ニュースレター

整形外科センター

2017年12月号

整形外科教育医長 網代 泰充
整形外科教育医長 網代 泰充

僕は医者になって以来、どんな手術も完璧な手術を追い求めてきました。
僕が手術すればどんな患者さんも治せることを目標に。今思えばおごりしかありません。
より良い治療、より良い方法、は何か?自分は何が足りないのか?自分は今実力としてどこにいるのか?
その方向は自分だけでなく、手術に携わる他者にも向けていました。
手術助手、手術室の看護師さん、麻酔科の医師・・・すべての協調によりしか成し遂げないことを無視して。それが厳しい手術室の雰囲気を作っているのを自覚せずに。
完璧な手術への執着は日増しに増しました。しかし、その欲求はいつも満たされませんでした。そして酒にもおぼれました。髪は白くなりました。自分の父親も手術しました。
10年以上悩みました。
そして最近やっと気づきました。
“完璧”の意味は個人のなかで、どの位置にあるのかが意味をもつことに。
20年以上かかりました。
今は反省しか思い浮かびません。
駿河台日本大学病院の脊椎班チーフになって5年、日本大学病院となって3年。
いろいろなことがありました。
「努力は報われる」
そうかもしれませんがちがうかもしれません。ベートーベンの有名な言葉に「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している。」
僕の好きな言葉は「ありがとう」です。今、心で思うだけでなく、言葉でしっかり相手に伝え、お互いが充実し、お互いが心から良かったと思える医療を、本来日本人がもっている“ありがとう”の医療を提供できるようこれからもがんばります。
いつもご紹介いただきありがとうございます。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 8:00
-11:30
8:00
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448