ニュースレター

アイセンター

2019年2月号

助教、医局長 田中 公二
助教、医局長 田中 公二

常々、貴重な患者様をご紹介いただき誠にありがとうございます。
まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

アイセンターの平成30年1月~12月の実績が出ましたのでご報告申し上げます。
外来部門では、延べ37,375名の患者様を拝見させていただき、1日あたり外来受診患者様は127名でした。初診算定患者様は3,583名で、いかに皆様から多くご紹介いただいているかを実感させられます。恐らく日本一多いと思われる硝子体内注射は8,260件、網膜光凝固術は793件、光線力学的療法(PDT)は401件でした。この中でPDTは最低48時間の遮光が必要ですが、昨年は外来が158件、入院が243件でおよそ60%の方が入院されておりました。遮光に不安な方が多いことが見て取れます。
 
手術部門では、入院延べ人数は8,333名で1日あたり入院患者数は22名でした。
網膜硝子体手術は804件、白内障手術は1,354件、網膜復位術69件、緑内障手術16件、外眼部手術27件、硝子体置換術(ガス血腫移動術)44件でした。
網膜硝子体手術、白内障手術および網膜復位術は、昨年750件、1,310件、58件でしたので増加しております。昨年より本格稼働している白内障の外来手術の増加も一因と考えられます。白内障の外来手術は132件、硝子体手術の外来手術は11件でした。今後も患者様のニーズにあった治療を提供できるよう努力する所存です。
現在白内障手術は、基本は術翌日の診察があるため、1泊2日をお勧めしていますが、ご希望によって、日帰り、2泊3日もご提案しております。硝子体手術につきましては、眼圧や出血の管理のため、基本的には1週間の入院をお願いしておりますが、ご希望があれば入院日数の短縮も症例によっては可能と考えております。
これだけの実績を挙げられたのもひとえに皆様方のご紹介の賜物とアイセンター一同心より感謝申し上げます。

まだまだ寒い日がつづきますので、ご健康に留意され、ますますご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 7:55
-11:30
7:55
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448