・薬剤師・管理栄養士・臨床工学技士・理学療法士とともにNST(栄養サポートチーム) やRST(呼吸ケアサポートチーム)の一員としても活動しています。多職種で構成された医療チームであり、各専門分野の知識と技術を活かし栄養補給方法の提案や誤嚥による肺炎などを予防する口腔ケアの方法・呼吸管理の提案、支援をおこなっています。医療スタッフ間の情報共有や知識を深める場として、感染対策を行いながら医療スタッフ向けに勉強会も開催しています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

食べるという行為は、私達の生活においてとても大切な意味を持ちます。嚥下障害では、肺炎・窒息・低栄養・脱水など生命の危険に直結することもあります。また、食べる楽しみを失うという生活の質(QOL)を低下させる危険性もあります。しかし、食べる時の姿勢の調整や食べやすい食事への種類(形態)の変更、上手く飲み込むための訓練などを取り入れ、工夫することで食べられるようになることもあります。患者さんの「食べたい」という思いに寄り添い、安全かつ楽しく生活できるよう、個々に合わせた食事・栄養摂取のスタイルが確立できるような援助を行いたいと思い活動しています。

認知症看護認定看護師

集中ケア認定看護師 人見 綾

分野の活動内容

私は、2020年12月に、認知症看護認定看護師取得いたしました。活動内容としては、入院中の認知症患者さんや、認知機能の低下がみられている患者さんに直接お話を聞きにいく事で、患者さんの現在の入院中の問題点や困っている事を把握し病棟のスタッフと共に協働し入院環境を整えるお手伝いをしています。また、依頼があった際は、病棟向けの勉強会を実施し実際にスタッフが困難に思う場面などをあげて認知症について、認知症患者さんとのコミュニケーションについて勉強会を実施しています。

アピールポイント・ポイントとして力をいれていること

認知症とは、一度正常に発達した認知機能が後天的な脳の障害によって持続的に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態を指します。短期記憶の保持も難しくなっている状態の認知症患者さんの日常生活援助をおこない、患者さんの生活背景や軌跡をもとに入院生活が安心して送れるように援助を行っていきたいと思います。また、患者さん家族に対しても入院生活や自宅での過ごし方、不安に思っていることなどを傾聴し援助おこなっていければと思っています。

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 8:00
-11:30
8:00
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448