メインコンテンツへスキップ

日本大学病院

診療科・部門

呼吸器内科

ニュースレター

ご挨拶

日本大学病院呼吸器内科科長の辻野一郎です。当ホームページにお越し下さりありがとうございます。

当科は従来「内科」として呼吸器疾患を診療していましたが、2024年4月より「呼吸器内科」として独立し、呼吸器内科常勤医師4名、非常勤医師2名に増員し、診療を開始しております。当科常勤医師の資格としましては、日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、日本臨床腫瘍学会専門医・指導医、日本呼吸器内視鏡学会専門医を取得しています。高度で充実した専門的呼吸器診療を提供する体制が整えられており、今後日本呼吸器学会基幹施設、日本呼吸器内視鏡学会関連施設などの認定申請に向けた体制整備を行っております。対象疾患としましては、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患など一般的な呼吸器疾患から、肺がんを始めとした胸部悪性腫瘍や間質性肺炎など、専門的な治療が必要となる呼吸器疾患まで対応可能です。特に胸部悪性腫瘍に対する診断、治療についてはスタッフの多くが精通しております。胸部悪性腫瘍の治療は他科との連携が重要でありますが、当院では呼吸器外科や放射線治療科との定期的なカンファレンスを行い、患者さんに最も適した治療についてディスカッションを行い、治療方針を共有しています。最新の知見も踏まえて最も適切な治療を患者さんが不安なく受けられるように、今後も努めてまいります。

辻野一郎

概要

呼吸器内科で診療を行う主な対象疾患といたしましては、

胸部悪性腫瘍(肺がん・悪性胸膜中皮腫)

間質性肺炎

気管支喘息

慢性閉塞性肺疾患

肺炎、胸膜炎、膿胸

その他

などが挙げられます。紹介状を持参頂き、ご受診下さい。また連携医療機関におかれましては、検診での胸部異常陰影や、長引く咳など、どのような呼吸器疾患、呼吸器症状に対しても迅速にご対応致しますので、是非ご紹介下さい。

特徴・特色

呼吸器疾患全般を担当しておりますが、特に肺がんをはじめとした胸部悪性腫瘍についての診療に力を入れて診療しております。当院へ受診されてから肺がんが強く疑われた時点で、迅速に気管支内視鏡検査などによる診断を行い、出来るだけ早く治療に入れるように努めています。肺がんの治療は手術、放射線治療、薬物治療、支持・緩和療法が主体ですが、呼吸器外科・放射線治療科・緩和ケアチームと連携を図りながら、そして患者さんの希望や意思を大切にしながら、患者さんそれぞれに最も適した治療方針を決定していきます。特に薬物治療は当科が中心となり担当しますが、近年免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬など多くの治療薬が開発され、目覚ましい発展を遂げており、様々な新しい薬物治療の有効性が示されてきています。同時に薬剤ごとの副作用に対応する必要が出ています。当科はがん薬物療法専門医がおり、肺がん薬物治療における専門的な知識を有しております。最新の知見を踏まえつつそれぞれの患者さんに最適な治療を提供するとともに、治療中の副作用に対して、看護師・薬剤師、ソーシャルワーカーなどと共にチーム一丸となり患者さんをサポートする体制を整えています。

診療受付時間

初診の方
月〜金曜日
/
土曜日
再診の方
月〜金曜日
/ 午後は予約診療のみ
土曜日

休診日

日曜日・祝日,日本大学創立記念日の振替休診日(10月5日),年末年始(12月30日〜1月3日),ゴールデンウィーク(5月3日〜5月6日)

住所

〒101-8309 東京都千代田区神田駿河台1-6 Google Map