入試情報

平成29年度 入学試験概要

平成29年度 日本大学大学院法務研究科入学試験概要

印刷する

募集人員

法学既修者(2年制)35名
法学未修者(3年制)25名
合計        60名
※ 募集人員は,すべての入試区分を合わせた人数です。

出願資格

次のいずれかに該当する者。

1.大学を卒業した者及び平成29年3月卒業見込みの者。(早期卒業を含む)

2.学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び平成29年3月末までに学士の学位を授与される見込みの者。

3.外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び平成29年3月末までに修了見込みの者。
※一定の要件を満たした場合に外国の学校教育における16年に満たない課程を修了した者に対し,大学院の資格を付与すること等を定めた学校教育法施行規則の一部を改正する省令(平成28年文部科学省令第19号)が平成28年4月1日に施工されました。それに伴い,出願資格に変更が生じた場合は本学ホームページで公表いたします・

4.外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成29年3月末までに修了見込みの者。

5.我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者。

6.専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した者。

7.文部科学大臣の指定した者。

8.学校教育法第102条第2項の規定により大学院に入学した者であって,本大学院において,大学院における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの。

9.本大学院において,個別の入学資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で,平成29年4月1日までに22歳に達するもの。

10.大学に3年以上在学し,所定の単位を優秀な成績で修得した者と本大学院において認めたもの。(いわゆる飛び入学)
※上記10の平成29年入学志願者は,次の条件を全て満たす場合に限り,法学既修者および法学未修者のいずれにも出願を認めます。
(1)出願時に大学の学部3年次に在学していること。
(2)平成29年3月末において,大学在学期間が3年間に達すること。
(3)平成29年3月末において,大学に入学以来90単位以上修得見込みであること。
(4)平成29年3月末までに修得した全ての単位の60%以上の学業成績が100点満点中80点以上相当の評価を得ていること。なお、停学、休学及び留学の期間は、在学期間に含めないものとします。また、入学試験合格後に、上記(3)及び(4)に定める単位数及び学業成績の要件を満たさないことが確定した場合には入学を取り消します。

出願資格審査について

出願資格⑧~⑩により,平成29年度入学試験への出願を希望する場合は,出願前に個別に出願資格審査を行いますので,以下の問合せ期間内に,大学院事務課宛にお問合せください。

試験日 問合せ期間 申請書提出期限 審査結果の発表
第1期 9月4日(日) 7月1日(金)~
7月8日(金)
7月29日(金) 8月5日(金)
第2期 10月23日(日) 8月16日(火)~
8月26日(金)
9月9日(金) 9月23日(金)
第3期 12月11日(日) 10月11日(火)~
10月21日(金)
11月4日(金) 11月11日(金)
ページの先頭へ戻る

出願要件

適性試験管理委員会が行う2016年の「法科大学院全国統一適性試験」を受験した者。
ただし,適性試験の得点に最低基準点を設定し,最低基準点に達しない者は出願できません。最低基準点については,適性試験管理委員会が公表する総合得点の度数分布に基づき設定し,ホームページで公表します。

ページの先頭へ戻る

併願受験

入学試験の同一日程における法学既修者,法学未修者(小論文試験受験型または全国統一適性試験第4部「表現力を測る問題」利用型)の併願が可能です。ただし,法学未修者の小論文試験受験型と全国統一適性試験第4部「表現力を測る問題j利用型との併願はできません。併願の場合,出願書類は1部提出してください。
また,入学検定料については,2つの入学試験を合わせて,45,000円となります(同一日程内における併願は出願時に決定していただきます。追加の出願はできませんので,注意してください)。
なお,第1期の入学試験受験後に,第2期または第3期の入学試験に出願する場合は,別途出願書類の提出と入学検定料の振り込みが必要になります。

<併願の場合の扱い>
併願者が法学既修者試験に合格した場合には,法学未修者試験の成績に関わらず,法学既修者試験のみを合格とします。
法学既修者試験に合格しなかった場合には,法学未修者試験の合格基準に達していれば,これを合格とします。

ページの先頭へ戻る

出願書類

1.法学既修者・法学未修者(小論文試験受験型)
(ア)入学志願票(本学所定用紙)
(イ)卒業証明書または卒業見込証明書
(ウ)出身大学(学部)の成績証明書
(エ)2016年法科大学院全国統一適性試験成績証明カード〔未開封〕
(オ)履歴書(本学所定用紙)
(カ)受験票在中封筒(本学所定封筒)
(キ)平成27年または平成28年司法試験予備試験短答式試験合格通知書(写)
(ク)在職証明書 ※長期履修学生制度を希望する場合のみ

2.法学未修者
(1)小論文試験受験型
(ア)入学志願票(本学所定用紙)
(イ)卒業証明書または卒業見込証明書
(ウ)学部成績証明書
(エ)2016年法科大学院全国統一適性試験成績証明カード〔未開封〕
(オ)履歴書(本学所定用紙)
(カ)受験票在中封筒(本学所定封筒)
(キ)在職証明書 ※長期履修学生制度を希望する場合のみ

(2)全国統一適性試験第4部「表現力を測る問題」利用型
(ア)入学志願票(本学所定用紙)
(イ)卒業証明書または卒業見込証明書
(ウ)出身大学(学部)の成績証明書
(エ)2016年法科大学院全国統一適性試験成績証明カード〔未開封〕
(オ)2016年法科大学院全国統一適性試験の第4部「表現力を測る問題の解答用紙(写)」〔未開封〕
適性試験を2回受験した場合,どちらか一通を提出してください。
(カ)履歴書(本学所定用紙)
(キ)受験票在中封筒(本学所定封筒)
(ク)在職証明書 ※長期履修学生制度を希望する場合のみ

ページの先頭へ戻る

入学検定料

35,000円(単願)
45,000円(併願)※
※ ただし,入学試験の同一日程における法学既修者,法学未修者(小論文試験受験型または全国統一適性試験第4部「表現力を測る問題」利用型)の併願に限ります。
なお,法学未修者の小論文試験受験型と全国統一適性試験第4部「表現力を測る問題」利用型との併願はできません。
第1期の入学試験を受験後に,第2期または第3期の入学試験に出願する場合は,別途出願書類の提出と入学検定料の振り込みが必要になります。

ページの先頭へ戻る

入学試験日程

第1期

(1)出願期間:<郵送> 平成28年8月17日(水)~8月31日(水)【必着】
       <窓口受付> 平成28年8月31日(水)【10:00~16:00】
(2)試 験 日:平成28年9月4日(日)
(3)合格発表:平成28年9月16日(金)【15:00】
(4)入学手続:平成28年9月17日(土)~9月28日(水)

第2期

(1)出願期間:<郵送> 平成28年10月3日(月)~10月19日(水)【必着】
       <窓口受付> 平成28年10月19日(水)【10:00~16:00】
(2)試 験 日:平成28年10月23日(日)
(3)合格発表:平成28年11月4日(金)【15:00】
(4)入学手続:平成28年11月5日(土)~11月16日(水)

第3期

(1)出願期間:<郵送> 平成28年11月21日(月)~12月7日(水)【必着】
       <窓口受付> 平成28年12月7日(水)【10:00~16:00】
(2)試 験 日:平成28年12月11日(日)
(3)合格発表:平成28年12月20日(火)【15:00】
(4)入学手続:平成28年12月21日(水)~平成29年1月12日(木)

ページの先頭へ戻る

試験科目・スケジュール・時間

1.法学既修者
  集合時間   10:40
  憲法     11:00~12:00【60分】
  民法     13:00~14:00【60分】
  刑法     14:30~15:30【60分】
  面接     論文式試験終了後に実施【15分】

2.法学未修者
 (1)小論文試験受験型
  集合時間   9:10
  小論文試験  9:30~10:30【60分】
  面接    小論文試験終了後に実施【15分】

 (2)全国統一適性試験第4部「表現力を測る問題」利用型
  集合時間   13:30
  面接     【15分】
 ※ 併願者については,法学既修者の論文式試験終了後に実施します。

ページの先頭へ戻る

配点

1.法学既修者
  憲法     100点
  民法     100点
  刑法     100点
  面接     100点
  適性試験   100点
  合計     500点
※ 論文式試験の全科目について,それぞれ最低基準点(60点)を設けます。1科目でもその最低基準点を下回る場合(未受験を含む)は,総合評価で合格基準を上回っていても不合格とします。

2.法学未修者
 (1)小論文試験受験型
   小論文試験  200点
   面接      50点
   適性試験   100点
   合計     350点

 (2)全国統一適性試験第4部「表現力を測る問題」利用型
   小論文試験  200点
   面接      50点
   適性試験   100点
   合計     350点

ページの先頭へ戻る 印刷する
ページの先頭へ戻る