研究所について


 「危機管理」という言葉や概念は、1995年の阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件という社会的危機に見舞われた中から広く認識されるようになりました。しかし、常に大規模災害や犯罪、テロ、安全保障上の脅威に迫られ、その場しのぎの対応に追われてきたことは否めず、東日本大震災(2011年)に伴う原発事故では、危機を管理し、コントロールする立場の人々から、「想定外」という言葉が発せられてしまいました。
 このため、戦争や災害、犯罪やテロ、サイバー攻撃や情報流出など危機が多様化する現代社会において、想定外をなくし、自ら主体的に危機管理を考えることのできる人材の育成を目的に、2016年4月、日本大学危機管理学部が誕生し、その年の12月、多様な危機と向き合う研究機関として「危機管理学研究所」が設置されました。
 研究所の事業では、新しい学問領域である危機管理学を深化させるため、研究所員の研究成果を中心に、17年3月に創刊された機関誌「危機管理学研究」に掲載するとともに、シンポジウムの開催などを通じて、幅広い層の方々に、危機管理の重要性を伝え続けることにしています。

沿革

2016年12月
日本大学危機管理学部に危機管理学研究所を付置

研究所長のご挨拶

危機管理学部長 福田 弥夫 教授

当研究所は、日本で初めて法学を基礎とした社会科学的なアプローチによって危機管理学を学ぶ日本大学危機管理学部に付置されました。現代社会における危機管理の重要性はますます増大し、解決すべき問題点と課題は山積し、その対象領域も日々拡大を続けているといっても過言ではありません。私たちが直面している危機「リスク」は、個人レベルで対応が可能なものから、企業、団体そして国や地方公共団体レベルでの対応が不可欠なものまで極めて広範囲であり、日々拡大し、変化し続けています。様々な研究や豊富な実務を経験した専門家によって組織された危機管理学研究所は、日本における危機管理学研究の最先端の議論を展開し、その研究成果をもって、我が国や世界の危機管理に貢献すべく、研究活動を続けています。
危機管理学部長 福田 弥夫 教授

お問い合わせ

rmss.ris-kenkyujo@nihon-u.ac.jp