アスリートインタビュー

Vol.005 アメリカンフットボール 高橋 遼平Vol.005 アメリカンフットボール 高橋 遼平

今年こそ日本一を狙います。敗れたとはいえ、昨年感じたのは関西学院大学とは個々の能力に大きな差はないということです。けれども相手の気迫に負け、一度悪い流れが来るとズルズルと後退し、悪い流れを変えられなかった。気持ちの面で負けていたと思います。クォーターバック(QB)というオフェンスの中心的なポジションだけに、自分がチームの勝敗を握っていることを改めて自覚し、勝利を手繰り寄せられる選手にならなければいけないと感じました。

高橋 遼平さん

フェニックスの魅力は、チーム全員が日本一を目指す集団ということ。それだけに競争も練習も厳しいものがありますが、全員が高い意識で同じ目標に向かうことができます。目指すは憧れのフェニックスの10番。それに恥じない選手になりたいと思います。
ただこれまでは自分のプレーに集中させてもらいましたが、3年生になりチーム全体のことを考えたプレーが求められます。昨年から専門コーチの指導でフィジカル面の改良を始めたことで、体が一まわり大きくなり、自分の武器であるパスの安定感が増してきたという実感があります。ショートパスを主体に、テンポの良いショットガン攻撃ができると思いますので、今年のフェニックスも応援してください。

Profile

高橋 遼平(たかはし・りょうへい)平成6年9月生まれ。大阪産業大学附属高校卒。
ポジションはクォーター・バック(QB)。フェニックスの司令塔。平成19年の甲子園ボウルを観戦した際、ショットガンを持ち味とする日大QBに憧れ、進学を決意。1年次からQBとして活躍。平成2年以来遠ざかっている甲子園ボウルでの勝利を目指す。