カリキュラム

成績評価と進級要件

成績評価

試験結果,リポート評価,ケース・スタディ,グループ課題及びクラスでの 議論参加への積極性などの総合評価で行います。

評価 素点 GPA係数 判定 内容
S 100 ~ 90 点 4 合格 特に優れた成績を示したもの
A 89 ~ 80 点 3 合格 優れた成績を示したもの
B 79 ~ 70 点 2 合格 妥当と認められたもの
C 69 ~ 60 点 1 合格 合格と認められるための成績を示したもの
D 59 点以下 0 不合格 合格と認められるに足る成績を示さなかったもの
E   0 無判定 履修登録をしたが成績を示さなかったもの
P   - 履修取消 履修登録後,所定の中止手続きを取ったもの
N   - 認定 修得単位として認定になったもの
■GPA計算式(算出方法)

1. 授業科目担当教員から提出された成績の素点から評価を導き出し,その評価に該当する係数に各授業科目の単位数を掛けたものがポイント数となり,ポイント数の総計を総履修単位数(D,Eの単位数も含める)で除したものがGPAとなります。GPAは小数点以下第3位を四捨五入し,小数点以下第2位までを有効とします。
なお,P(履修中止),N(認定科目)は,GPAに算入しません。

(4×Sの修得単位数)+(3×Aの修得単位数)+(2×Bの修得単位数)+(1×Cの修得単位数)
総履修単位数(D,Eの単位数も含める)

2.GPA算出の対象科目は,課程修了に係る授業科目とします。

3.GPAは,入学時からの累積(累積のGPA)とします。

4.授業科目を再履修した場合,累積のGPA算出の際には最後の履修による成績及び単位数のみを算入するものとし,以前の成績及び単位数は算入しません。

ページの先頭へ戻る

進級要件

1.未修1年次→2年次
必修科目20単位以上を修得するとともに,必修科目のGPAが1.50以上であること。

2.未修2年次→3年次
総修得単位数が54単位以上であるとともに,総修得必修科目のGPAが1.50以上であること。

3.既修2年次→3年次
総修得単位数が54単位以上であるとともに,必修科目のGPAが1.50以上であること。
ただし,総修得単位数には認定科目を含み,GPAには認定科目を含まない。

ページの先頭へ戻る