アスリートインタビュー

Vol.015 野球 京田 陽太Vol.015 野球 京田 陽太

2015年秋に東都大学リーグ1部に復帰し、激しい優勝争いの末に惜しくも2位となった日大野球部。
その原動力となる大活躍でベストナインに選出された京田陽太選手は、今秋のドラフト指名候補として注目されている逸材だ。4年となり主将を任された今期は、チーム一丸となってのリーグ優勝、そして大学日本一を目指している。
京田 陽太さん

甲子園を目指して野球に明け暮れた高校時代。プロになるのが夢で、ドラフト指名候補にリストアップされているとも聞きましたが、その時はプロ志望届を出さず、日大への進学を選びました。
日本一の東都大学リーグで野球をやってみたいと思っていましたし、高校当時の部長先生が日大のOBで、先生の話を聞いて芽生えた伝統ある日大野球部への憧れもありました。
いまは日大に進学して本当によかったと思っています。体や技術だけでなく、人間的にも成長させていただけたので・・・。

日大で成長したのは、考える野球と人間力。

自分は昔から守備と走塁には自信を持っていました。大学ではバッティングが一番伸びたと思います。高校時代までは感覚だけで打っていたのですが、いまは頭で考えて打席に立てるようになりました。仲村監督が相手バッテリーの配球を読む野球を教えてくださっているので、打席の中での余裕が生まれたのが大きいと思います。

仲村監督のおかげといえば、キャプテンに指名していただいたことも、自分を成長させてくれました。プロを意識してしまうと結果だとか、自分の成績だけを気にするようになると思うんです。キャプテンを任されたことで、自分のことだけでなく、チーム全体への目配り、気配りができるようになり、それが人間的な成長にもつながっていると思います。

日大は今年からキャプテン研修会を開いていて、リーダーとしてチームをまとめるノウハウを学んだり、他の部のキャプテンたちと交流する場ができました。他競技のキャプテンの話を聞いたり、互いに悩みを相談し合ったりすることで、視野が広がったり、いろいろ気づかされることも多く、とても勉強になっています。これは他大学では経験できないことで、本当に感謝しています。

自慢の機動力野球で、学生日本一を目指す。

チームの目標は日本一。まずは東都大学リーグ優勝を目指します。自分はキャプテンとして守備や打撃で貢献するのはもちろん、進塁打やバントとか献身的なプレーも率先してやっていこうと思っています。打線は点ではなく線でつながないとダメなんで、つなぎの部分を自分がやれればなと。そうすれば結果は自然とついてくるはずです。

自分がプレーで心がけていることは「全力疾走」。たとえアウトになっても全力疾走して、その残像を残しておけば、相手にプレッシャーがかかる。ボディーブローみたいに。それが相手のミスを誘って、内野安打につながったりします。野球は9回まであり、最後に1点でも多く取っていれば勝てるスポーツなので、その1点をどうやって取るか。今年のチームは俊足の打者が多く、機動力を活かした野球で相手を圧倒し、日本一になりたいと思います。

誰からも愛されるプロ野球選手になりたい。

京田 陽太さん

小学校で野球を始めて以来、プロ野球選手になることはずっと夢でした。

自分は小学6年の時に、地元で開かれた松井選手のイベントで、なんとヤンキース戦招待が当たり、ニューヨークで直にお会いすることができたんです。その時見た松井選手はどの選手とも楽しそうにコミュニケーションを取っていて、どこに行っても愛されているな、と感じました。プロになれたらの話ですが、プレーだけでなく、自分もあんな風に誰からも愛される選手になりたいと思っています。

Profile

京田 陽太(きょうだ・ようた) 法学部公共政策学科4年。1994年生まれ。
石川県出身。青森山田高校卒。184cm・80kg。右投げ左打ち。遊撃手。2015年秋に東都大学リーグ1部のベストナインに選出。今秋のドラフト候補として注目を集めている。