日本大学危機管理学部

RESEARCH研究情報

研究情報

研究所について

研究所概要

 「危機管理」という言葉や概念は,1995年の阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件という社会的危機に見舞われた中から広く認識されるようになりました。しかし,常に大規模災害や犯罪,テロ,安全保障上の脅威に迫られ,その場しのぎの対応に追われてきたことは否めず,東日本大震災(2011年)に伴う原発事故では,危機を管理し,コントロールする立場の人々から,「想定外」という言葉が発せられてしまいました。
このため,戦争や災害,犯罪やテロ,サイバー攻撃や情報流出など危機が多様化する現代社会において,想定外をなくし,自ら主体的に危機管理を考えることのできる人材の育成を目的に,2016年4月,日本大学危機管理学部が誕生し,その年の12月,多様な危機と向き合う研究機関として「危機管理学研究所」が設置されました。
研究所の事業では,新しい学問領域である危機管理学を深化させるため,研究所員の研究成果を中心に,17年3月に創刊された機関誌「危機管理学研究」に掲載するとともに,シンポジウムの開催などを通じて,幅広い層の方々に,危機管理の重要性を伝え続けることにしています。

沿革

2016年12月
日本大学危機管理学部に危機管理学研究所を付置

研究所長のご挨拶

危機管理学部長 福田 弥夫 教授

当研究所は,日本で初めて法学を基礎とした社会科学的なアプローチによって危機管理学を学ぶ日本大学危機管理学部に付置され,開設初年度からこれまで,研究紀要の発行に加え,日本における危機管理の第一線で活躍されている方々をお招きして,「危機管理の第一線講演会」や「危機管理学シンポジウム」を開催してきました。典型的な「リスク」に加え,近年連続して発生している大規模自然災害や,新型コロナウイルス感染症の拡大など,これまでとは姿や形を変えた「リスク」や「全く新しいリスク」に私たちは直面しており,現代社会における危機管理の重要性はますます増大しています。危機管理学研究所の特徴は,研究者教員と実務家教員そして実務界との共同研究体制が確立されているところにあります。これからも日本における危機管理学研究の最先端の議論を展開し,内外の研究機関との研究交流を進め,その研究成果をもって,我が国や世界の危機管理に貢献すべく,研究活動を続けてまいります。

危機管理学部長 福田 弥夫 教授