乳腺・内分泌外科

入院について

当院ではクリティカルパスを利用して、出来る限り短期間の入院を実践しています。
入院期間は下記が目安になりますが、入院延長が必要な場合もあることをご了承ください。

入院で行う検査・処置・入院期間の目安

表は左右にスクロールできます

検査名
期間
内容
乳房腫瘤摘出術
3日間
手術前日午後に入院、術後1日目に退院。ドレナージチューブが挿入された場合は、数日退院が延びる場合もあります。
相談に応じ、入院日手術の局所麻酔下手術も可能です。
CVポート植え込み術
3日間
手術当日午前中に入院、術後1日目に退院。化学療法の治療もある場合は、数日退院が延びる場合もあります。
乳房温存手術
1週間
手術前日午後に入院、術後1日目より離床と食事が開始され、ドレナージチューブ抜去後2日目に退院。
乳房全摘手術
10日間
手術前日午後に入院、術後1日目より離床と食事が開始され、ドレナージチューブ抜去後2日目に退院。
乳房温存手術に比べて、乳腺を大きく切除するためドレナージチューブ廃液量が多く、入院期間が長くなります。
乳房同時再建術
2週間
手術前日午後に入院、術後1日目より離床と食事が開始され、ドレナージチューブ抜去後2日目に退院。
乳房同時再建では、乳房内にテッシュエキスパンダーを留置するため、ドレナージチューブ抜去のタイミングがより厳密になるので、入院期間が長くなります。それにより合併症を少なくなります。
外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 7:55
-11:30
7:55
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448