水泳部の伊藤洸輝選手(文理学部4年)が東京オリンピック代表に内定

5月12日、第32回オリンピック競技大会(2020/東京)における、水泳の飛込競技の派遣選手団が発表され、本学水泳部所属の伊藤洸輝選手(文理学部4年・JSS宝塚)が、村上和基選手(三重県スポーツ協会)とのペアでシンクロ高飛込代表に内定しました。

 

5月5日飛込のW杯男子板飛び込み予選に出場した伊藤選手
(共同通信)


伊藤選手は本学1年次から日本学生選手権水泳競技大会(飛込競技)で3飛板飛込、高飛込の2種目で優勝、日本選手権では男子3m飛板飛込で2位となるなど活躍。

先日行われたFINA飛込ワールドカップ2021で、今回同じく代表に内定した村上和基選手(三重県スポーツ協会)とのペアでシンクロ高飛込に出場、12位となりましたが序盤までは3位と健闘、東京五輪での活躍が大いに期待されます。


引き続き本学水泳部と伊藤選手へのご声援よろしくお願いいたします。



 



詳細については以下、公益財団法人日本水泳連盟のHPにてご確認ください。
https://swim.or.jp/news/19075/