日本大学危機管理学部

CAMPUS LIFE学生生活

学生生活

学生生活ガイド(規定・ガイドブック)

拾得物及び忘れ物の保管

大学構内での忘れ物や,落し物を拾得した場合は,教学サポート課まで届け出てください。届けられた物品は教学サポート課にて原則3か月間保管しています。

ポータルサイト

大学・学部からの連絡は,原則として,すべてポータルサイトの「学内連絡」によって行います。「学内連絡」を確認しなかったために生じる不利益は,学生本人の責任となります。
休講,補講,教室変更,定期試験などの授業に関する告知をはじめとして,奨学金関係,就職ガイダンスの案内等,学生への重要な連絡などは,すべて学内連絡で行います。緊急を要する重要な連絡事項もありますので,登校した際は,必ず,1号館1階事務室隣の掲示板を確認する習慣をつけてください。
なお,休講情報などを,ポータルサイトや本学部ホームページで確認できる情報もありますが,あくまで補助的な手段となりますので,必ず,学部内の掲示板を確認するようにしてください。

ロッカー

地下2階の更衣室のロッカーはフリーエリアのロッカーのみ利用できます。ロッカーは1日限りの利用とし,日をまたいでの利用はできませんので注意してください。

ハラスメント

セクシュアル・ハラスメント

相手方の意に反した性的な言動を行うことにより,不快感や屈辱感を抱かせ,就学上又は就業上の環境を不快にさせることや,性的な要求をし,その対応により,不利益若しくは利益を与えること,又はそのようなことを示唆することです。

  • 性的な関心,欲求に基づく言動
  • 性別による差別意識等に基づく言動

アカデミック・ハラスメント

教育・研究の場において,優越的な地位にある者が行う不適切で不当な言動・指導・待遇により相手方の勉学や研究意欲・研究活動を害することをいいます。つまり,教育や研究の場で見受けられる権力を利用した嫌がらせのことです。

  • 指導の際,学生の能力や人格を否定するような発言を繰り返す。
  • 指導を求めても,理由なく指導をしようとしない。
  • 長時間にわたって威圧的な説教をする。
  • 学生に,教育・研究と無関係な雑用や私用を強要する。

アルコールハラスメント

飲酒にまつわる人権侵害です。

  • 飲酒の強要
  • 一気飲ませ(一気飲み,早飲み競争,罰ゲーム等)
  • 意図的な酔いつぶし(酔いつぶすことを意図として飲み会をする)
  • 飲めない人への配慮を欠くこと(体質や意向を無視して飲酒をすすめる,飲めないことをからかったり,侮辱する)
  • 酔った上での迷惑行為(暴言・暴力,ひんしゅく行為,セクハラ等)

ハラスメントを受けたときの対応

ハラスメントの被害にあった場合,あるいは身近でハラスメントが起きた場合は,被害の継続と拡大を防ぎ,早急に被害を回復することが必要です。そのためには以下のような対応が望まれます。

  • 自分が不快だと感じた場合には,まず,その行為が不快である,すぐに止めてもらいたいとはっきり相手に伝えましょう。
  • 実際に身近でハラスメントを見聞きした場合には,学生相談室あるいは教学サポート課に相談しましょう。
  • 友人や後輩から相談を受けた場合は,被害の継続を差し止め,その拡大を防ぐために,被害を受けた人の立場に立って解決に向けて協力しましょう。
  • 相手の行為はあなたの責任ではありません。自分を責めたり一人で悩んだりせず,早めに相談しましょう。相談窓口については,学外に設置されている人権相談オフィスがあります。

人権相談オフィス

人権相談オフィスは,相談を受け付ける機関及び相談者との面談を行う場所として次のとおり大学が設置しています。

人権相談オフィス 地図
住所
〒102-8251
東京都千代田区五番町12-5 日本大学会館第二別館3階
TEL 03-3221-2562
E-mail jinken@nihon-u.ac.jp

匿名での電話やメールでも相談できますが,具体的な対応を希望する場合は,面談が必要です。

開室時間
月曜〜金曜日:10:00〜18:00
土曜日:10:00〜12:00

開室時間の変更等がありますので,必ず事前に連絡の上,お越しください。

交通
「市ケ谷」駅下車 徒歩4分
JR総武線各駅停車
東京メトロ有楽町線・南北線(出口3)
都営地下鉄新宿線(出口3)
「四ツ谷」駅下車 徒歩5分
JR総武線各駅停車・中央線快速(麹町口)
東京メトロ丸ノ内線・南北線(出口3)

自動車,バイクの通学禁止

三軒茶屋キャンパスは市街地にあり,自動車及びオートバイでの通学は,車輌事故,騒音妨害,道路混雑などの原因となり地域住民への多大な迷惑となるので禁止とします。

自転車通学の手続き

三軒茶屋キャンパスは市街地にあり,駐輪台数も限られているため,原則として公共交通機関の利用による通学を推奨しています。やむを得ない事情により自転車通学を希望する場合は,期限内に駐輪許可に必要な書類を教学サポート課へ提出して,許可を受けなければなりません。駐輪台数に限りがあるので,年度ごとに抽選を行います。自転車通学の手続きに必要な条件は以下の通りです。

  1. 対人・対物事故に対応した個人賠償責任保険に加入していること。
  2. 防犯登録(防犯登録番号の確認)をしていること。
  3. 自宅が三軒茶屋キャンパスから1.5km以上6km以内(直線距離)であること。
  4. 通学定期券を購入していないこと。

駐輪場使用許可の手続き等についての詳細は教学サポート課へ問い合わせてください。また,駐輪場使用者には,三軒茶屋キャンパスオリジナルシールを配布します。シールを貼っていない自転車については,駐輪場の使用を認めません。

盗難防止

貴重品等,自分の所持品を教室などの施設内に放置したままにしないよう気をつけてください。特に財布や携帯電話などは常に身に付ける習慣をつけ,盗難や置き引きの被害に遭わないよう,自分の所持品に対する管理には,十分注意してください。

飲酒事故の防止

一気飲みによる急性アルコール中毒で,死に至ることも多々あります。ゼミナールやサークル活動等で,懇親会を催す場合は,十分に注意してください。特に,未成年者の飲酒は厳禁です。未成年者が飲酒した場合や未成年者と知りつつ飲酒させた場合も,学則により厳しく処分する場合があります。

校内禁煙と三軒茶屋周辺の環境美化

健康増進法(受動喫煙の防止)や世田谷区の条例の施行に伴い,三軒茶屋キャンパス校舎内を,全館禁煙としています。また,未成年者の喫煙は法律で禁じられています。三軒茶屋キャンパスに通う学生としてマナーやルールを遵守してください。また,校舎周辺で,路上喫煙・違法駐車,駐輪等を行った場合,罰則が適用されます。こうしたトラブルを起こさないよう注意するとともに,地域住民と共に区の環境美化に努めるよう心掛けてください。

悪質勧誘や詐欺への注意

安易な儲け話や,高額なアルバイト勧誘など,大学生を狙った詐欺やキャッチセールス,悪質な勧誘などによる被害が増えています。気軽に連絡先などを交換することが,そういった被害に遭うきっかけとなります。不審なことや,トラブルに巻き込まれたと感じたときは,教学サポート課や学生相談室に連絡してください。ひとりで悩まず,早期相談が早期解決へ導きます。また,不本意な加入・契約などをしてしまった時の相談は,以下の場所で受け付けています。

東京都消費生活総合センター
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ15~ 17階
TEL 03-3235-1155
月曜~土曜日 9:00~17:00

世田谷区消費生活センター
東京都世田谷区太子堂2-16-7 三軒茶屋分庁舎3階
TEL 03-3410-6522
月曜~金曜日 9:00~16:30
土曜日 9:00~15:30 ※電話のみ

宗教団体からの勧誘

校舎内等で「サークル活動」の勧誘を装い,自宅や下宿先などの連絡先を聞き出し,宗教団体の関係者に呼び出され,喫茶店などに連れ込まれ,話を聞いているうちに学生本人の了解を得ずに入会させられるという事例が頻繁に起きています。
いったん入会すると,脱会することが大変困難になり,悪質であると家族や校友にまで巻き込んだ被害に発展する場合があります。万一,このような団体から強い勧誘活動を受けたり,被害を感じた場合は,速やかに教学サポート課へ連絡してください。

薬物(大麻・覚せい剤・麻薬等)事件防止

大学生の薬物,特に大麻所持や栽培,売買などによる逮捕者が増加しています。危険ドラッグ・覚せい剤など薬物の誘惑は,みなさんの身近に潜んでいます。薬物を拒否する強い意思を持つ学生として生活を送ってください。
トラブルに巻き込まれ困った状況になる前に,ひとりで悩まず,教学サポート課に相談してください。

インターネットを利用する際の注意事項

SNS(Facebook,Twitter等)や,個人のブログ等において,自分自身の不注意な書き込みにより社会的問題になるケースが多くあります。軽率な行動が不特定多数の人に閲覧され,書き込みの表現次第では,違法行為とみなされ予想外の誤解を与えたり,さらには,他人や大学に多大な迷惑を及ぼす可能性があります。内容によっては,学則による懲戒処分の対象となる場合もありますので,利用においては十分に注意してください。
三軒茶屋キャンパスソーシャルメディアポリシー

その他の注意事項

学内において,授業・研究及び業務の妨害となるデモ行為等は厳禁とします。

  1. 凶器,危険物に類する物品は,学内持ち込み厳禁とします。
  2. 大学の建物,机,椅子その他一切の備品,器具の保全に心掛けてください。これらを破壊・汚損したときは,補修費の弁済を求めることがあります。
  3. 原則として,事前に届出のない印刷物(ビラ)等の配布・掲示は禁止します。
  4. 学内に宿泊することはできません。
  5. 宗教活動やキャッチセールス等の勧誘行為は一切禁止します。