メニュー

メニュー

園長あいさつ

「こども園に行きたい!先生大好き!の園に…!」

人生の中で心身ともに大きく成長する乳幼児期だからこそ、一人ひとりの子どもたちは、大切に育てられなければなりません。

『幼保連携型認定こども園教育・保育要領』というものがあります。一人ひとりの子どもの最善の利益を考慮しつつ、一日の生活や発達過程を見通し、養護と教育を一体的に行い、生きる力の基礎を培います。子どもたちの健やかな成長が図られるよう環境の中で心身の発達を助長し、保護者に対する子育ての支援を行うことがねらいとされています。

私達、日本大学認定こども園は、この『幼保連携型認定こども園教育・保育要領』を誠実に守り、より一層、一人ひとりの子どもに寄り添う保育と教育を展開していくことを目指します。それを実現していくために、乳幼児期のかけがえのないこの時期を、子ども自身が多くの人から大切な存在として受け止められていると感じ、自己を十分に発揮し、自信を持って安心して生活できる環境を提供したいと考えています。

日本大学の教育理念である、“自主創造”を大切にしながら、のびのびとした環境の中で興味や関心をもち、自分からかかわろうとする遊びを中心に「意欲的に学ぶ力」「友達とかかわる力」「諦めずに挑戦する力」を育てていきます。そして、地域に根ざし、子育て家庭を支援していくことを通して社会に貢献していくことを願っております。

お休みの日でも、こども園に行きたい、先生大好き…子ども達がそんな風に感じる園にしたいと思っています。

日本大学認定こども園 園長 江口 マミ子