老齢になり,物忘れ,歩行障害(前かがみで両足の幅が広がるような),尿失禁を特徴的な3症状を起こす病気の中に,特発性正常圧水頭症(とくはつせい・せいじょうあつ・すいとうしょう)があります.一見,アルツハイマー型認知症に似ていて,ご自身での判断は難しいのが現状です.「治療ができる認知症」と言われています.「年のせいだから仕方がない」,「認知症と言われたので,あきらめた」としても,一度,脳神経外科の診察を受けられることをお勧めします. 
脳・脊髄の中と外は脳脊髄液(髄液)が満たされています.この髄液の循環が異常を起こすと,脳の中にある脳室(のうしつ)が拡大して水頭症(すいとうしょう)になります.水頭症の原因は脳出血,脳腫瘍など様々ですが,特発性正常圧水頭症では老齢に伴って発症し,はっきりした原因はわかっていません.また特発性正常圧水頭症では特徴的な脳室拡大がみられます.
診断と治療までの流れ:高齢で認知症と脳室拡大があれば,必ず特発性正常圧水頭症というわけではありません.まず,頭部CT検査で脳室拡大の有無を確認します.その後,疑い症例であると判断されれば,治療可能であるか診断するために検査入院して,腰椎穿刺による髄液排出試験などのスケジュールを決めます.検査の結果,診断基準を満たせば,シャント手術(短絡手術)という,脳室ないしは脊髄腔から腹腔の間を細いシリコン製チューブでつないで,髄液を腹膜に流す手術を行います.



特発性正常圧水頭症の術前画像.脳室に特徴的な拡大を認める.


腰椎脊髄腔から腹腔内にシャント・チューブが留置された.

「認知症と見過ごされている特発性正常圧水頭症」に関連する医師一覧

再検索

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 8:00
-11:30
8:00
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448