日本大学スポーツ科学部

学部案内

アスリートコース

アスリートとして必要な資質と能⼒を向上させる。

⾃らの競技⼒向上に関する実践的理論を深めることを⽬的とし,客観的に⾃⼰分析する⼿法を⾝に付け,アスリートに必要な専⾨的能⼒・資質を⾼めます。また,アスリートとしての⾃⾝の学びをコーチの視点から再構成することによって,将来のスポーツ指導者としての能⼒を⾼めるための教育も行います。

主な授業

評定競技論

⻄川 ⼤輔 教授

1992年バルセロナオリンピック
体操 団体 銅メダル

審判員が評価を行い,演技の優劣によって勝敗が決定する評定競技に分類される各種目(体操競技,新体操,フィギュアスケートなど)の競技特性,競技システムとルール,競技会システム,審判法の特性,評定競技における技術・体力・戦術,また,各種目における採点規則や美的規範など個々の種目のトレーニング計画などについて学修する授業です。これによって評定競技に通底する特性を理解し,評定競技を広い視野で捉え,自らの実践やコーチングに役立てることを目的としています。

⻄川 ⼤輔 教授

体⼒トレーニング論

澤野 ⼤地 専任講師

2016年リオデジャネイロオリンピック
陸上競技男⼦棒⾼跳 7位

体⼒の基本的な考え⽅について理解し,3つの⼒(ローパワー,ミドルパワー,ハイパワー)の仕組みや,そのトレーニング⽅法に関する基本的な知識を学修する授業です。各スポーツにおける競技⼒を向上上させるための実践⼒を⾝に付けるため,さまざまなトレーニング⽅法が持つ効果などにも着⽬し,⽬的に応じてトレーニング⽅法を選択することができるようになることを⽬指しています。

澤野 ⼤地 専任講師

履修モデル

アスリート

  1年 2年 3年 4年
総合教育科目
  • 自主創造の基礎1(前)
  • 自主創造の基礎2(後)
  • コンピュータ・情報リテラシー(前)
  • スポーツ講義(後)
  • スポーツ実技(前)
  • 英語Ⅰ(前)
  • 英語Ⅱ(前)
  • 英語Ⅲ(後)
  • 英語Ⅳ(後)
  • 英語Ⅴ(前)
  • 英語Ⅵ(前)
  • 英語Ⅶ(後)
  • 英語Ⅷ(後)
   
総合科目
  • 文章表現1・2
  • 市民と法
  • 国家と法
  • 哲学1・2
  • 論理学1・2
  • 倫理学1・2
  • 宗教学1・2
  • 歴史学1・2
  • 近代史1・2
  • 文学1・2
  • 教育学1・2
  • 社会学1・2
  • 政治学1・2
  • 経済学1・2
  • 地理学1・2
  • 心理学1・2
  • 文化人類学1・2
  • 数学1・2
  • 統計学1・2
  • 科学技術史1・2
  • 地球科学1・2
  • 健康の科学
  • 教養特殊講義1・2・3
実習科目
  • 競技スポーツ実習Ⅰ(前)
  • 競技スポーツ実習Ⅱ(後)
  • 競技スポーツ習得実習Ⅰ(前)
  • 競技スポーツ習得実習Ⅱ(後)
  • 競技スポーツ方法実習Ⅰ(前)
  • 競技スポーツ方法実習Ⅱ(後)
  • 競技スポーツ実習Ⅲ(前)
  • 競技スポーツ実習Ⅳ(後)
  • 競技スポーツ習得実習Ⅲ(前)
  • 競技スポーツ習得実習Ⅳ(後)
  • スポーツキャンプ実習Ⅰ(前)
  • スポーツキャンプ実習Ⅱ(後)
  • 競技スポーツ習得実習Ⅴ(前)
  • 競技スポーツ習得実習Ⅵ(後)
  • 競技スポーツ方法実習Ⅲ(前)
  • 競技スポーツ方法実習Ⅳ(後)
  • スポーツキャンプ実習Ⅲ(前)
  • スポーツキャンプ実習Ⅳ(後)
  • スポーツキャンプ実習Ⅴ(前)
  • スポーツキャンプ実習Ⅵ(後)
専門基礎科目
  • 競技スポーツ原論(前)
  • トレーニング学原論(後)
  • コーチング学原論(前)
  • スポーツ運動学原論(前)
  • スポーツの法と倫理(後)
  • 近代スポーツ史(前)
  • スポーツ生理学の基礎(前)
  • スポーツ心理学の基礎(後)
  • スポーツ医学の基礎(後)
  • バイオメカニクスの基礎(後)
  • 機能解剖学の基礎(前)
  • スポーツ栄養学の基礎(後)
   
専門共通科目  
  • コーチング学研究法演習(後)
  • 試合論(前)
  • トレーニング計画論(後)
  • 救急処置法(前)
  • メンタルマネジメント(後)
  • スポーツ運動学演習(前)
  • トレーニング計画論演習(後)
  • バイオメカニクス演習(前)
  • メンタルマネジメント演習(後)
  • スポーツ栄養学演習(前)
  • ドーピング論(後)
 
専門コース科目  
  • 技術トレーニング論(前)
  • 戦術トレーニング論(後)
  • 球技論(前)
  • 技術トレーニング論演習(前)
  • 戦術トレーニング論演習(後)
  • 球技論演習(前)
  • スポーツマネジメント演習Ⅰ(前)
  • スポーツマネジメント演習Ⅱ(後)
 
ゼミナール・卒研・卒論    
  • ゼミナールⅠ(前)
  • ゼミナールⅡ(後)
  • 卒業論文
  • 卒業研究

卒業要件に必要となる最低限の修得単位数を前提とした履修モデルである。

資格取得(日本体育協会公認スポーツ指導者免除適応コースなど)関連科目については,別に定める科目一覧を参照のこと。

年次ごとの開講科⽬

2年次開講科⽬

技術トレーニング論

スポーツにおける「技術」の考え⽅や概念について理解し,技術トレーニングに関わる基本的な問題について学修する授業です。スポーツにおける能⼒に応じた技術トレーニングの具体的な実施⽅法などについてさまざまな競技種⽬を対象にして学修します。

戦術トレーニング論

スポーツにおける「戦術」の考え⽅や概念について理解し,戦術トレーニングに関する基本的な問題について学修する授業です。スポーツにおける戦術の歴史や,戦術トレーニングの⼀般原則などを学び,実践的に⾏われている具体例を挙げながらさまざまな競技種⽬の戦術について学修します。

測定競技論

運動の結果を客観的に数値化,軽量化することによって得られる時間,距離を指標として競う測定競技に分類される各種目(陸上競技,競泳,スピードスケートなど)の競技特性,競技システムとルール,競技会システム,審判法の特性,測定競技における技術・体力・戦術など個々の種目トレーニング計画などについて学修する授業です。これによって測定競技に通底する特性を理解し,測定競技を広い視野で捉え,自らの実践やコーチングに役立てることを目的としています。

判定競技論

審判員が選手個々の動きかたの有効・無効の判定を行って勝敗を分ける判定競技に分類される各種目(球技・武道など)の競技特性,競技システムとルール,競技会システム,審判法の特性,判定競技における技術・体力などに加え,特に戦術についてはその構造や個別性,個体発生及び獲得と修正など個々の種目のトレーニング計画などについて学修する授業です。これによって判定競技に通底する特性を理解し,判定競技を広い視野で捉え,自らの実践やコーチングに役立てることを目的としています。

3年次開講科⽬

体⼒トレーニング論演習

「体⼒トレーニング論」で学修した内容に関する国内外の研究論⽂を精読することによって,体⼒トレーニングの実施⽅法を理解し,⾃⾝の体⼒トレーニングの分析を⾏う授業です。

技術トレーニング論演習

「技術トレーニング論」で学修した内容に関する国内外の研究論⽂を精読することによって,技術トレーニングの位置付けや種⽬による相違を理解し,⾃⾝の技術トレーニングの分析を⾏う授業です。

戦術トレーニング論演習

「戦術トレーニング論」で学修した内容に関する国内外の研究論⽂を精読することによって,戦術トレーニングの分析⽅法やトレーニング計画作成のための⼿順を理解し,⾃⾝の戦術トレーニングの分析を⾏う授業です。特に,技術トレーニングと戦術トレーニングとの関係性について学修し,⾃⾝の専⾨種⽬において,より実践的な戦術トレーニングの⽅法論を構築できるようになることが⽬的です。

評定競技論演習

評定競技論で学習した各種目の競技特性論,競技システムとルール,競技会システム,審判法の特性,評定競技における技術・体力・戦術,トレーニング計画等に関する知識を用いて,他の種目と比較研究することで自身の種目の特性を調査し,その内容について発表を行うことから,より評定競技の理解を深め,自らの実践やコーチングに役立つ能力を養います。

測定競技論演習

測定競技論で学修した各種目の競技特性論,競技システムとルール,競技会システム,審判法の特性,測定競技における技術・体力・戦術,トレーニング計画等に関する知識を用いて,他の種目と比較研究することで自身の種目の特性を調査し,その内容について発表を行うことから,より測定競技の理解を深め,自らの実践やコーチングに役立つ能力を養います。

判定競技論演習

判定競技論で学修した各種目の競技特性論,競技システムとルール,競技会システム,審判法の特性,判定競技における技術・体力・戦術,トレーニング計画等に関する知識を用いて,他の種目と比較研究することで自身の種目の特性を調査し,その内容について発表を行うことから,より判定競技の理解を深め,自らの実践やコーチングに役立つ能力を養います。