研究所について


 スポーツ科学研究所は、コーチング学を中核領域に捉え,自然科学,医科学,社会科学,及び形式科学に関連する諸領域について、学際的・総合的な研究を行うことによって学部の教育・研究に寄与するとともに,その学術的成果を通して広く社会に貢献することを目的に設置されています。
 具体的には、競技スポーツにおける専門的知識を持つだけでなく,競技スポーツ現場に横たわる諸問題や課題を発見し,多面的な情報収集・分析を通して解決策を導き出すことのできる反省的実践家としての能力を兼ね備えた人材を育成するための教育・研究活動を通して、わが国のコーチング学、スポーツ科学の知識生産およびその普及・発展に寄与していくことを目指しています。
 研究所の主な事業としては,研究活動の成果を研究所紀要『スポーツ科学研究』に掲載するとともに,スポーツ医・科学の研究やサポートの最前線で活躍している方々を招いた招待講演,公開講座およびシンポジウムなどを随時開催していく予定です。

沿革

2016年12月
日本大学スポーツ科学部にスポーツ科学研究所を付置

研究所長のご挨拶

スポーツ科学部長 小山 裕三 教授

 わが国では現在2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決定し、スポーツへの関心と期待がますます高まりをみせております。
 このような現状の中、現役大学生の活躍は目覚ましいものがあり、本研究所が設置されている日本大学スポーツ科学部においても現役学部学生が2018年平昌オリンピックにてメダルを獲得しております。このような学生を一人でも多く輩出し、かつそのトレーニングや指導の現場で広く活用できるような知見を集積し、何らかの形にして社会に情報を発信していくことがこの研究所の使命でもあります。
 日本大学スポーツ科学部「スポーツ科学研究所」では、スポーツに関する様々な領域や分野から多面的に研究を進めていくことを目的としており、今後日本大学のみならず、わが国のスポーツの発展のために尽力してまいりたいと存じます。
スポーツ科学部長 小山 裕三 教授

お問い合わせ

rmss.spo-kenkyujo@nihon-u.ac.jp