乳腺・内分泌外科

乳癌について

日本の女性癌罹患率の1位であり、女性の11人に1人がかかっています。当院健診センター・他の検診施設からの精査を迅速に行い早期発見につとめます。
乳房腫瘤に対して、マンモグラフィー・超音波検査を行い、悪性との鑑別を要する場合は乳房MRI検査を行います。確定診断を目的に、細胞診検査・針生検・マンモトーム生検による組織診断を行います。

乳癌と診断されたら

大事なことは転移の有無です。進行癌・転移のあるものはまず化学療法の適応です。新病院より化学療法室が完備され、快適な環境での治療を提供します。
手術をすることになったら、切除する範囲と整容性を相談します。病気を治すことが第一、次が整容性です。部分切除するか切除し再建するか色々な方法があります。
リンパ節に対してはセンチネルリンパ節生検を施行し、病理検索とOSNA法を併用しています。
手術後は癌の性質により治療していきます。乳癌は顔つき(サブタイプ分類)により、「乳癌診療ガイドライン」に準拠した標準治療の薬物療法として、抗癌剤、ホルモン剤、分子標的剤を用いた全身療法を行っていきます。
部分切除、リンパ節転移のあった方は放射線療法が必要になります。

当院の特徴

  1. 乳癌患者さんの場合、初診から1週間で診断をつけ、手術を要する場合には、初診から約1カ月で完結することをモットーにしております。
  2. 手術の術式選択は、病期・腫瘍の位置や大きさ・年齢・ご希望・術前化学療法に対する反応から最適な方法をお勧めします。
  3. 手術においては整容性も重視しています。部分手術の場合は、乳房内で傷が目立たぬ場所の皮膚切開である乳輪切開、乳房下縁切開、乳房外側縁切開を選択します(図1)(皮膚から腫瘍が近い場合は腫瘍の直上切開を選択します)。先端にライトのついた筋鈎を用いることで(図2)、病変から離れた場所に皮膚切開を置いても腫瘍へのアプローチを可能にしています。腫瘍切除後は乳房がへこむことをなるべく少なくするように、オンコプラスティックサージャリ-の技術を用いて、乳腺の欠損部分を周辺の組織で埋め合わせるといった工夫を凝らしています。きれいな手術痕になるように、形成外科のテクニックを用いて皮膚は吸収糸を使用し真皮埋没縫合をこころがけています。
    図1:傷が目立たぬ場所の切開法
    図1:傷が目立たぬ場所の切開法
    図2:ライト付き筋鈎
    図2:ライト付き筋鈎
  4. 腫瘍が乳頭に近接している、非浸潤癌(DCIS)であるが乳房内に広範囲に広がっている、腫瘍サイズが大きく部分切除を行うと整容性が劣る場合は、乳房全摘となりますが、乳房再建の希望がある際は、適応があれば、積極的に同時再建手術を施行しています。
  5. 乳癌手術後の抗癌剤治療が必要かどうかの診断として、Oncotype DXの検査の相談に応じます。
  6. 遺伝性乳癌の診断として、BRCA遺伝子についての検査も臨床遺伝専門医と相談に応じます。

乳房同時再建

準備中

手術前後の創部写真

乳輪切開による乳癌手術(乳房温存手術)

乳輪切開による乳癌手術
乳輪切開による乳癌手術
乳輪切開による乳癌手術

左乳癌に対して乳房部分切除術+センチネルリンパ節生検術を行った方です。
乳房部分切除術は乳輪切開を半周行い、センチネルリンパ節生検術は腋窩部に3cmの皮膚切開で行っています。皮膚が青くなっているのは、センチネルリンパ節生検時の色素によるものです。術後の皮膚切開部が分かりにくいことと、乳房の凹みが少ないように心がけています。ライト付き筋鈎を使用することで、以前、当院で施行されていた内視鏡下での乳癌手術の皮膚切開と同じに出来ます。

乳房外側縁切開による乳癌手術(乳房温存手術)

乳房外側縁切開による乳癌手術
乳房外側縁切開による乳癌手術
乳房外側縁切開による乳癌手術

右乳癌に対して乳房部分切除術+センチネルリンパ節生検術を行った方です。
乳房部分切除術とセンチネルリンパ節生検術を、乳房外側縁部に9cmの皮膚切開で行っています。術後は正面からでは全く皮膚切開部は見えません、乳房の凹みが少ないように心がけています。

乳房下縁切開による巨大良性腫瘍手術

乳房下縁切開による巨大良性腫瘍手術
乳房下縁切開による巨大良性腫瘍手術
乳房下縁切開による巨大良性腫瘍手術

右巨大乳腺線維腺腫に対して乳房腫瘤摘出術を行った方です。
乳房腫瘤摘出術を、乳房下縁部に15cmの皮膚切開で行っています。術後は乳房下縁のしわに沿っての皮膚切開なので目立ちません、乳房の膨らみが左右で同じになりました。

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 7:55
-11:30
7:55
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448